無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 野焼き Ⅱ | トップページ | ルコウソウ »

2013/09/10

悪妻

洋種ヤマゴボウが引っこ抜かれてる
これはもう一本あるから許せる
許せないのは夏水仙の隣、在るはずの所にクチナシが影も形も無い
数年前親しい知人から挿し木苗 二 本 を貰い、大事に育ててたものの一株
幼苗の頃は防寒が必要ということで、しっかり防寒もして順調に育ってるもの
                               今も安全無事の同じ程度の株
Kutinasi1
                              
この辺りは草が生い茂ってたので気付かずに一緒にむしり取ったのだろう 
秋祭りが近いからと草をむしり始めてる
必要ないと言っても聞かない、何でも 雑にやる女
自分の価値基準でむしったり伐ったりするが後の処分はしない
  

欠点多い女
子供達に対しても少なかったが、ひろに対して、けなしても褒めるということは無い
綺量も悪い( 結婚を決めるに差支えない程度、見飽きるより見慣れるの方 )
        ( 歳を経たから仕方ないが、今は連れ歩きたくない容貌容姿 )
ものの言い方が常に非難がましく攻撃口調、そして否定的
ひろが人と話してる時に、ひろの話の内容を訂正する
     ( 外交戦術的会話を解しない、介入すべきじゃないのに )
歩く時の足音が大きい
ウオッシュレットなのに、ものすごい量の紙を使う
     ( 下水が入る前、浄化槽の頃、その故に菌が死滅したことがある )
節電意識ほとんど無し 
下着を外に干す
鼾をかく ( 14年前から部屋を別にしてるから問題無いが )
花や野菜のポット苗を買ってくるが植えない
    ( ひろが見かねて植えるのを待つのみ )
人にものを渡す時に、念押しのように押し付ける
ひろの好みの物を買うという感覚がまったくない
    ( 生魚が少ない、麺類を作るのも少ない )
肩もみが下手というよりしたがらない
   (11年前ひろが低髄液圧症候群で四か月生涯初めての病気入院し頭蓋骨に穴を開け手術してのち完治し退院後唯一の後遺症と言える激しい肩凝りで鍼灸に半年通った時も、肩もみ頼んでも嫌々揉み5分ほど経つと片手で揉み始める、そこでもういいと離れるしかなかった、あとにも先にも肩が凝ったのはその時期のみ )
外国旅行の時、言葉もできないのに、勝手に動き回りひろが見失いそうになり
必死に探し回ったこと二度ならず
レンタカーでヨーロッパ三国走った後
国内旅行みたいでつまらないと言った
      ( 観光旅行とは電車やバスで有名個所を回るものと思ってる )
「 見れば分かるやろ 」 をしばしば言う
ありがとうごめんなさいを口にすることが少ない
車庫に入れても、夜はロックしとけと言ってもしない
      ( これは私も防犯委員を引き受けてからの事だが )
米を運んで精米して、米櫃に入れる、これは女の手には負えない
      ひろの仕事だが、目の前で米櫃を満たしたらありがとうの一言くらい言うべき
40年近く一緒に居る、子供より長い時間を共有してる相棒から学ぶという気持が無い
休肝日をしてる時に思う、健康に気を付けて長生きしても
この女にひろの成果を奪われるではつまらない
何が何でも連れ合いより長生きし独りの人生を持ちたいと切に思う
うどん作った時、辛子無かったかな?と言うと、ショウガ乗っ取るやろいね!と言う
なかなか性分というのは治らないものだろう
ひろが何でもすればするだけ、もっと多くを要求してくる女
要するに賢くないということだ
女を選ぶのも男の器量と言えようが、一度しかない人生誤った
北欧旅行したいと思ってるが、一人で行きたいものだ

テレビの川柳教室で見た一句   一生の不作と添って半世紀

« 野焼き Ⅱ | トップページ | ルコウソウ »

日記」カテゴリの記事

コメント

ひろぼさん 
私もブログにこんな風に書きたいわ~
長く暮らすと色々ありますよね
secchiの今の心境とドンピシャで
逆の立場なんだけどツボにはまりました(笑
男と女の違いを教えていただいた気がしますよ
しかし ひろぼさんの文章って
怒りのブログでもユーモアがあって感心しちゃいます(スミマセン)

うわぉ~
主婦の敵に主婦からお米が届いた
懐のお深いSecchi-an に感涙するひろぼです
私が思うには人間の卵が胎内に着床し
細胞分裂し、ある時期、男になるか女になるか決まる時
限りなく男に近い所で女に決まるか、男からはるかに遠い女女になるか
当然その逆もある訳で
うちの家内の場合は限りなく男に近いとこで女に決まったのかも?
そして吾はかなり女に近いとこで男に決まったのかも?

その発想は面白いですね
じゃあ我が家は?と考えて納得しました
ひろぼさんのブログでsecchiは母のことも同居人のことも
勿論植物のこと色々学習させて頂いていま~す
もっと書きたいところだけどボロが出そうなので失礼します

ボロが出そうに笑ったよ
そうだよね!けっこう誰でも自分にボロを抱えてるかも
ボロ、隠さないで出しちゃえ~
人生一度しかない、これから老いるのみ
死んだら何もかも雲散霧消、すっきり爽やか
かっこつけないで正直言っちゃえ~開き直り~
と言いつつ、まだまだいっぱいボロ隠してる

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪妻:

« 野焼き Ⅱ | トップページ | ルコウソウ »