無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« チューリップ | トップページ | 終日雨 »

2018/04/23

サクランボ

知人から電話があり

「 山口さん桜の木移植できる?」
「 小さいのなら出来るよ 時期的には今いいんじゃない 」
「 娘が家建てたんだけどサクランボの木 持って行きたいと言うのよ 」
「 分かったスコップと荒縄持って行くわ 」

「 これはでかい 俺の手に負えないわ 業者に頼むしかないよ 」
Sakuranbo1
「 たくさん実生ってるなぁ ! 食べられるほど大きくなるのかい 」
「 子供が小さい頃食べてたのよ でもあっと言う間に に食べられてしまうわ」
「 そうだよな 実ものは の取り合いだ連中も食べ頃知ってるからね 」
「 これ娘が幼稚園入った時 市から貰った記念樹なのよ 」
「 そうだろう年数経ってるよ専門家でもこれを動かすには機械使うんじゃない 」
「 まだ小さい木と思ったがね 」
「 娘さんの幼稚園云々ということなら かなり経ってる訳だ 杉の木だって30年経てば建材に使えるだろ 」
「 そうね それくらい経ってるね 」

一見しただけで動かす気は失せたが実成りが素晴らしいので
せめて ” ひこ生え ” か ” 根走り ” でも採れないかと観たがほとんど無い
それで根瘤みたいとこが分離出来そうだったので
鋸で切り取ったらほんの僅か小さい根が二筋付いてる状態で採れた

それをすぐに水に濡らして新築の家に持って行ったが
なんとなんと今日引き渡しの日だと言う
玄関アプローチ付近でここが良いか?あそこかと検討してる
新品の家に危なっかしい苗を 目立つ所に植えて
日々枯れて行っては縁起良くないと思ったし
娘さんのサクランボに執着する気分は弱くないと見えるし
業者に頼んで木その物を移植することも検討する気配も見えたし
一旦私が持ち帰って活着するか経過を見て
大丈夫だったら再び持ってきてあげると言い持ち帰った
あまり直射日光の当たらないとこに
支柱を立てしっかり植えた
Sakuranbo2
伐り取った部分は台木であって             実の生ってる枝で
成長しても実が生らないかも知れない    10本ほど穂木にルートン着け
                   挿したのが数年経って渡せれば良いが!
                                       どうなるか

« チューリップ | トップページ | 終日雨 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクランボ:

« チューリップ | トップページ | 終日雨 »