無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 餅つき | トップページ | 大晦日 »

2017/12/30

よくある話?

それともあまりない珍しいケース?
息子がこの春9年勤めた会社を退職し 別の会社に就職した
辞めたと聞いた時 なんと早まった事をと思ったが
大人だ 自分の人生 一言も言いはしなかった
いぇ一言だけ言った
「 今のとこ銀行から金借りれる会社だった 転職しても銀行がさっと金貸してくれる会社の方がいいぞ なぜならこの築75年の古い家維持して行くも壊してこぎれいな家を建てるもお前の甲斐性だ金かかるぞ 父はこれを改築改築して維持してくるしか力無かったが それでもけっこう 建てるほどかかったぞ 」
「 分かってるよ 」
けっこう長い間息子は会社で所属の仲間と暮に で餅つきをしてた
辞めたらその付き合い無くなると思ってたが
今年もやると言ったのは先月初め頃か?
本当かい?と思ってたが実行されたのだった
Ootosi1
全く同じメンバー 子供連れて昨年暮れ同様の規模
皆気持ちの良い連中で
吾に対しても相変わらずで  例年の如くの状況
よくある話 そんなものか?

やんちゃ盛りの二歳児が家族の睦み合いに邪魔で無いことも無いような様子
よし爺が引き受けたと  加賀の千代尼忌所縁の    兎がお詣りした
車に乗せて連れ出す   聖興寺のお墓にお参り    足跡があった
Ootosi2
墓地への   大きな聖興寺さんの真ん前に     正月飾り用の梅の枝と
アプローチ   門番然とした うちの小さい墓    青竹を伐りに

あまり寒くないので人の居ない伸びやかな自然を居場所に
二歳児とカップヌードルを食べようと準備して来たのだが
眠ってたので実行できず仕舞
頃は良し  に帰り着いたら餅つきが終わってた

夕方から家族皆でバ^ー^ベキュ^ー^パ^ー^ティ^ー^
みんな気楽に愉しくやってるが
薪ストーブが焚かれてるし
灯油ストーブもあり結好だが       隅っこに捨て置かれた0歳児と
Ootosi
                                                         爺は食い物にあり付けない
5歳児はまずまず世の中の危険は承知してるが
熱いことの危険を未だ知らず動き回る二歳児の安全確保に
追いかけ回ってなきゃいけない こらっ!こらっと言いながら
少し摘み上げ食べても味わう余裕がない 食べた気がしない
お前ら子供を年寄りに任せて気楽を決め込んでるが
ストーブの煙突に触れて火傷したらどうする!
灯油ストーブ点けときゃ暖かいだろ しかし大変危険なんだぞ
と声を出さないで怒鳴り続けてた 

« 餅つき | トップページ | 大晦日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくある話?:

« 餅つき | トップページ | 大晦日 »