無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 医王山 | トップページ | ツタ »

2011/11/20

仏具磨き

今日は浄土真宗の仏事 報恩講 ほ ん こ さ ま ほんこさん
昨日は優に3時間かけて仏具磨き
Mitsugusoku
金属磨きの液体、その名もピカ~ルを布に付け磨くと、ほんとにピッカピカ~る
Butsugu4 子供の頃から何考えることも無く
家の宗教と共にあり
今も先祖の道を引き継ぎお寺さんとの付合いも
従来通りを踏襲してるが
下を向き長時間黙々と仏具を磨きながら
様々に考えが巡る
世の中を見ながら歳を経てくる内に
自分なりの思いが出来上がってきたような!
世界には何万と云う数の宗教が有る
いつの世も宗教に起因する争いが絶えない
人は自分の神が唯一至上他は認められない!
人は皆お互い平和な社会生活を営むため
他人に対する接し方、振舞い方
道徳は必用だが
神仏は必要だろうか?
人を生かしてくれる自然に
感謝するのみで良いのでは?

自分を生かしてくれる、すなわち食物を育ててくれる それに大気
そして水、山、川、草木を育む大地、大自然
それらに感謝し畏れの気持を持つこと以外に出来ることが有ろうか?
しいて宗教と云うなら、八百万の神々をこそ信じ、頭を下げるべし
八百万の神々、すなわち大自然に頭を下げて、感謝するのみ
それらを誰が創ったのか?などの思いを持つのは僭越に過ぎる
ちっぽけな人間が宇宙を創った存在を思推するは身の程知らずと言うべき
神仏と言っても、それらは皆人が作ったもの
生身の人間の頭が作り出したものでしかない
教祖といい、聖人といい、生身の人間がどれほど清潔で有り得よう
貧しい頭で自分を聖人と錯覚し、教団を組織し、階級を作り他と勢力を争う
愚かなことと言うべし
人に出来ることは、自分を生かしてくれる大自然に対し謙虚になるのみ
社会生活を共にする人々、すなわち生きとし生けるものと仲良くするのみ
この宇宙を創った存在、それに近付こうなどとは思い上がりも甚だし
吾は最後の日には儀式に依らず独り静かに土に 帰 り た い

« 医王山 | トップページ | ツタ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏具磨き:

« 医王山 | トップページ | ツタ »