無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

2018/09/21

コムラサキシキブ

小紫式部が旬

Komurasakisikibu

2018/09/20

山遊び

目的はサルナシを採ることだが

まず医王山のとある所で水を汲む
Sarunasi8
                             ムカゴはまだ早いような!

快晴 空気も澄んでる
Sarunasi4
                                     散居村の砺波平野の向こう
                                         cloud の上にに立山連峰
目的のサルナシに辿り着くと
なんと 伝い昇ってた木が倒されてる
Sarunasi5
                 たくさん生ってるのを春 確認してたのだが 
                     蔓は木から離して残されてるが
                        実は一つ残らずもがれてる
                       分かってるお人の為されよう
                ともかく自分の物でなくなったことを知る weep
 天然自然の場所だと思ってたが ここらも個人の持ち山なのだろうか?

夕霧峠から下る車道脇のテーブルで長休憩  cafe
Sarunasi1

山中にモダンアート
Sarunasi6
                                     左に moon1
                    仲秋の名月24日を控え膨らみを増す

       夕焼け小焼けの空
Sarunasi17                          

2018/09/19

果樹畑

姉が庭の護美を捨てて欲しいと mobilephone してきて

護美がまとまってるのかと思いきや
剪定鋏・鋸を使わなきゃいけない 集めなきゃいけない wobbly
Taikochiba

山の果樹園に捨てる
遠来の客を迎えた連休はあまり天気良くなかったが
Taikotiba2
        晴れ~ sun

一番の関心は春 柿の木の近くに植えた ミョウガの状況
どうなってるか?無事根付いてるか eye
Taikotiba3
しっかり根付いてるどころか 立派に育ってる       14個収穫
春植えて今・・・はや採ってもいいか?
今年は採らない方が 根付いたばかりの株のためには良いか?
しばらく思案したが 出てるものは採る think

次いで柿は?生り過ぎで粒が小さい     栗はもうすぐ口を開けそう
Taikotiba1

毎年採る クルミの木 を見に行ったら
全然見えない 先の typhoon で落ちてしまったのだ
Taikotiba
                     しつこく探してたら 一房だけ残ってた
一房でも有って良かった~  8個じゃ世話の仕様が無い?
少しの方が良いのだ 年間行事 形式だけで良し
今年も胡桃を収穫した~ coldsweats01

2018/09/18

遠来の客人 Ⅱ

白米 ( しらよね ) の棚田 千枚田Noto14_2
                     黄金の稲穂がきれいな時期なのだが
                            先の台風で皆倒れてた down
実るほど 頭 ( こうべ ) を垂れる 稲穂かな と言うが typhoon 被害は稲も同じ despair
小さな田んぼに年間栽培委託契約や季節々に来られる方があるそうで
小泉純一郎元首相や 現阿部総理夫人の名札が立ってたそうな!

揚げ浜塩田と                        曽々木海岸 窓岩
Noto15

見ものは輪島市キリコ会館の御陣乗太鼓
Noto1_2
戦国期 越後の上杉謙信の軍勢が能登に攻め寄せた時
土地の百姓が鍬鎌で迎え撃つと同時に
太鼓を叩いて敵を恐怖させたのが始まりだそうな!

帰りの bullettrain は午後  それまでの時間に
金澤の奥座敷 湯涌温泉の竹久夢二館に行く
Noto61_2
                    いつもこの街にカラフルな県外車がある
   聞けば とあるアニメの舞台になった地で愛好家のメッカ的な場所?

市街を見下ろす展望台のある卯辰山から街を眺望
Noto62
 左奥に医王山 そして白山に連なる山並み       正面に日本海

駅に送る bullettrain
Noto50_2

そうそう いわな茶屋にも行ったのだった
イワナの刺身も美味しいが  ゴリのから揚げこれもまた美味 delicious
Iwanachaya30
house に お客があった時 お連れするが
満足され ある種感動される様子が例外なく見られるような heart01

2018/09/17

遠来の客人

金沢は以前 観光で来たことあると仰るので
家内と一緒に能登旅行にもてなす
rain は降ってないので 天気はまず良し
千里浜を走る
Noto35
                         乗り捨てた車が砂に覆われてる

次いで能登を訪れるにおいて
まず一宮気多大社にご挨拶
Noto32
                        お寺さんは総持寺祖院が代表格?

能登金剛を案内
Noto33

それから ギネスに登録 世界一長いベンチの富来の海岸
Noto34
                    増保ヶ浦には桜貝が打ち寄せられる
                            今日も大勢が探してる
能登は海岸が美しい
松本清張 〔 ゼロの焦点 〕 で知られるヤセの断崖
Noto30
風光明媚な所なのに 今は寂れて人一人見えない
こんな景色の良い所が勿体ないことだ
申し訳ないことだが 寂れて人が居ない 吾には魅力 think 
羽田空港にお勤めの客人は能登空港を見てみたいと言われ
Noto12
               空港なのに airplane が一機も見えないことにびっくり
吾は説明 地方空港はこんなものですよ
これでも黒字空港なのですと

輪島塗を勉強                  館内に漆を搔いた木を展示
Noto16_2
   漆の幼木が玄関外に

2018/09/16

ポーポー

ポーポーが食べ頃

味はマンゴーとパパイヤを足して2で割ったみたい happy01
吾はマンゴーもパパイヤも食べたことないけど ・・・ think
Popo2
 バンレイシ科 ポポー属 北米原産 英名 pawpaw  アケビガキ

rain に打たれて落ちやすいので
Popo_2
一番のもぎ時は
固くて ちょっと押さえて わずかでもへこむ感じがすれば収穫 delicious

2018/09/15

ヤブミョウガ

ツユクサ科 ヤブミョウガ属 藪茗荷

Yabumyouga1
あまりに小さい花なので その構造は判然としないが
日陰で あまり明るくない所に小粒がまとまり白く輝くさまは
鄙びた雰囲気の中に とても清楚な感じ

葉は茗荷に似てるが茗荷はショウガ科ショウガ属で全く別物
茎葉 造りに工夫が乏しい野性的な雰囲気は素朴で良いもんだ shine
Yabumyouga
たくさんあったのが徐々に都忘れに駆逐され       今子苗の4株も
本数を減らし肩身が狭い感じ       このままでは消えてしまうかも?
都忘れを剥ぎ取るのは躊躇われるが
ヤブミョウガ無くする訳にはいかない bearing

2018/09/14

芋のフキ物語

食材としての芋のフキ 知らない人が多いかも知れない
知ってても それは戦後の食糧不足の時代
食べて食べられないことはないくらいに思ってる向きが多いかも?
Imonoturu1

我が家ではこの時期
一・ニ度は必ず食するが 美味しいもんだ smile
Imonofuki
                      フライパンに油をひいて
         ベーコンとゴーヤと椎茸と要するに何でも放り込んで
                   炒めれば美味い旨い 簡単簡単

つい最近知人の話
近所の農家が善意で提供してる畑を幼稚園が利用させてもらい
毎年この時期 園児達がサツマイモ掘りをしてると言う美談 heart01
ある日幼児が芋のフキ一握りを持って知人宅を通りかかった

「 あ~ら どうしたの?それ 」
「 サツマイモ掘りでもらってきたの 」
「 あ~ら そう!お母さん知ってるかな?食べること 」
「 ・・・・ 」
「 サツマイモはどうしたの?」
「 たくさん無くて僕これ貰ったの 」
「 ・・・・・ 」

知人が吾に言うこと
「 可哀想に子供にすれば芋の方がいいでしょうに!頭数も採れなかったのかね?猛暑が影響するのかしら?それにしても小さいの一つも分けてあげられないなんて作り方下手なんだわ でも芋のフキ食べると知ってるのは大したもんだ 」

水差すのもなんだが 吾は言った
「 芋掘る頃じゃ 茎硬くなってないかな? bearing  柔らかい時期に採るもんだがね think

2018/09/13

肺炎

今だから話せる事柄

先の山行の途中 娘からラインメール
「 ○肺炎で入院してるの毎日様子見に行ってるが今日は面会させてもらえなかった 我子の様子見ること拒否されるってどういうこと? angry
すでに一週間ほどになってるが 簡単ではないらしい
チアノーゼがなんとか 細菌性の何とか言ってくるが
父は応えられない 大きな病院だ お任せするしかなかろと言うのみ
母さんを派遣する以外してあげられる事は無い
1536582965741_1
病院に対する不満と信頼する言葉とが交互に発しられてくる
不安とそれを打ち消すメールが頻繁に来る
母性だなぁ!と思う

「 看護師に聞いても要領を得ない どうしてちゃんと答えてくれないの?」
「 近いとこに大きい病院有って良かった~ 」
「 午後一時からしか面会できないので午後行ったら入れてくれない angry なんやねんそれ 」
「 不安な時すぐ医療機関にかかれるありがたさ 頑張って税金、社会保障費払おう 」
「 入れてもくれなかったし様子も分からんかった 警備員が看護師に電話してくれただけ 」
「 大きい組織やから決めたルールでやらんと混乱するんやろ それもそやね 」
「 イギリスや先進国でもすぐ診てもらえんとこもあるらしいし庶民でも気兼ねなく診てもらえるなんてやっぱ日本最高やな ありがたやありがたや 」
「 先生がまだピーク越えたとは言い難いって ピークなんて怖いこと言うわ 」
「 厳重は良いことよね 連れ去りとか有ったらたいへんや し」
「 個室にしてほしいと言ったら様子見なきゃいけないからナースステーションに近い大部屋だと言うので それなら朝から来さしてくれとしつこく言ったら あやすと言う理由ではだめだと 」
「 管理のし易さ優先じゃない? なんでそんな頑なな 乳児だぞ 」
「 対応はすごく丁寧だし 少し拘束して安定を保つべしと云う医師の指示かな?」
「 最も進んでる病院の一つ 安心してお任せすることよね 」

知らされてすぐに家内が他の二人の子供の面倒みに行ったが
山登りを目論んでる吾の元気が萎えてしまった
天気良くないならこの際東北を巡ろうかと考えてたのだが
家内と入れ替わりに真っすぐ house に帰ったのだった

とんでもない事って有り得るかな? いやそんなこた無い 今の医療だ
吾にも ともすると気が沈みがちになる日々だった

入院二週間を超えて ようやく退院の運びになるそうで 安堵 heart01
と同時に家内が帰ってくるなぁ gawk
以前から秋祭りの23日みんなで来ると言ってたので
その時一緒に来れば良いと打ち送ったが!

2018/09/12

イオックスアローザ

黄花コスモスを見に行ったら
あれ~っ時期尚早?
Iox20

10数分割程に分けられてる内の
一つの畑だけ咲いてたが heart04
Iox30

毎年一二度は来てるが 時期を間違ってたかな?と
帰って調べたら例年もっと遅くに来てたのだった despair

車の来ない場所で一眠りしてから house に帰ることに
砺波平野の黄金の穂波が美しい shine shine
Iox40
                                                先の typhoon で倒れてる所が多い
     しかし機械は倒れてるのも掬い取って刈ってくから大したもんだ

2018/09/11

登山杖物語

今風に言うと トレッキングステッキ トレッキングポール?
吾は大体において昔から杖を使う習慣は無いのだが
歩くうえで杖が有効である所も一部あることは分かる
杖に良さそうなのが たまたま目に入ったら杖にすることはあるが
邪魔になったら捨てる
最後まで持ち歩いても終いには藪に捨て去る
ある時 谷川で真っ白で良い形の細い流木が目に入った
これはかっこいいな!と杖にして歩いた
時に邪魔になる時も有ったが 捨てるに忍びないので最後まで持ち歩き
下山してからも家に持ち帰った
それからは山に入ったら 杖になりそうなのを探すようになった!
そうして杖が家にたくさんたまっていった

ある時亡き母がそれらをまとめて 燃やしてしまった
当時は菜園で剪定枝や枯れ枝を燃やしても許されるのだった
それからしばらくは かってのように杖を探しもしないし
時に使っても持ち帰ることは無くなったが
例によって かっこ良いのがたまたま見つかったのを機会に
再び持ち帰ることがあるのだった

Tue

今回 高妻山の頂上に
置き捨てに されてる
枯れ木の杖があり
それを使って下山し
持ち帰ったのだった

苗場山でも下山中
ダケカンバの枝が落ちてて
それを持ち帰った

それら二本を
house に帰り 置き場に
持って行ったら
なんといつの間にか
再びたくさんたまってた
         coldsweats01
Tue2
気に入ったのには苗字の焼き印を押したりもしたが
溜めても仕様のないことと思いつつも
別に考えも浮かぶ
記録として焼印に加え山名をも書き込み
コレクションとすれば おもしろいかも知れない coldsweats01
やたら溜めてどうする?意味無いか ・・・

2018/09/10

トイレ清掃

昨日は一日小雨降りやまず
町内にある公園の toilet 清掃当番
rain 降りやんだらと思ってたがいつまでもやまないので10時頃に済ませる
Hiyosinomori1
トイレの利用は公園に遊ぶ町内の親子連れや子供達の他に
脇を走る道は けっこう交通量が多く 町以外の人も利用すると思うが
いまだかってマナーの悪い使われ方を見たことない shine

清掃終えてから公園に小さい秋を探す
まず花咲かせてる木は
サルスベリ白花       サルスベリ赤花   ハナゾノツクバネウツギ
Hiyosinomori2
                                   アベリアの仲間

落葉樹 紅葉してるのは
ニシキギのみ   山法師には赤い実が   夏ツバキは少し黄葉の兆し
Hiyosinomori3
銀杏は未だし   ナナカマドもまだ maple 気配なし  目薬の木はまだまだ

常緑樹には紅葉期待しない むしろ濃い緑を望むが
猛暑のせいか緑が焼けて弱ってるみたいに赤味がかってる
ヤブツバキ            スダジイ           シャリンバイ
Hiyosinomori
シラカシも緑が薄い         ヤマモモと          モッコクに
          春の新葉が生じてるのは暑くて枯れ落ちた故だろうか?

«ヤブラン