無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« どくだみ八重咲き | トップページ | 草刈奉仕 »

2008/06/15

キーウィとアケビの棚

毎年たくさん生ってたキイーウィを母に伐り倒されたのは、およそ10年前
株元で直径10センチにもなってた木、そのひこ生えを再び棚に誘引
アケビはこれまたよく生る木だったが、ある日虫に喰われて枯死
この春、知人が転居する際に大きい株を貰い受ける
再度、キーウィとアケビの収穫を夢見て、力を入れて棚を作る
柱を一本一本、見た目に愉快な感じに、自然石を貫いて立てて
Pillar
8本の柱の内の五本から全体の形が見えようか?
金具で金属パイプそれぞれを繋いで
上部の一部に割り竹を配して必要程度完了
まだ蔓が小さいので
天井の骨組みから、わら縄で誘引してる段階
少しずつ蔓が延びてるのを見ると、まさに生きてるを実感
今年中には天井に至り棚らしくなり、日陰も出来るものと期待

« どくだみ八重咲き | トップページ | 草刈奉仕 »

果樹」カテゴリの記事

コメント

以前ひろさんちの庭に聖興寺の瓦があるのをブログの写真で見てWhy?だったのですが、先日のチェロ演奏会で住職とお知り合いだと知り納得。でも何故知り合いなのかはWhy?です。あッ、私も中野住職とは親しいのです。
 
 千代尼塚足下に置きて栴檀の花は梢に煙るごと咲く
         (松任での吟行会にて) ゆり 

コメントありがとう (^-^)

栴檀の 花の香れる 千代尼塚
   釈迦仏立たれり ひろが彫りたり

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーウィとアケビの棚:

« どくだみ八重咲き | トップページ | 草刈奉仕 »