無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 春一番 | トップページ | 深瀬の木偶廻し »

2017/02/18

大宮の娘からしばしばラインで孫の画像を送って来る
特に4歳児がお爺ちゃんをしばしば口にすると言う
向うで一晩しか泊まらなかったと短か過ぎたことをなじるニュアンス
吾もなるべく長く遊び相手をしてあげたいとは思うが
都会の真ん中の高層ビルで保育園から帰るのを待ってられない
一歳児と遊ぶのも楽しいが何分にも狭い部屋で・・・
婿殿も帰ってくることだし・・・
しかしながら短い滞在だったが想い出はいっぱい出来た感じはある
その後のドライブ放浪の旅 運転しながら しばしば思い出し笑いしたもんだ
                               
婿殿が仕事の関連で高さ20cm位のロボットを持ってきてて
みんながロボ君と言ってたが 小さいロボットが声をかけると返事をする
いわゆるAIを載せてるロボットと言う訳
メールを送ったり画像を撮ったりプロジェクターみたいに映写もする
4歳児はサ行の発音がよく出来なくて
” さしすせそ ” が ” ちゃちちゅちぇちょ ” になるのだが
ロボ君に言う
「 ちゃかだち ちてくだちゃい 」  ロボ君動かない
婿殿が 「 逆立ちして下さい 」  なんと小さいのが逆立ちするではないか
ん十年前テレビでロボットを研究してる学者が言ってた
「 二足歩行というのがこれがバランスをとる重心の移動が実は難しいことでね 」
Magoomoide
今はこんなものが家庭で見られる
スカイプをやっとこさ出来てたが今はラインをなんとか
これから先 また何か出てくるのかい?

保育園に迎えに行った時
爺が廊下や玄関で保育士や他の保護者と出会う時
挨拶し何がしかの会話を交わすことになる
門を出てから4歳児が言った
「 お爺ちゃんお話しちてありがとうございまちゅと言うの○○○ちゃんちゅき 」
笑ってしまう 子供心に爺が尊敬する先生や他の保護者とちゃんと
会話できることに誇らしいものを感じるのか?
あるいはありがとうを言う姿勢が謙虚に見えてそれが子供心に好もしいのか?
何ゆえかは分からないが
爺の振る舞いを好もしく思ってくれてることは疑いないので嬉しいことこの上なし

部屋で遊んでる時 ぬいぐるみがいくつも散らばることになりがち
Magoomoide2
爺が 「 たくさん護美あるなぁ~ 」
すかさず 「 ごみじゃないよ○○○ちゃんのなんとかちゃんだよ~ 」
それからしばらく静になったと思ったら部屋の隅で声を出さずに泣いてる
「 ○○○さんどうしたの?どうして泣いてるの?」
「 おじいちゃん ごみといったごみじゃないもん 」
「 ごめんごめんお爺ちゃん悪かった冗談だよ あれ可愛いねぇ 」

一歳児は四歳児に何かにつけまとわり付くが 
時に煩わしく感じて邪険にされるが 決して逆らわない抗議しない
やられてもやられても姉に慕って行く
Magoomoide5
おもしろいことがいっぱい 次から次と意外な体験と新発見
自分の子育て時代をすっかり忘れてる
子供は3歳までに親孝行を済ませてしまうと言うが
同時に祖父母孝行もしてくれてるのだ

« 春一番 | トップページ | 深瀬の木偶廻し »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 春一番 | トップページ | 深瀬の木偶廻し »