無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 退園 | トップページ | キンカン »

2015/12/27

サンタクロース

世間は24日がクリスマスイブでみんなでわいわい飲み食いパーティーをし
25日もなんやかんやとクリスマス気分で居てもいいのかも?
は婿殿が26日に来ることになったので昨夜がクリスマスパーティー
子供が居なくなってからは
クリスマスの気配は を含めどこ探しても無かったが
この時期に孫が居ることになり 久し振りにクリスマス
当然宗教的な意味合いは無く
みんなでうきうきワイワイ気分で過ごす機会ととらえる
爺はサンタクロースをやったことは過去何度かあるので
この際息子がやることになろうかと思ってたが結局暇な爺となる
当初息子が言う
「 やらない方がいいよ そんなのやったらサンタクロースはいないのだと
 3歳児の夢をもぎ取ってしまうことになるよ 枕元の靴下でいいんだよ
 そしたら永遠にサンタが空飛んでくると思い続けられるよ 」
「 それも一理あるが ほんとにサンタが現れたら おもしろいぞ」
 
娘は言う
「 そりゃやれば面白いけど 爺がやっても ○○がやってもばれるよ
 ばれてもいいけどね それで大人も子供も楽しければいいということだよね 」
「 たしかにばれても悪いことは無い しかし3歳半だ ばれないだろ 」
「 声で絶対に分かるよ 」
かくて実行 爺は作業場で餅つきの準備をしてると言う設定
かねて打合せの時刻に外からサンタが茶の間の窓を叩く
「 サンタで~す 窓を開けて下さい 」
しばらくしても開けてくれない 外は雨 何度もたたくが開けてくれない
ママが子供に開けさせようと促すがしり込みして動かないので
ままが開けてくれて ようやく入れて
「 ここのおうちには良い子が居るかな?良い子が居るならプレゼントをあげよう」
「 ・・・・ 」
「 良い子はいないのかな?」 再び問うと
○○が小さい声で 「 いません 」
サンタは困りました居ないと言うのにプレゼントを置いてく訳にいかない
Santa4
窓に引き返す仕草をするしかない
娘が大声で 「 居ますいます良い子が一人います○○と言います 」
安心して再び引き返し無事プレゼントを渡して茶の間を通過 玄関から出る
間もなく玄関先で○○の大きな声
「 お爺ちゃ~んご飯だよ~ 」
分かったよ~と着替えて作業着で茶の間へ
それからの孫のはしゃぎようは実に見もの
「 ねねお爺ちゃんサンタクロースが来たんだよ 」

食事を終えて ケーキが置かれて
ママが○○にイチゴを並べといてねと言い台所に行ってる間に
自分の方だけに片寄せ全部並べてしまってて
みんなで大笑い
Kake
久し振りに賑やかなことだが
これもまた過保護の極みと言うべきか!

サンタクロース八つ道具
Santa2

« 退園 | トップページ | キンカン »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンタクロース:

« 退園 | トップページ | キンカン »