無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 富山市松川べり | トップページ | 草花・花木・野菜 »

2012/04/22

母死す

17日朝金沢東インターに入り、新潟、郡山を経て東北自動車道
白川インターを降り、ホテル原田にチェックインしたのは夕方6時頃
近くの居酒屋、〔 漁り火 〕でみんなで食事
10時就寝、2時頃病院より電話が入り、母の容態が急変したと言われる
4時半、家内と兄姉達5人を周囲に母は息を引き取ったと知らされる
最初のボランティア渡里町を目前に、みんなに状況を話し
船岡駅6時38分の電車で仙台・大宮・越後湯沢経由で金沢に向かう
に帰り着いたのは午後12時半
18日は で仮通夜
19日本通夜も
20日葬儀は斎場で行い
骨になった母を伴い に戻ったのは午後1時
新聞広告はしなかった
すべてを平服で行った
母の希望もあり、すべてを簡素にし、町会関係にも知らせなかった
子供と内孫3人、親戚4人で静かないい見送りができた
それでも、どこから知ったのか母の教会からも二人、他にも数人来られた
みんなで様々な思い出話をしながら食べて飲んで時間をすごす

母は97歳と1ヶ月11日生きた
子供7人
孫17人
ひ孫は去年18人になり、今ひろの娘のお腹に19人目
最終的には20人を超えるものと期待
去年11月にひ孫の一人が結婚
もしかして玄孫が見られるかと期待してたが・・・・

内輪との話し合いを終え、21時40分発の長距離夜行バスで東北に向かう
車もカメラも何もかも東北に置いて来た
必要最小限のメンバー、一人欠けても大変、みんなに大きな負担かけてる
仙台に着いたのは朝6時、大船渡行きのバスに乗り、気仙沼で乗り換え
南三陸町のさんさん復興商店街イヴェント会場で1pmにみんなと合流

« 富山市松川べり | トップページ | 草花・花木・野菜 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ひろぼさん大変でしたね
お会いしたことはないけれど
ひろぼさんのブログを通じて親しみを感じておりました。
お母様のご冥福をお祈り致します。
ひろぼさん 長い間お疲れ様でした

昨日この記事を見てから何か書かなきゃと思ったけれど何をどう書いていいのかわからず1日経ちました。
思うこと。
高齢者と関わる仕事をしていて、当事者(その人やご家族)の本当の気持ち、視線、スタンスを知りたいと思うことがしばしばあります。そういうのをこのブログのひろぼさんとひろぼさんのお母様のやりとりからほんの少しですが読み取っていました。
遠くからですが、少しだけ、勉強させてもらったと思います。
ご冥福をお祈りしています。

そして、また、東北の様子をアップしてくださるのを楽しみにしています

お帰りになられる頃かしらと覗いてみて、驚きました。

お母様がご永眠されたのですね。
心からご冥福をお祈りいたします。

ひろぼさんは、お母さまの余韻とご一緒に
またお仲間さん所へ戻られたのですね。

思いの深いご旅行になりそうですね
どうかお疲れが出ませんように~


お母様をずっと見守ってこられた、優しいひろぼさん、
寂しいですね・・・・・ かける言葉も、見つかりません。
お母様のご冥福をお祈りいたします。

Secchianありがとうね!
来るはずの時期が来たということです
いま長岡のホテルでパソコン覗いてます
ありがとうね!

うねさん、ひろは悲しいとは思ってないよ
97歳、言うこと無し
要支援になってよりデイケア通い始めてから
大勢の人達にお世話になりました
ケアマネジャーはじめ皆さん親切で、ほんとに親身になって快適な状況を探してくれました
母もいつも言ってました「こんな婆にみんな良くしてくれる」と
みなさん自分の家で看られない状況は専門家に頼むしかない
専門家が居てくれて感謝です
ひろは昨日大船渡で最後のボランティアコンサートを終えました
今日は帰り道の長岡で♪だが、これは東北ボランティア♪ツアーとは別です
料金を貰う♪だそう!
そして明日家に帰ります
またね~うねさんお互い前進するのみ!

舞子たん、そうです!母は安楽な眠りにつきしました
少ない仲間で、ひろは抜け出すしかなかった
離れてた三日間、何事も無く予定をこなしてくれてて、良かった良かった
悲しいことは無いよ!
東北では有るべからざる状況で亡くなった人が大勢居ます
母は素晴らしい病院で、親切な看護と介護を受けて息を引き取りました
こんな幸せな週末はありません
ひろは葬儀を終えた晩にコンサートツアーに戻りましたが
母は早く戻れ、お前頼まれた事をやれと言ってるのは疑いなし
明日家に帰ります、またお話しましょう!

美々ままたん、どもどもです!
97歳言うことなしの大往生です
悲しいことは一つもありません
東北6箇所9公演を終えました
ひろは三日抜けたが、被災地の激しいところばかりでした
被災者の皆さんにいくばくかの癒しを味わってもらえたかなと思います
ひろは車の運転と音響の設備だけで♪はできないが
みなさん楽しんでられる様子を目の当たりにして
♪というのは、何がしかの力があると思いました
ひろは♪は自分で楽しんでるが、人に与える事は出来ないから手伝いするのみ
また明日ね!長岡の時間が迫ってきました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母死す:

« 富山市松川べり | トップページ | 草花・花木・野菜 »