無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ルドヴィト・カンタ | トップページ | 夏ツバキ »

2018/06/25

梅もぎ

梅雨なのに 降らない

山に梅もぎに行く
息子が手伝ってくれて                    今年は生り年
Ume4
                              必要十分に採れた ・・・
のは良いが ・・・ いつものことだが
採れれば良し 採れなきゃそれでも仕方ない
たまに下草刈りはするが 消毒肥料一切しないので きれいなの少ない
かなり選別するので効率悪い
そばかすの多いのやら 過度に赤いの   いびつなのは梅酒用かな?
Ume3
        虫喰いも多い   ゼリー状の物が内部から出てるのも
                            これは捨てるしかない

栗は今小さい実を付けた所
Ume5
例年通り そこそこ採れそう

家内が の庭が混み過ぎると言い  強く主張し
ミョウガを全部掘り出して果樹畑に持ってきて植えたUme2
庭にミョウガというのも 変でないこともない
山に持って来るのは まぁ悪いことではない
しかしながら植え込む時
なんと藪ミョウガが混じってるではないか
「 これ藪ミョウガじゃないか
「 こいでから ちょっと違うと気付いたのよ 」
「 うっかり混じってるということは二本以上むしってるのだろ 」
「 いいがいね まだ有ったし また増えるでしょ 」
「 そりゃそうだが気を付けろよ 似てないこともないけど全く別物だよ 」 
 

« ルドヴィト・カンタ | トップページ | 夏ツバキ »

果樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅もぎ:

« ルドヴィト・カンタ | トップページ | 夏ツバキ »