無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 土木作業初日 | トップページ | 食用菊 »

2018/11/04

土木工事二日目

終日快晴

平地でもケヤキやトウカエデの街路樹は見頃だが
Futukame1

山はまだ紅葉と言えるまでに至ってない
Futukame2
                     標高141mの卯辰山も 未だし ➡
           せっかくの自然や建築物に電線電柱の醜いこと甚だし
                          吾は電線電柱を心底憎む

工事は順調 勿論吾は技術的なことには役立たず タッチできないが
土砂運搬に関しては合格らしい
Futukame
                           運搬以外時折交通整理 ➡
                    旗振りさせられるのは ちょっと問題
一方通行の路地に入って来る車に優先通行を旗で示し
作業してる人に車が来たことを知らせる
細い道だがけっこう     多い
その内吾に気付く人が現れるかも
「 あ~あいつこんなとこで仕事しとる 」
「 あの人○○さんじゃない 」
「 遊ぶ事しか考えないと言ってたがお金無くなったか一所懸命稼いどる 」
停まって話しかけてくれればむしろ良いのだが ・・・

« 土木作業初日 | トップページ | 食用菊 »

日記」カテゴリの記事

コメント

人材派遣会社をやっている友人から、時々SOSの声がかかります。
印象深い仕事
その① 能美市市長選挙の立候補者のチラシのポスティング。寒風の中、初めはトロトロとやっていたが、「小学生の頃は学級委員だった」という本性が頭をもたげ、日を重ねるうちに事務所の責任者が「この人が儂に指図するがです!」と言うほどになった。
その② 東京の私大の地方入試で会場案内の仕事ということであったが、寒風吹くT字路で、→を書いたプラカードを持って立たされた。大勢受験生が通るなら張り切ってご案内するのだけど、1時間半ほとんど受験生は来ず、二度としたくない仕事であった。
その③ 金沢駅周辺の通行人の調査。私が割当てられたのは音楽堂への通路。ちょうどOEKの定期演奏会の日。まず朝は事務所の人たちが出勤。「ねこさん、朝から何してるの?」「貧乏したのでバイトです」。お昼過ぎには楽団員が出てくる。「ねこさん、こんなところで何してるのですか?」「本業が不景気なのでバイトです」。夕方には演奏会を聴きに来たお客が通る。「ねこさん・・・」「本業が儲からないので・・」
以上、今となっては懐かしい思い出です。

楽しい事は言うに及ばずつらかった事でも過ぎてしまえば懐かしい想い出
過去はすべて経験として自分の栄養になってるかも
たしかに何事からも学ぶことは有るもんですね
それにしても姫様にもそんな経験がおありとは びっくり
人材派遣も会社社長も同じ 人事を割り振る人が行き詰まった時の戸惑い 苦慮は
並みの使われることしか知らない人間には想像の他でしょう
誰にでも手あたり次第相談持ちかける 気持ちは分かるし
聞いたら何とかしてあげたいものだと思うのも人情ですね
ねこ様の行動範囲の広いことにたまげてます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土木工事二日目:

« 土木作業初日 | トップページ | 食用菊 »