無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 田部井 淳子 | トップページ | シュウメイギク »

2009/10/01

十三夜

光陰矢のごとし 日の経つのが早い
暑い夏が無いままに秋になったことに気付いたら
はや中秋の名月を楽しむ時季になってた
あらよあらよと過ごしてる内に どんどん時間が経つ
そして日本国は民主党が真正面で采配を振るい始めてる
自由民主党と言う聞き飽きたほどに馴染んでた政権党が
脇に押しやられ、古びて色褪せた党名に思える今日この頃
民主党が我が愛する日本をリードして行けるのかどうか
不安で無いことも無いが鳩山首相・菅国家戦略担当相はじめ
原口さん、岡田さん、前原さん、長妻さん、直嶋さん、仙谷さん
そして要の財務大臣、年寄りの藤井裕久閣下
皆さん緊張感有るいい顔してる
頑張って欲しいものだ
国民の目線で政治を取り仕切って欲しいものです
日本の民主主義が少し進歩したのかとも思う
越後長岡藩、河井継之助の【民者国之本 吏者民之雇】を思う
ちっぽけな私如きが天下国家を心配するのも僭越に過ぎるが
思うだけは思う 
富の分配は公平で有るべし
有能な人はたまたま有能に生まれた事の偶然に感謝すべし
人すべからく、世の為に、そして自分より弱い人の為に働くべし
と言いつつ、当面この秋をどう楽しく過ごそうかと思案しきり (~。~;)
とりあえず今日は、日本海に沈む夕日と
Yuuhi
二度と来ない平成21年秋の十三夜を眺めておこうと
宝達清水町の宝達山に走った 
山頂は 木々が茂ってもいるし電波塔がたくさん有るので
少し下ったところの広場でしみじみと十三夜を眺めながら
Juusanya
物思いながらの時間を過ごす
土曜日の名月は に隠れるだろうから十三夜を

« 田部井 淳子 | トップページ | シュウメイギク »

日記」カテゴリの記事

コメント

田部井 様
いつもお元気ではつらつとしていらっしゃるお姿尊敬申し上げます。先ほどご日記に十三夜のことが載っておりましたが、十三夜は旧暦の9月13日今年は10月30日にあたります。

あの~私はひろでして田部井ではないのですが
あの前日9月30日に登山家田部井さんの講演を
聞きに行って翌日ブログにアップしましたが!
十三夜は今月末の30ですか!そうなのですか!
10月30日には是非お月様を眺めたいと思います
旧暦と現在の新暦についての違いには疎いです
暦には興味は有り有りなのですが
両者の違いにはいつも戸惑い理解が及ばないです
これを機会にお見知りおき下されば幸いです
山田様 ありがとうございました m(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十三夜:

« 田部井 淳子 | トップページ | シュウメイギク »