無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« クロッカス | トップページ | 北陸新幹線 »

2008/03/23

コンサートとクラス会

土曜日は、午後3時からOEKの定期公演
ヴァイオリニストはユーゴスラビアからの若者ネマニャ・ラドゥロヴィッチ
情感たっぷりのツィゴイネルワイゼン、アンコールはタイスの瞑想曲
弦の美しい響きが、耳から脳にかけて、早く遅く或いは強く弱く伝わり
そのあと脳が全身に音振動マッサージを施し快感の脈動
ツィゴイネルワイゼンとは(ロマのメロディー)の意だと響敏也の解説で知る
ドヴュッシーの子供のためのバレエ曲〔おもちゃ箱〕は
指揮者井上道義が喜劇役者もたまげるような身振り手振りで
ナレーションを加えての演奏、音楽堂が大きなおもちゃ箱と化す
彼の指揮棒を振る以外の動作、ネクタイを直したり、顔を横に向けたり
すべてのしぐさが音楽のリズムにかなっておるのがおもしろい!
コンサートが終わって、急いでちゃりんこで居酒屋〔楽珍亭〕へ
中学三年の時のクラス会に駆け込む
一年間だけの短い付き合い、思い出せない男が二人女が四人
団塊の世代、49名の大きいクラス
Sepia_2
セピア色の中に。すでに6名の死亡
彼等の死亡について、皆名簿を見て驚くのみで
死亡原因等について、話が展開しなかった事を喜ぶ
健康な我が身を喜ぶ
終わってから、クラスメートの一人が経営する飲み屋で二次会
何年ぶりかで午前様

« クロッカス | トップページ | 北陸新幹線 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサートとクラス会:

« クロッカス | トップページ | 北陸新幹線 »