無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 足 | トップページ | 立春 »

2013/02/05

ハッサク

今日は晴れ~ 
護美出しに外に出たついでに、怠け にムチ打ち、ハッサクを収穫
お飾りとして の届く所に3個を残し全部収穫
Hassaku
生ってる景色が良いので、もぐのをためらうのだが
早くもがないと苦みが増すばかり
昨年は摘果しなかったので、小さ過ぎるのもたくさんある
小さいのは風呂にでも浮かべれば何がしかの薬効があろうか?

« 足 | トップページ | 立春 »

果樹」カテゴリの記事

コメント

あ、ハッサクを育てている人にお尋ねしたいことがあったのです。
八朔(8月1日)のころに食べられるからハッサクという名前由来は記憶の隅にあるのですが、
どこのお庭のハッサクも、ずいぶん寒くなってから色づいているように思うのです。
実際、ひろぼさんの収穫も今ですもんね。
八朔の名付けは旧暦由来でしょうし、そこに多少の誇張があったとして、
お庭のハッサクは10月くらいには食べられるものですか?
今の時期から先は「苦くなるばかり」という記述はとても参考になるのですが、
食べ「られる」ようになるのはいったいいつごろですか?

はた衛門さん、どもどもです
北陸では11月では食べる気になれないほど表皮に青みが残ってます
食べたいと思えるほどオレンジ色に覆われるのは12月半ば過ぎですわ
1月が一番食べごろで
2月入ると苦みが出てくるような!
以前ハッサク酒を作ったのですが、苦みが強くて捨ててしまいました
早い時期に作れば苦くないのかどうか?
ネットで美味しい作り方を探ったが
試みたという記事はあるが、美味しいという記述が見つからなかったし
以前捨てた思いがあって、再び試みる気になれないですわ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッサク:

« 足 | トップページ | 立春 »