無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« スイカ | トップページ | ナツメ »

2015/08/23

棒杭の商い

最近友人と旅の話をしてた時に                             
たまたま話題になったのが道脇に時折見る無人の物産販売所
お安い場合が多いが そうでない場合も無いではないと言う話
その際吾が言った
「 みんな正直に金入れるものだろか?中には入れない人も居るだろな
   どれくらいの集金率になるか興味あるな8割有ればまぁいいとするか」
すると友人が咎めるように
「 みんなちゃんと払うよ 百円二百円払わない者おらんだろう 」
「 いゃ 中には入れない人も居ると思うなぁ 」
「 そんなわずかな額入れないと気持ち悪いちゃんと入ってると思うよ 」
「 そうかなぁ? 農産物を盗むニュースが流れるご時世だよ 」
「 そりゃほんとの悪の仕業や そんな人は小さい無人寄らないよ 」

今日は校下の災害非難訓練
森本・富樫活断層を震源とする地震発生M7.2

9:30 追記

払わない人もたまには居ると主張するのは 人を疑ってかかること
自分の心の貧しさの証明のような心持になり
「 そうやなぁ 無人で金払うのは むしろ気持ちが良いかも 」
と言いその話題は終わった

昨夜 〔 上杉鷹山 〕 終盤 読み終える頃になり
Youzan1
なんとなんと あれ~
“ 棒杭の商い ” という言葉が出てきた
会社ならとっくに潰れてるほどの酷い財政状況の米沢藩に
他藩から婿養子に入り藩主となった若き上杉鷹山
様々な困難と家来の不服従と妨害にもめげず頑張った
財政立て直しに取り組むに際し 経済政策もともかく
人々の心の有り様に重きをおいたことが 成功の要であったこと

長らく付き従ってる小姓が年月経たある日殿様をお連れした
村外れの街道脇に棒杭が立てられ 商品の入った籠がぶら下げられてる
人はお金を入れて物品を持ち帰る
商人の居ないこの商法が行われるのはまさに殿様の指導の賜物
誰一人 お金を入れずに商品を持ち帰るものは居ません!と説明

全国的に深刻な飢饉の時も米沢藩だけは餓死者を出さなかった
他藩からの流入者を受け入れた
江戸に流れ込んで来た各地からの飢民 米沢藩からは一人も無かった
武士すなわち行政は民のために働くと明言した殿様
尊敬する日本の政治家は?との記者からの質問に対し
アメリカ大統領ケネディは Uesugi Youzan をあげたが
日本人記者に鷹山を知るものは居なかったそう!

« スイカ | トップページ | ナツメ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棒杭の商い:

« スイカ | トップページ | ナツメ »