無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 初雪 | トップページ | 黄花マーガレット »

2018/12/16

禅寺丸

柿の木が地際7・8cmの所で切られてる
Zenjimaru
4・5年前に植え 去年初生りした禅寺丸
今年は見事に30個以上も生ったが
半分渋みがあって 完全な甘柿とは言えないのだった
先月家内とこの柿の木で会話したことがある
「 あんた これ食べてみた? かかりあるね ( 当地の言い方で一部渋みのあること )
「 食べたよ たしかに 完全に甘柿とは言えないな 甘いのもあるが半分渋かったり厚皮の分部が渋かったり 要するに白いとこが渋いんだな 胡麻の入った黒い部分は甘いわ 」
「 柿はやはり次郎が一番 こんなの倒して新しいの植えよう 」
「 まだ初生りして二年目だよ もう少し年数経たないと分からないよ 」

なんと旅から帰ったら切り倒されてる
あったまくる 早々と 人の植えた物を よく切れるもんだ
先頃吾が渋柿大木倒したから この際いいと思ったのかい
あれは20年以上も迷ってた木だ
吊るしにするにも粒が小さい 倒す理由があるのだ
禅寺丸は不完全とは言え甘柿に間違いないのだ
買った時は知らなくて あとで調べて分ったことだが
元々日本には渋柿しかなく 柿は吊しで食べるものだったのが
平安時代武蔵の国光ヶ谷戸 ( 今の川崎市麻生区 ) 王禅寺の山で
偶然に発見され近在に普及されていった柿なのだった
日本初の甘柿品種であり
国の登録記念物に指定されてるそう

来春新芽が立ち上がってきたら 囲いをしてそれを育てよう
それにしても見事に育ってたものを早々と切るなんて
ほんといやな奴だ 庭木も果樹も俺の領域だろ
俺にブレーキを掛けることしかしない女
下げマンは死ななきゃどうにもならん

渋柿だっていいじゃないか
甘でも渋でもいい 遊びでいいんだ!
今年驚いたことには
不完全甘柿でも大丈夫と言う友人に
禅寺丸ではないが “ かかりある “ と言い20個ほどあげた
そしたらこうすれば良いのだと言い後日完成品をくれた
それは不完全甘柿を皮剥いて細かく刻み天日干しした物
とても甘い菓子になるのだった
Zenjimaru2
まことに甘い 噛み応えほの柔らかく肉質均一 とても良い
晴れたら干す
雨が続いたら室内で除湿器
何も手間暇はかからないと 友人は言う

« 初雪 | トップページ | 黄花マーガレット »

果樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅寺丸:

« 初雪 | トップページ | 黄花マーガレット »