無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | ボタン »

2012/05/01

読書

しばらく 読みが出来ない日が続いて、活字欠乏症の兆候が表れる
久し振りに図書館への返却遅延をしてる
いつもなら家に近い城北分館で借り出し返却するのだがネット予約待てない
直接玉川図書館に足を延ばし借り出す
終日 の下、庭で に時間を過ごす
あぁ!やはりこれが無きゃ!との思い
暖かくて穏やかな日
の上に小さな花が時折落ちてくるのを で払う   モチノキの花 ↓
Dokucho2
モチノキは雌雄異株、うちのは雄木なので実が生らないのが残念
Dokucho1
これが雌木なら秋には赤い実が生り、 も呼べようものを!
実の生らないことをもって、注意を払うことの少ない存在だったが
開いてる の上に時折散り落ちてくることで
有ってもいい木かな!と何がしかの存在を認める

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | ボタン »

日記」カテゴリの記事

コメント

活字欠乏症分るわ~
花散る庭で読書とはいいな~
私は雪解け後の汚い庭と格闘しています。
東北の旅お疲れ様でした。
中尊寺 毛越寺など17年前私も母と回りました
懐かしく思い出されます

雪を無理に溶かさないで、自然に溶けるまでずぼらを決め込むべし
つい雪をいじる気持ち分からないではないがね (^。^;)
東北は仲間が居たので自分の思うように過ごせない
やはり旅は一人に限る
あるいは多くても二人

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | ボタン »