無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 房咲き水仙 | トップページ | ツバキ »

2017/12/12

ピアノ

娘の滞在は一ヶ月半過ぎて折り返し地点
あと年末年始を越えて一月いっぱい頑張らねばならない
最初の一ヶ月は おもしろくて面白くてたまらんほどだったが
新生児が加わったこともあって そろそろしんどい思いが湧いてくる
幼児との付き合いは楽しいが
やはり自分の自由をかなり奪われる 第一に本が読めない
しかしもう長の滞在もこれで最後だろうと思うから
貴重な時間なのだと自分に言い聞かせ頑張るのみ
吾は新生児にはほとんど構えないと言うか構いたくない
首が座るまでは触るのがおっかない
ピアノとスイミング教室は吾の担当

ピアノのレッスン 当初は一旦家に帰り
着替えてから行ってたが             この頃は幼稚園から直行
Piano
大宮でも二三回教室に同行したことあるが
指の運動とか鍵盤の叩き方の練習を見てたが
今曲も弾く 〔 大きな栗の木の下で 〕 や 〔 ゾウさん 〕 をけっこうそれらしく演奏するが
びっくりしたことには 譜面がほとんど読めないと言うこと
ドレミファソラシドの の位置を知ってない
こちらの先生が仰るには
音符からじゃなくて音から音楽に親しんでいくという教え方らしい
しかしながら音符を読まねばならない段階に至ってると言われる
そこで保護者がすなわちここでは爺が
音符カードを用意して家でも教えなきゃいけないと言う話に
そこで段ボールをカットし手書きで作った
ところがこれで覚えさせるのが意外と難しい
本人があまりやりたがらない
考えて言い当てるのが面倒なのだろう
Piano2
              たまたま生噛り用の銀杏がポケットに有ったので
ボール紙に五線を引いて銀杏を置いて音を当てさせたらおもしろがった
   そこで遊びで使ってたおはじきも加えたら けっこう根気が続くので
            この分だとすぐに間を置かず当てるようになりそう

これが内孫だったらな!と思いつつ
 

« 房咲き水仙 | トップページ | ツバキ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ:

« 房咲き水仙 | トップページ | ツバキ »