無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« アンク | トップページ | マユミ »

2014/12/03

富有柿

今年最後の柿もぎ
Kaki4_2

平地には全く が無いので いつものように走ったら
山に入ると白くなってきた
普通タイヤだが 轍の部分は舗装が現れてたので心配なし
もう柿は食べ飽きた感じだが 放っといて樹勢を削ぐのは良くない
生り過ぎて粒が小さいし 水気が多く甘味に乏しいが渋くはない
あられが降ったり 寒い日だったが もいでる一時間ほどは幸い

生け花が好きな友人に 枝振りの良いのを持ち帰ろうと選んでたら
次々とこれが良いか?これの方がもっといいか?
一個生りがいいか 二個?三個?四個は死?どんどん増えて
余分にいっぱい持ち帰ってしまった

試みに吾も活けて・・・活けてじゃない 投げ入れてみた
Kaki3

26.12. 4追記 : 家内が仕事から帰ってきて言うには

「 あんた 今どきの若い人 何も知らんのやわ 」
「 何があった?」
「 柿の枝 あんた二個生りだけで他は要らんと言うから4本職場持って私のとこに飾って 他二部屋にあげたんよ 夕方見たら飾ってないから
 どうしたん?て聞いたら 食べてしもたと言うんよ 二三日飾ってから
 食べるなら分かるけど 飾りもせんで食べるなんて 何の値もないわ 」
「 そうか 活けろと言わんかったんか?」
「 そんな 活けろ言わんでも枝付なんだから分かるでしょ たかが二個三個
 食べるなら枝付きで持って行かんでしょ 私呆れて そう美味しかった?と
 だけ言って帰ってきたわ 」
「 そうやなぁ 花に見えんか 」
「 せいも張りも無いわ 若い人は花より団子なんよ 」
「 生けるまでしてやらにゃ分からんか 」
「 そんな ほかの部屋まで生ける訳にいかんわよ 」

« アンク | トップページ | マユミ »

果樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富有柿:

« アンク | トップページ | マユミ »