無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 碇山典子 »

2013/05/02

おついたち参り

真夜中3時半に目が覚め鶴来の白山比咩神社 ”ひみじんじゃ” に走る
参道両脇、木々や草花はまだ眠ってる様子
Sirayama
朝の寒さに体をこわばらせながらも
神社の持つ冷厳な雰囲気に、常ならぬ清々しい気分
手水で口を漱いだのは四時半少し前
Sirayama6
いつもなら
何気なく済ませてしまう
拝礼も
丁寧にゆっくりと!



暗いのに
参道にはポツリポツリと
人が見えたが



拝殿にはすでに大勢の人が座ってる
こんな時刻に、すでに覚醒してる人達が居るのだ!確とした目的をもってるのだ
Sirayama2
境内のあちこちを散策してると、お神楽、太鼓の音が聞こえてきた
邦楽もいいなぁ!美しいなぁ!と思いつつ
境内には礼服あるいは礼服に近いほどに正装した人が
神馬や神木とおぼしきに拝礼をしながら歩いてるのが散見される
巡礼のように を合わせる場所が数ヶ所決まってるみたい
その人達の様子から、自分の日常からはすっかり緊張感というものは失われてる
素敵なはずの空間が自分には不似合いな場所になったような!
ここでは自分は異物でしかないというような気分になる
こういう場所に馴染める自分でありたいと思うのだが!

何もかも、悟り顔でいい加減に生きてる自分に気付かされたような気分
厳とした岩の前に!ふにゃふにゃの自分
まだ先は短くないと考え、しっかりしなきゃ!とも思い
上の娘にご縁があるように神様にお願いしてみようかな!と
社務所で祈祷について聞くと
毎月おついたち参りは朝の四時半から三十分おきに行われるそう
平日は一回目が九時、その後は四十五分おきだそう
土日関係なし年中行われてると言う
費用は決まってる訳ではないが、基本五千円で
あとはそれぞれ、その人のお気持ち次第だそう
Sirayama4
帰る頃には少し明るくなってる
凍える体で来月一日、再び来ようかな!と思う
日頃というか歳経るに従い、仏教はじめ外来宗教を忌避する気分が強くなり
神社神道に 惹かれるのを感じるのだが、何かを実践するわけでもなく
怠惰な日々を送ってる口先だけの自分

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 碇山典子 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おついたち参り:

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 碇山典子 »