無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 若田光一 | トップページ | 4649 »

2014/05/16

ツタ

蔦が灯篭と茶山花を覆って、ますます勢力を増そうとしてる
数年前から茶山花が勢いを削がれ枝の茂りがまばらになってるように思える
秋、蔦の の美しいことから、これを排除することに 踏み切れない のだが
茶山花は大事だし
石が見えないのでは灯篭もそこに有る意味が無いし

この灯篭は今は亡き想い出の男の作
山登りの大先輩に庭師をしてる男が居て
彼が冬場仕事の無い時期に機械を使わず
こつこつハンマーと鏨で造り上げた物
平安時代の造りを踏襲し各部位は臍 ( ほぞ ) で組み上がってる
あんたに売るのは高いと思うかも知れないが
日当にすれば一日3千円の計算になると言われた
吾が逝った後、息子が庭を壊そうが変えようが何も言わないが
この灯篭だけは大事にすべしと言いに出てきたい

昨日意を決して蔦を株元から剥ぎとってしまう
Tuta
                  絞殺しの木は南の方だけじゃないらしい

茶山花、もう株元は無いのだが上の方の蔦も剥ぎとらねば!
Tuta2_2
                  棗の木も蔦に覆われほとんど実は生らない
                     これも近い内に剥ぎとるか!
                     しかし秋、 の美しさを思えば
                     どこかに何がしか残したいものだが!

« 若田光一 | トップページ | 4649 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツタ:

« 若田光一 | トップページ | 4649 »