無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 清水汲み | トップページ | 庭の工事 Ⅱ »

2014/01/18

年賀状

10年ほど前から年賀状を出さなくなったのだが
来たのに返事を出さないのは失礼
正月に目を通すと、出さなかったことに負い目を感じるので
そしてすぐに返事をしたら、出し忘れてたと思われると考え
二十日過ぎてから読み、今日一通明日二通と返事することにしてるのだが
今年は昨日全部作って に持って行った
Nengajou26
御無沙汰してる知人に年に一回挨拶を送ることの意義を否定するものではないが
どうしても暮れの内に賀状を書く気になれない
根が怠け者なのだろう・・・
思えば吾の人生、しなきゃいけない事いつも切羽詰ってからしてきた
そんなことでのマイナスは小さくなかった・・・

昨晩食事時、家内と息子に話した

「俺九州行って来ようかな?」
「この寒いに動きたいかいね?暖かくなってからにしたらっ」
「寒い時は南へ暑い夏は涼しい北へだろうよ」
「今年は九州や四国でも雪降ってるらしいのに?」
「行けるのも今の内〇〇〇もどこそこ行きたいと言えば俺どこへでも行ったげるよ」
「私一週間ぐらいなら行きたいけど、あんたのはあてずっぽだから」
「帰りたくなればどっからでも帰ればいいじゃない!」
「N ワンなら経済的なんだが〇〇〇の足無くす訳にいかないしな」
「お母さんボンゴ運転したことあるでしょ、ボンゴ燃費悪過ぎるよ」
「四ナンバーってのは燃費のこと考えないのだろな長距離でも10 kが精一杯だな」
「どれでも好きなので行くこっちゃ」
「一二日なら〇〇〇もボンゴ有ればいいだろが、一週間十日長くなるとまずいだろ」
「何日行くつもり?」
「具体的に考えてないけど、別府、湯布院、長崎、阿蘇、熊本城も観たいし
桜島から竜馬のゆかりのとこも行かなきゃね!一週間十日じゃ無理だろな」
「で、いつ行くつもり?」
「まだ具体的には決めてないけど寒い内だな」
「いつまでも行ってれば!お盆までに帰ってくればいいのでは」
「婆ちゃんの三回忌せにゃいかんからそんな訳にもいかないだろ」
「もう三年経ったの?」
「まだ早いと思うけどこないだ報恩講の時お坊さんがこの春だと言ってただろ」
「坊さん言うんなら間違いないな」
「遅れるのは良くないけど早いのは早過ぎていかんこと無いのやわ」
「お父さんスノータイヤどうするの?スノー要らなくなってから行ったら?」
「そんな時期になったらこちらでする事多くなるだろ!すること無い今の時期だよ」

そんな思いもあって、年賀状済ましとけば気楽に旅が出来ようというもの

« 清水汲み | トップページ | 庭の工事 Ⅱ »

日記」カテゴリの記事

コメント

今年もブログ見せて頂いていますよ。そちらは雪も降るようで、めったに降らないこちらからは想像が付きませんが・・・・風邪など気を付けてください。今日は昨年のシュウカイドウの記事を見ました。
私もシュウカイドウを増やそうと何回も植えてからして、でも毎年誕生日の9月に友人が鉢植えに咲いたピンクのを持ってきてくれます。葉っぱの裏が赤いのは、お花が白ではないですか?これは友人も余り無くてまだ分けてもらっていません。今は影も形もありませんが、今年はどのくらい生えてくるか楽しみです。

花光さんどもどもです
うちに有るシュウカイドウは茎や葉柄は赤色だが葉っぱは裏表緑のです
ここら辺りは放っといても毎年ピンクの可愛い花を咲かせます
葉裏が赤いシュウカイドウは去年陶芸教室の仲間から頂戴したので
庭に植えましたが、今は地上部は消えてしまってますね!
この春花咲かせるか興味津々です
花色はピンクじゃないのですか?
葉裏赤いのは花は白色一色なのですか?
純白ならそれもまた良いと思いますね
もし花咲かせたら、ブログアップうきうき

ひろぼ家の会話楽しいですね(o^-^o)
奥さんの「いつまでも行ってれば・・・」長く連れ添った夫婦だからこそ
旅先でタブレットを持ちブログUPでしょうか
とっても楽しみo(*^▽^*)o 
雪景色や流氷だったら笑えます

Secchi-an おはよう~
今朝はここらも真っ白けっけの銀世界で~す
昨年稚内に走る時、紋別側海岸沿いは流氷を見に来る時に走ることになるからと
内陸部の名寄市音威子府経由を走ったのでした
今回はやはり九州でしょうね
北海道は今夏再びヒグマご機嫌伺いに羅臼岳向わにゃいけんと思っとりますけん

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 清水汲み | トップページ | 庭の工事 Ⅱ »