無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 私本太平記 | トップページ | もつ煮 »

2015/01/28

一日ぐうたら

今日も一日進歩なし
炬燵に寝ころび吉川英治全集巻 40 私本太平記 ( 二 )
疲れると庭に出たり 車庫に行ったり
時々もいで食べてるハッサク全部採ってしまおうと一旦は高鋏を握ったが
これも庭に少ない色の一つ 残しておくべし 食べる一個だけにする
Mimono1
朝は薄っすら白くなってたが徐々にとけて
明るくなり青空が見えたり 暗くなりちらほら が舞ったり 有為転変
昼過ぎ ぶらり を休ませてると 腐ったミカンが落ちてる
あれっ!とっくに無いはずだが
しっかり緑の中を探すと皮が分厚く素直でない形のが四個
Mimono2
                  実成が悪かったので防寒もしなかった金柑が
                            小さくてしわしわ食べられない
                              いびつなのばかり八個
何か実ものを探してみようと あちこち を配ると
Mimono
サネカズラに実が大小三個ぶら下がってた
これを未練がましい表情と見るか
なかなかの風情と観るか

« 私本太平記 | トップページ | もつ煮 »

果樹」カテゴリの記事

コメント

命をつなぐ逞しさと見た!

そうですね次に繋ぐ力なんだよね 
毎日天気が悪いもので
吾の心持は後ろ向きだなぁ
色の無いこの時期わずかなこの赤色も貴重なものです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日ぐうたら:

« 私本太平記 | トップページ | もつ煮 »