無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

2019/01/31

新規ブログ

新しいブログ 〔 昨日の次は今日 今日の次は明日 〕 開始出来たかも?

新しいブログのタイトル 〔 昨日の次は今日 今日の次は明日 〕

必要最小限の文字でお許しを m (_  _) m

2019/01/28

四国周遊旅終了

昼頃 house に帰り着いて
洗濯機を回したが外は rain typhoon
画像の挿入が出来ないので ブログへの熱気が失せる感じ
新たに2Gで振り出しからスタート出来るはずなのだが
ドウシタラいいか分からない

この際別人になってタイトルも楽しいを愉しいに変え
新たに始めようかと考えたりもするが
それも鬱陶しい
ココログのサポート/ヘルプを繰って問題解決すべきと思うが
図書館から借りてる book 返さねばと 途中なのをスタートしたら
そちらに逃げてしまう

この際ブログは放っといて 気持ちの向くままにしとこうと思う
当ブログ覗いて下さる方
暫く猶予お願い致しまする
一二日と云うこと無いが 一二か月という訳でも無いと思いたい

        m (_ _) m

アカウント情報の概要

現在ご利用中のプラン: フリー
ご利用可能なディスク容量 2,000 MB
ご利用中のディスク容量: 1,999.99 MB (100.00%)
ココログのご利用開始月: 2007年10月

2019/01/27

眉山

山道を択びながら house に向かう

徳島市の眉山に立ち寄る
淡路島に渡ると最南端より海岸線西側を走る
北淡歴史民俗資料館に立ち寄る
国学者 鈴木重胤を知る
京丹波町の道の駅 〔 瑞穂の里 さらびき 〕 にて

2019/01/26

旅10日目

早朝暗い内に rvcar の天井を叩く雨音で目覚めたが
じきにやんだと思ったが7時頃起きると雪降って
積雪無いが 人家の屋根や山は真っ白
R 439を走ってると交通量けっこうあるにもかかわらず
路上も白くなる スノータイヤ履いてるとは言え
通行止になったりするのいやだから大豊から南下する
南国市に入ると sun さんさん

高知県
芸西村文化資料館
  龍馬の妻 おりょうの生涯展

安芸市立 歴史民俗資料館
    安芸城跡

北岡村
   中岡慎太郎館

道の駅 〔 もみじ川温泉 〕にて

ココログから質問に対する回答が来ないのに
たまにしか来なかったニフティーのダイレクトメールが毎日来る
ブログ延長が認められたことに由る 影響?
振り出しから新たに始められる事になってるのだろうが
吾はその為の手順が分からない お手上げ sad

もみじ川温泉の休憩室に
シルバー川柳入選作と云うのが70作ほど貼られてた
妻や嫁 子供 家族関係や健康 社会との関わり秀逸なのばかり
中で今の吾が身に沁みるのが幾つか有る
① こんにちわ 思い出せずに さようなら
② 希望なし 目標なくて 自由あり
③ あれよあれ それよそれよと 答え出ず
④ 寝て練った 良い句だったが 朝忘れ
⑤ 本性が出ると言うから 惚けられぬ

2019/01/25

面河渓谷

渓谷に foot foot 踏み入れ 緑色の淵をeyeにしてびっくり
あまりの美しさに 覚えず声をあげてしまった
うぉ〜 すご〜い wobbly
息を飲むと言うか 言葉で表せない感動 heart01
入口から行きつ戻りつしながら 河原の両岸で歩ける所
渡り戻りしながら歩いた
上流に行くと橋が掛かっており
そこに奥面河奉行の名で禁札が立ってたので そこで戻った
曰く ここから一人で入ってはいけない
   子供連れは 入るべからず
   登山装備でない人は入るべからず
   ここからは個人責任で入る
   雨の日は すべて侵入禁止
渓谷入り口の山岳博物館の学芸員と思われる方が
仁淀川町の安居渓谷は ” 仁淀ブルー ” の呼称が定着してるので
こちらは ” 面河グリーン ” で行こうと考えてると笑ってらしたが
吾は帰り再び博物館に立ち寄り
面河グリーンを呼称するに相応しいと思いますと伝えた happy01

面河を後にし house に向かうべくR 439を走ってると
〔 津賀谷の棚田 〕の看板
ここもすごいもんだ 石積みの棚田 impact
広大な斜面のそこかしこに巨石が点在
見事な景観だが 全国的傾向で後継者不足?
休耕田か耕作放棄地らしきが増えてる様子
農業で食うのは難しい世の中
社会の変化はものすごい これからどうなって行くのか?

道の駅〔土佐さめうら 〕にて

2019/01/24

段々畑

四万十川に沿いR441を下る
沈下橋をいくつも見たり渡ったり

足摺宇和海国立公園の 遊子水荷浦の段畑はすごいとこ wobbly
石積みで畑を作ってる ( ゆすみずがうら )
遠景近景 畑の中の道を歩きながら camera 撮ったが画像アップ出来ない
砕いた石を積みあげ 畑地を作るが
気候の温暖なとこでこそ出来ることだと思う
とは言え 昔の農家はきつい労働だったことは想像に難くない
半漁業半農だったと説明書きが有った

【 このファイルをアップロードするのに十分なスペースがありません 】と表示
昨夜ココログに mail 問い合わせのフォームが有ったので
状況を説明し 対処の仕方 尋ねたが 未だ返事無し despair
ココログのサポートページをあちこち見るが
理解できませ〜ん sad
脳味噌がかなり劣化してること 身に沁みて感じさせられる

愛媛県内子町の〔 内子フレッシュパークからり 〕にて
明日は 〔 面河渓谷 〕を歩いてから house に向おうと思う

2019/01/23

寄り道

[ ココログへの引っ越し処理が完了しました ]との
メールが来たが それで今まで通り出来るのかな?
ともかく今日のをアップ試みまする

四国カルストとは どんなとこ?と目指したら
道路案内表示はあるが通行止 アプローチを変えてみたが
そちらからも通行止 四国は冬期通行止が多いのかも?
薄っすら雪らしきが路面に有るとこが無いではないが
吾はスノー履いて来てるが 普通タイヤで走行問題全くなし
ともかく行けないので諦めるしかない
事前に調べてない吾の失態 冬を避けて次回に期待 heart02

ねこ様のお奨めの宇和島向ったが
八釜甌穴群〔 国指定特別天然記念物 〕の看板に出会い
寄り道する               ( やかま おうけつぐん )
百年に一度の大雨が何千回ときてようやく侵食されて出来ると云う穴
画像入れようとしたら
[ このファイルをアップロードするのに十分なディスクスペースがありません。 ]

文字だけ取り敢えずアップしてみよう
文字だけならアップ出来たと云うことは・・・
ディスク使用量は 2MBで満杯になり
新たに2MBを開設申し込んだ訳で
現在使用量を見てみると2,000.12MB  (100.01% )
すでに超えててアップ出来てるのだから・・・

しかし画像はだめ・・・
どうしたら良いのだろ sad
11年3ヶ月15日ブログやってて その仕組み未だ解ってない gawk

ともかく 今日は八釜を見てから
宇和島の〔 足摺宇和海国立公園 遊子の段畑 〕をナビに入れ
走ってると次に〔 成川渓谷 〕が目に入り再び寄り道
あまりにユニークなその景観に驚き
もう一つ隣にある 〔 滑床渓谷 〕( なめとこ )にも 行きたくなる
ここがまた大変ユニーク 巨根・・・sign02 じゃない巨岩の大規模渓谷
魂消るほどの景色 地質年代規模の造山活動と
その後の気の遠くなる年月かけての侵食作用
自然を畏怖する気持ちが さらに強くなるのを感じる
とうとう夕方になってしまい 遊子の段畑は明日の楽しみに coldsweats01

今晩は高知県 四万十市の道の駅 〔 よって西土佐 〕

2019/01/22

安居渓谷

高知市街 〔 竜馬の生まれたまち記念館 〕に行く

三岡八郎と酌み交わしてる時詠む 乙女姉さん 近藤長次郎様
15481516978180
育った環境が book で知るより
なんだか 自分の知ってる人的な目線で理解出来たような happy01
高知城すぐ近くの〔 ひろめ市場 〕でお土産買う
食べたことない貝が有ったので軽く食事
15481522923781
所変れば品変わる 左手前〔 流れ子 〕 左奥〔 チャンバラ貝 〕
小さい鮑みたいのは美味 チャンバラも旨いが小さ過ぎ噛み応え弱し

仁淀川町の〔 安居渓谷 〕
ここも一昨日の渓谷と同じく 谷が深くて  camera 縦にしないと撮れない
川の淵がブルーと言うか エメラルドグリーン

渓谷の画像入れようとしたらディスクスペースが無いとの表示?
いよいよこのブログの限界に達したかな?
それなら有料延長を勧めて来そうなものだが sign02
事前に警告と云うか通知は無いものかな?
ココログで延長 あるいは別のブログアカウントを設けることを
実行しようとしてるができるかどうか?

道の駅〔 天空の郷さんさん 〕は素晴らしい
広い parking  トイレ清潔 近所に食品スーパー コンビニ GS 有り
土地の産物は明日にならないと分からないが 多分 Good

明日は再び高知県西部のカルスト地形へ

2019/01/21

牧野植物園

高知県立歴史民俗資料館は
長宗我部元親の産まれた岡豊城( おこうじょう )の山の地内
所変れば品変るのも有れば どこに行っても同じと云うのもある
とても個性的なダルマ        蓋も有る鯛の形の容器  
15480660036610
               1升樽( 一生 )は全国共通?➡

高知城  幕末の殿様は山内容堂  鯨海酔候 impact
なんと姿の良いお城 そして複雑な造り
15480661514991
   鯨海酔侯の詩
  昨は橋南に酔い 今日は橋北に酔う
         酒あり飲むべし 吾酔うべし

牧野富太郎博士は高知の出身だそうで 牧野植物園

15480991041250
展示場敷地も広ければ 植栽されてる植物群も素晴らしい impact
草木が緑葉広げ 花咲かせる時期だったら さぞかし shine  heart04

高知市で孟宗竹が花咲かせたと云う展示を見たが
15480664664212
            園内で当に金明竹が今咲かせてる
子供の頃孟宗に花が咲いたと
大人の人達が特別な事とし話題にしてたのを想い出す

楢の木に伝い昇ってるツルウメモドキ
こんなに太い蔓になるものか wobbly
15480667199683
                白松と言うのも有るのだ wobbly
                 幹の白いことの命名か!

草木の種類の豊富なことで 次から次と驚きに出会うのだが
錦糸南天の見事に細い葉の鉢植えに感動
15480669626884
大地に生えてる植物のみならず
土佐寒蘭の展示も大いに見応えあり ため息つき通し

昼食は植物園のレストランで
気分がハイになり贅沢に ” シェフお奨めランチ ”
15480673615955
再び道の駅〔 南国風良里 〕にて 車中食夕飯は例の如く think

2019/01/20

放浪

今日は rvcardash あまり走らず 吊橋渡ったり山道歩いたり
車があまり入ってないようなとこを彷徨う
昔のトンネルで通行止  脇に道が有ったので歩みを進める
15479854501550
            訪れる人無さそうな神社に出会う

栄枯盛衰 時代は変わる

行き止まり 先は荒れ道    吊橋に下りる道
15479857560181
先に山道が       河原に下りるとかっこいい滝が

吊橋 板が朽ち河原が見える  渡ると林業で食えた時代の道が
15479860178952
   さらに登ると   上には沢を渡る丈夫だった丸木橋

人に会わずを幸い何ヶ所も訪ねて
名所旧跡も良いが ほんとはこういうとこが性に合ってる

べふ渓谷( 別府 )に向うと 3.5k先通行止の表示
行けるとこまで入ってみるべし
入口橋桁にツキノワグマが !
四国は熊の心配ないと気楽にしてたが 居るのかい sign02
15479863029273
渓谷は 切立ってて camera 縦にしないと撮れない景色ばかり
通行止の表示で U ターンしてきたが
maple の時季に来たら さぞかし見事に違いない

昼はべふ温泉で贅沢に〔 鹿肉たたき定食 〕
15479871560334
                 夜は粗末な車中食

道の駅〔 南国風良里 〕( ふらり )にて

2019/01/19

淡路人形座

朝一10時からの公演を観る
素晴らしいなぁ wobbly
作り物なのに デリケートな動きするもんだ heart01
  3人使い         お鶴       お弓 ➡    
15478987840950
演目は〔 傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段 〕
十郎兵衛とお弓夫婦は盗まれた 主君の宝刀探索の為 娘を婆に預け
大阪に出て盗賊グループにメンバーとして紛れ込んでる
お鶴が巡礼托鉢にお弓の家を叩く
お弓は喜捨するも 幼い巡礼者を不憫に思い事情を問う
あれこれ娘の物語から実の娘と察する
折しも藩家から盗賊追捕の動きがあるので隠れるよう指示がある
もし親子の名乗りした場合 娘諸共お縄になる可能性ある
母を名乗らず阿波の郷に帰るよう説得する
娘は再び旅に出る・・・
なんとも人形の動きが真に迫ってて思わず涙腺が弛みそう
15479002410381
頭の内部  睫毛 目の玉 口を動かし様々の感情 とてもリアル

鳴門の渦潮を見に行く
15479003102512
鳴門橋 でかい物作るなぁ impact
15479004586633
大勢の人が便利になる えらい仕事をするお人も居るもんだ heart01

四国は海岸線は ほぼ一周してるし
中央部東西横断もしてるので
今回は内陸部を走ろうと徳島から高知に向け山に入る
途中道を間違え行き止まりになり
そこが鶴林寺 四国八十八箇所の一つ 第二十番札所
折角だからとお参りする 大勢の巡礼衣装
すごいなぁ 宗教というのは大した力 annoy
宝輪美しい shine   石積みすごい   掃き清められて paper
15479450444680
       巡礼道   この辺りのミカンの木背低い ➡
              天辺まで立って収穫出来よう

道の駅 〔 もみじ川温泉 〕spa

2019/01/18

切手文化館

有馬温泉は日本書紀に登場することで
道後 南紀白浜と共に 日本三古湯(さんことう)と言われてるそう
有馬皇子 とは関係ないようだ
少なくとも史跡は無さそう
太閤秀吉が愛したお湯と云うことで 一層有名になったみたい

温泉街最初に eye に付いた切手文化博物館に入った
子供の頃切手を収集してた時期があり
今も郵便局で目新しいのが eye に付いたら
溜まってもしょうが無いと迷いつつ買ってしまうことがある
ごく最近綺麗な様々な楽器のシートに paper が出てしまった despair
15478122366700
入口に時計 11円ちょうどのが無いそうで         干支 ➡
10+1円と云うのがおもしろい happy01
当地に縁のさる事業家個人の収集による施設だそうで
明治日本で郵便制度最初の切手はもちろん
1840年 英国で郵便制度が始まり初めて発行された
しかも印刷の一番目の一枚 通称( ペニーブラック )
そのうえ初日当日の消印があるのにたまげる wobbly

古くから当地の公衆浴場で現在神戸市営で
温泉街中央にある金の湯に浸かる 650円也
鉄サビ色の湯は 浸ったら自分のちんちが見えないほど濃い赤茶色

明石海峡大橋を渡るたび でかいなぁ wobbly
こんな物を作る人が居るのだ!と感動する
15478190352590
料金900円也 値下げしたのじゃなかろか?
明日は道の駅 向いの淡路人形座で人形浄瑠璃観るつもりだが
ネットに予約のフォーム無いけど大丈夫だろな coldsweats01

«雪国脱出