無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 老夫婦 | トップページ | 鼠捕り »

2010/12/13

歌舞伎ルネサンス

歌舞伎は で一二度見ただけで 華美に過ぎると思い馴染みは無いが
この折 歌舞伎役者が世間を騒がせてることもあって
一つ 生で観てみようと氷見市民会館に走った
Kabuki
三部構成になってて
第一部はワークショップと銘打ち
役者 西川扇与一 がステージ上で化粧をし着付け師に衣装を着けてもらい
床山に髪の支度をしてもらい
二部の演目 〔 操り三番叟 〕 を演ずる為の準備過程を見せてくれる
花柳辰蔵 さんによる専門用語の解説もついて なかなか興味深い舞台
そして第二部 先ごろ支度した 操り人形 西川扇与一さんを人形遣いが踊らせる
途中で糸が切れるが すぐ繋いで再び踊らせる
日本の伝統芸能にマリオネットやパントマイムの様なのが有ることに驚く
なんとも楽しい舞踊と言うか仕草 操り手は解説の花柳辰蔵さんかな?
三部は 〔応挙の幽霊〕 江戸の道具屋 萩原流行が応挙が描いた幽霊の掛け軸
贋作を承知で2分で仕入れてきた
それを書画蒐集が趣味の呉服屋の旦那を騙して50両で売ることに成功
軸を壁に掛けて亡き恋女房の仏前にその成功を報告し嬉しい酒を飲み始める
と 軸の幽霊 朝丘雪路 が絵から抜け出てくるが飲ん兵衛で酒癖悪い幽霊
なんとも楽しい舞台に多いに笑う
なるほど今世間を騒がせてる敷居の高いような歌舞伎だけが歌舞伎じゃなく
こんな楽しいのも有るのか!
もっとも本来一般大衆の芸能 楽しかった~

« 老夫婦 | トップページ | 鼠捕り »

演劇・舞台」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです~
一気読みしちゃいました~

さすが ひろぼさんのひき出しの多さに関心しつつ
私流に楽しませて頂いちゃいました~
変な本読むより満足しました~(笑)
(あれ、これってホメ言葉のつもりですが・・・)
 
歌舞伎 私も見たいです。
我が田舎ではそうそう見られる事もなく・・・
私が知らないだけかも・・・

ホメ言葉 褒め言葉 だんだん 
引き出しが多い・・・なるほどねぇ!
おもしろい言い方
ひろは好奇心旺盛なのはたしか
しかし何でも広く浅く、奥義を極めるまで至らないのですわ
どの引き出し開けても使えない未完成品ばかりぽろぽろっと転がってる
わが人生振り返って反省するばかり

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎ルネサンス:

« 老夫婦 | トップページ | 鼠捕り »