無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 果実酒 | トップページ | 広瀬悦子 »

2010/09/18

毎年よく生る梨の木
今年も摘果しても まだたくさん有ったのに、一つ落ち二つ腐りして
最後の一つが鳥に齧られてた
また齧りに来るだろうな!食べればいいわとしばし見てたが
いや今年も梨は生ったのだ!確かに食べたよ!と思いたい
鳥は色んな細菌を運搬すると聞いてるが
これで細菌がひろぼの体に入ったら・・・ 入るなら入れ
どんな菌が侵入しようとも、ひろの体が駆逐する  と後半分を食べた 甘味十分
Nashi
洋梨の方もひどい傷が入ったり、腐ったりしてどんどん数を減らし、残ってるのも醜い色形
例年にない猛暑のせいとあきらめてるが
先だって富山の梨処 呉羽、たくさん生ってる生ってる
道端売りのを買い帰ったが、美味しい美味しい 
やはり玄人  生産農家!生らないですまないこと!
適時、必要な世話をしてるのだ
ひろぼは素人 虫対策も分ら梨、日照り対策も梨、世話せず放ったら梨

« 果実酒 | トップページ | 広瀬悦子 »

果樹」カテゴリの記事

コメント

梨残念でしたね~
半分食べるのは さすが!

ひろぼさんがお嘆きになる位果実類は難しいのでしょうね。

難しいも何も!
肥料も与えないし、消毒もしないし、袋もかけないし、ただ見てるだけなのだから
心で生れ~今年も立派に実れ~と念じてるだけなのだから 
しかしね、例年美味しいのが少なくとも30個位は採れてるのですよ
昨年秋棒立ちの木を棚仕立てにするために、かなりひどい剪定をしたので
それが原因なのかも?
しかしラ・フランスも同じことをしたのだから、やはり木もそれぞれですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 果実酒 | トップページ | 広瀬悦子 »