無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« あせび | トップページ | サッチャー首相 »

2012/04/04

ハイビスカス物語Ⅱ

母の病室手前の廊下の ハイビスカス 、二つ目の花の蕾が成長してる
そろそろ咲く頃だ、今度は細幹の先端で咲いてるのを見られるだろう!と
場所に来た
あれ~ 蕾は今にも咲きそうな大きさになってるが
下の段の葉叢にはきれいなブルーの花が咲いてる
Rouka1
なんとナント青いハイビスカスと見ながら顔がほころんでしまう
すぐ傍にある ストレプトカーパス の咲き終えて落ちた花を誰かが乗せたのだ
なかなか粋なことをする
先頃花を触ってて千切れてしまったと言う子の仕業なら楽しいことだ
ストレプトカーパスは、初めて二つを花咲かせた先月
初めて目にし、その爽やかなブルーにしばし見入ったものだが
その後次々と咲き、通るたびに立ち止まったのだった
Streptocarpus2
きれいな花が次から次と咲き、そして散っていく
落ちていた花を捨て去るに忍びない気持ちはよく分る
拾ってハイビスカスの葉叢の上に載せる遊び心に拍手
Rouka2

« あせび | トップページ | サッチャー首相 »

日記」カテゴリの記事

コメント

えっ、と思っちゃいましたよ
青いハイビスカスがあったら素敵ですね。
毎日お母上の所に行かれるひろぼさんの
ささやかな楽しみを見つける術に感心します

留守の間の記事を帰って来てから
まとめて見せていただきました。
お孫さん誕生楽しみですね。おめでとうございます。

行くのって鬱陶しいものだがね!
やはり植物が有ると嬉しい
孫ねぇ
出産は七月だが
娘は五月連休にを決めるために帰って来ると言ってる
向こうで産めばいいのにと思うが
この件に関しては女どもに任せとくべきでしょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイビスカス物語Ⅱ:

« あせび | トップページ | サッチャー首相 »