無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 房咲き水仙八重 | トップページ | オーケストラの日 »

2011/03/31

桐の大木

義兄の果樹園脇に桐の木が育ってる
日陰を作るので果樹がよく生らなくなった
倒さねば!と思ってる内に月日が経過
いよいよ大木になり ますます倒せない困った!と言い ひろに相談
「ひろさん葉っぱを広げない内に何とか倒せないものかね?」
「周りに 無いから難しくないでしょ!今度天気のいい日にやってみたげるわ」
今日は  脚立・チェーンソー・長いロープ・手引き鋸・まさかり持って行く
株元に塩をまいて 木に をお飲みいただいて
「すみません菜園が日陰になるので 倒させて頂きますがお許し下さい
長いことありがとう御座いました 材はなるべく有効活用を考えてます」
木に登り 手引き鋸で倒したくない方の枝を順に小切り落として重心を移動
株元にチェーンソーを入れるが機械が小さいので結構すったもんだ
1時間半ほどかかって ばた~っ
Kirinoki1
倒れたのをチェーンソーで幹や枝を細切れに切る
Kirinoki4
すっかりきれいになった畑
Kirinoki3
彼等は枝の部分は薪にするが太い幹は置き捨てに腐らすと言う
材は有効活用すると申し訳で言ったが 
木を騙すのも良くないし・・・その内 に持帰り 椅子でもこしらえようか!
椅子たくさんも要らないし・・・

« 房咲き水仙八重 | トップページ | オーケストラの日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ひろぼさん お疲れ様でした
きちんと供養して倒すんですね。
作業もスゴイ!
ひろぼさんは器用なんですね 私もお近くなら頼みたいな
有効活用の椅子私が欲しい~

どもどもです
そうね!ひろは器用かも知れない
と云うか、何でもやってみると云うことでしょうね!
出来る出来ないはともかく、出来ないと決めないで取り掛かる
判断より行動が先に立ってしまうタイプというか
結果、出来てしまった!ということかもね!
春になったねぇ!
毎日いい日が続いて結構だよ~ん
Secchiもひろも動き出す春~
さて今日は何が楽しいかな (^〇^)

桐の大木の記事,面白く読ませていただきました.
私,京都府京田辺市の住人ですが,環境市民パートナーシップというボランティアグループに参加して市内の古木大木巡りを楽しんでおります.実はその中に幹の直径が70−80余りの桐の巨木が一本在り,その樹齢が果たしてどのくらいになり古木と認定するにふさわしいかどうかについてメンバーの間で意見が分かれております.

もし,そちらの桐の木の太さと樹齢のデータをとっておられましたら,参考のためお教え願えないでしょうか.唐突なお願いで恐縮ですが,よろしくお願いいたします.

重定様 こちらもあなた様のコメント面白く読ませていただきました
はてさて 桐の木は成長がとてもとても速い木でしてね
直径70~80cmとしましても おそらく古木とは言えないように思えます
私の推測ではせいぜい40年
その木が子苗だった時期を記憶してるお人が周囲に居られるかも知れません
ちなみに私の倒したのは株元径60以上はありますが 多分樹齢20年ほどだと思います
太い部分を現在庭に置き捨てにしてるが朽ちそうな感じです
明日年輪を数えれるかどうか?
新しい内なら数えられるがもう朽ちかけてるので無理かも知れないです
しっかりしたことが何か分かったら明日またここでコメントします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桐の大木:

« 房咲き水仙八重 | トップページ | オーケストラの日 »