無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023/05/31

息子

我家の後継者は猫可愛がりに夢中で 困ったものだ

嫁さん連れてくる気配はない 😼に癒されて充足してる様子

夕方茶の間の私に 真顔で 「 お父さん 仏間へはやく~ 速く 」

何だろう❓仏間に急ぐ用事有ろうとは思えないが行ったら

アンクが窓辺で立ったり座ったりしながら 奇妙な声を発してる 言葉の様な鳴き方

外を見ると 大きな他所の猫がこちらを見 歩いたり留まり振り返ったり

「 明らかに話しかけてるね 鳴き方全然違う 」

「 お前🏠😼主義だが 友達欲しいんだよ 🏠に閉じ込め虐待してるんだ 」

「 仕方ないよ 足にウィルス付けて来る可能性あるから 」

「 先代アンクは出入り自由してたよ 」

「 入る時 足洗って入ればいいんだがな 」

Nya

先頃 大宮への手紙に                                        息子は印肉でアンクの足型を付けてる ⤴

「 お前もたまに 姪甥に手紙書けよ 爺のに同封するから」

「 分った書く 爺婆は褒め言葉しか書けないから 俺 厳しく書こう 」

「 おぉ それが良い 頼むわ 」

息子は 姪甥を よく可愛がるが これまた猫交わり

先月末頃 初めて😼に リード付けた

猫は 大分違和感あるようで 地を這いろくに進まない 用心に用心らしい匍匐前進

Nya3

大宮が 金沢来るのに 猫が居ることが 大きな魅力

息子は チビ共のために準備してたのだった

連休時チビ三人猫の存在が共通の関心事 仲良しになったり 取り合いになったり

Nya2

息子は😼好き姪甥を味方と心得てる                    「 コンクリのとこだけ歩かせるんだ

                                                                             泥や草のとこ絶対 だめだよ」

「 お前 猫より 女の子の方が よほど可愛がり甲斐あるぞ 」二度ならず言ったもんだが❗

2023/05/30

ナス

茄子に支柱を施す

Nasu100

” 茄子の花と親の意見は百に一つも無駄がない ” との言いがあるが 花咲き始め蕾もいっぱい

吾は親の意見を聞いてきたかな・・・❓

自分を過信し過ぎ・・・甲斐性ない人生送ってしまった

 

移植後のユスラウメが しっかり根付いて 勢いを付け始め

今年はユスラウメ酒を作れるかも知れない

Nasu13

 

ジューヌベリーも実り始めてる こちらも豊作の様子

Nasu12

        これは鳥が好むから収穫タイミング難しい

 

先日 知人から又貰いで頂戴した かき餅

今日 材料の明細が分った しっかり観てなかったことに気付かされ 反省

実は多種類有ったのだった  ゴマと観てたのがキビ ヒエとしたのが粟だったのだ

これらは何だろう❓

Nasu17

紫芋やヨモギの他にピーナッツ キビ 黒砂糖 豆 粟の七種類だそう

能登のお人で インターネットで種を仕入れてるそう

彼の地でも こんな事してる人は居ない とてもチャレンジャーな御仁と説明された

なんともはや オタク性の無い 吾の様な底の浅い人間の推し量れる事じゃないと知らしめられた 

2023/05/29

恵の雨

水瓶に黄砂を入れないように 竹樋で雨水を 外に逃がし

しっかり大気から屋根が綺麗になって後 樋を外して 雨水を甕に溜める

それを実行するのはけっこう面倒もそうだが タイミングうっかりする場合が多い

今回それを 着実にやれた

Tar

                 すっかり澄んでて底まで くっきり 🙌 毎回 こう行かないのが現実だが・・・

 

イオンシネマで 映画 〔 ター 〕を観た

実話に基づいた映画と聞いて 観たいと思ったのだが   本当の話だろうか❓

Tar2

ベルリンフィルの指揮者 女性 リディア・ターは 作曲家としても稀有な天才音楽家

マエストロが 栄光の座から その音に敏感過ぎる異常性から凋落していく物語

俳優ケイト・ブランシェットは まさに本人であると錯覚させられる

ストーリー展開が 難しくてよく分らないが 何となく魅かれて緊張しながら観たが

結局何も分からなかった

彼女がレスビアンであることと 彼女の美意識で厳しく音楽が作られてくリハーサルの様子を覗いたのみ

音の美しさが分り 違いが判り 音楽史 音楽界に精通した人じゃないと理解出来ない映画

好きなだけで どんな音楽もBGMでしかない 違いの分からない吾には難し過ぎた

リハーサル時 大曲の一部が 時々ほんの数分連続演奏される時のみ

あぁフルオーケストラの生演奏を聴きたいな!と思うだけで終ってしまった

もう一度観てみたいと惹かれるものはある

音楽家に限らず美術関係もそうだが 芸術家と言われる人種は 半分普通じゃないのが多い

作品に感嘆し愉しませてもらうが

そこそこの才能には接触も悪くないが 天才の お近付にはなりたくないもんだ (>_<)

2023/05/28

八重ドクダミ

八重ドクダミを頂戴した友達の家に行った時 見事に八重ドクダミが繁茂してるのを見て

羨ましいと思い 🏠に 八重ドクダミが増え始めてから 八重のみにしようと 一時考えたが

ある時 まてよ一重の頼りないような 清楚な姿のゆえに ドクダミを昔から好きだったことに気付き

今は両方共存することを むしろ嬉しく思ってる

Yaedoku

それにしても やはり八重咲は見てて 思わず笑んでしまうような面白さがある

Yaedoku2

どうして八重になるのか分らないが 八重の方には 必ず 色がまばらで形がいびつなような

変な咲き方をしてるのがある それはそれで魅力的だが 八重が出来る何かのヒントが隠されてるのだろうが

植物オタクになるほどの 祝着力と言うか 集中力 熱心力が無いので 表面の面白さのみを愛す

 

又貰いになるが知人が かき餅くれた

蓬や普通のかき餅には驚かないし 紫芋入りとゴマにも へぇ~ありがとうで済むのだが

稗餅にはびっくり仰天 こんな物食材にする人居るんか❓とほんとに驚いた

Yaedoku4

正確な知識ではないが どうせ家内や息子は知ってるはず無いから ハッタリ言ってもOKと

「 これは貴重な物だ 紫芋は初めて見るしゴマ入りも食べたことないが驚くほどのことはない

しかし ” ヒエ ” 入り これはすごいぞ こんな物食材にするなんてのは

食関係の学者か研究者しか試みる者は居ないだろ

稲作は縄文時代に中国から伝わってきたが それ以前の日本列島ではヒエも重要な食材だったんだよ

こんなもの餅に入れる人普通の人じゃないと思うわ 」

家内も息子も 吾の言うこと疑わないから へぇ~と言いながら3分割の稗餅を味わった

吾の言いは 当らずとも遠からずと思ってるが どうなんだろう❓

今の日本で普通に使ってるとこ あるのだろうか❓

あるいは江戸明治辺りまでは食材の一つだったのかな❓

2023/05/27

中宮道

白山手取川がユネスコ世界ジオパーク認定のニュースがあって

新聞に日本のユネスコ認定の10ヶ所程の地図が乗ってて

息子が 「 お父さん これ全部行ってるんじゃない❓」

「 あっちこっち行ってるが 名城や名山 何でもその全部ってのは無いもんだ 」

と言いつつ その地図を見たら・・・

「 あぁ行ってるわ 北海道のアポイ岳も登ってるし 全部行ってるなぁ・・・」

「 やっぱり すごいなぁ 父さんそれ遊び過ぎだよ 」

息子は笑いながら言ってくれるが 何やら気後れする気分

「 ジオパークは範囲が広いから その一部でも行ったら行ったと言えるかどうか❓ 日本のジオパークでと言ったら行ってないとこ いっぱいあるよ 」

何やら恥かしい気持ちで

「  旅してて ダムと 滝 ジオパーク の看板見たら つい立ち寄ることになるな 岬と灯台もだな 」

「 人の居ないとこばかりと言えるかな (´∀`) 」

 

ジオパークの記事に魅かれた訳でもないが 中宮道が開通したニュースを最近知って

今日走ったら 工事で片側通行の所が いくつかあるが白山スーパー林道中宮料金所まで行けた

Chugu30

手前のビジターセンターもけっこう人居たし 車も多いと云う程ではないが けっこう入ってた

 

川の水が全く濁ってない                          新緑もかなり落ち着いて来て緑が深くなってる

Chugu4

 

珍しい木 レンズで撮ったら クマヤナギと出たが 蔓性ではないから違うみたい

Chugu201

観賞価値充分 しっかり名前を調べたいものだ

 

フタリシズカだと思うが 3本 4本たってるのがいっぱい   二人静は やはり二本が好ましい

Chugu3

医王山系で見るのは 優しい楚々とした雰囲気だが ここのは逞しく力強い表情

栄養の問題か 環境のせいか❓ 力強い感じも悪くはない

植物好きを自認するが 知らない事ばかり

 

西山の高山植物園は まだ開放の日日の看板も無かったが

そこでも 車5・6台と遭遇

スーパー林道は 6月6日岐阜まで全線開通するそう

ホワイトロードの名称は好きでない スーパー林道が好き

2023/05/26

転移認められず

昨日 行き付けのクリニックで 6回目コロナワクチン接種

Byoin2

初回から4回まで 副反応らしきは感じられず ほんとに射したのかい❓と思う程だったが

前回 5回目は 筋肉痛と言うか ダルさが翌日一日あったが まぁ大したことなかったのに

今回は昨夜からけっこうしんどい 横になるのも辛ければ 寝返りも体の節々が痛い

起る時は ゆっくり体を捩じるようにせざるを得ない

何故 回を重ねてから こんなに違うのか❓

まぁしんどいのは抗体を一生懸命作ってる証拠だと 自分に納得させる

最近体調良くなる傾向を実感し始めてるのに ワクチン副反応は逆にきつくなってる

分らないもんだ ともかく専門家に任せるしかない

 

今日は手術後の 経過観察検診 血液検査と造影剤CT撮影

Byouin

転移認められないと言われ やれやれほっ!

昨日のワクチン接種後 昨夜から筋肉痛のような感じが全身にあって 起き伏しがしんどい

ワクチンのせいだと思いながらも 体調が優れないと いろんな悪い想像をして気持ちが暗くなりがち

画像を見せられ 転移無しと言われて ようやく安堵

2023/05/25

カラー

サトイモ科 オランダカイウ属 オランダカイウが正式名だそうだが

通称カイウ 海芋とカラーと呼ばれる

Kaiu

込み合い過ぎて 花数が少ない感じだが 次から次とけっこう長期に切り花に出来る

Kaiu2

白い星斑の葉も鑑賞に値する 虫喰いが早いのが難だが 喰われない内に切り取れば良し

2023/05/24

好天

                              終日青空

Bassai10

 

天気良いし 梅の時期を迎え 山の果樹畑の下草刈り

Bassai6

 

柚子の木 太い株元から30cm程で二又に別れてるが

右に立ち上がってる 枝には 未だかって実が生ったこと無い

二又で伐り落し 姿勢は良くないが よく生る左幹を 徐々に押し上げようと考えてた所

Bassai13

                                                  今年初めて花が咲いた ⤴ けっこうな数

生らないと伐り落すと言ったのが 聞こえたものと思われる

脅したら生る 脅さなきゃ生らないようではいかん 今後の結果を吟味すべし

 

胡桃が確実に成長                                     アサツキ

Bassai11

 

月初め連休時に 大宮一家が 旅の途中で求めた ワサビの大きな根っこをお土産に持って来た

それを 摺り下ろし賞味したあと カップに入れて置いたのが芽を出してきた

今日それをタケノコ山の下の水気の多いとこに定植した

大宮に芽出しの経過をラインで画像を送り 折々話題を提供してくれたものだが

これからどう展開するか しないか❓

以前オカワサビを植えたのが徐々に増えて来て 今年初めて採集出来たのだが

そこに本ワサビの芽が参加して どう生きていくか 根付けるか❓

2023/05/23

スイカズラ

吸い葛が旬  ” 吸い葛 ” は花筒の付け根から蜜を吸えることからの命名だそう

黄色と白色の花が咲くので 一名 金銀花

Wikipedia には白色から黄色に変化すると書かれてるが 蕾からすでに黄色は黄色白は白い 

Kingin

お隣との境界に植わってるが 伝い昇る所が無いので 寝そべるばかりなのを

紐で近くのタラヨウに誘引したが 思うように伸びてくれず もたもたの状態

Kingin3

 

昨日は一日 黄砂でどんより大気が濁ってたが 今日はお日様も顔を見せて良い日だった

2023/05/22

ペンステモン

〔 レンズ 〕で調べて オオバコ科 イワブクロ属 ペンステモン・ジギタリス❓

Penstemon

昨年も取り上げてるのに 名前を想い出せず 再度調べて 判明

Penstemon2

この種の いかにも栽培草花ってのは 積極的に好むのではないが

草丈1m程 豊かな袋状の花 銅葉に近いような紫がかった葉脈に ゆかしいものを感じる

立派な草姿

2023/05/21

無謀かも知れない事

昨年金箔製造に携わる伝統工芸士のご近所さんから言われた

「 〇〇さん あんたんとこに渋柿無いかね❓」

「有りますよ 毎年吊し柿する程度ですがね 」

「 吊し柿どれくらい作るんですか ❓」

「 遊びですからね せいぜい30個 やる気出した年は50個位がとこですわ 」

「 余るほど有ったらもらえないですかね ❓」

「 あぁいいですよ 菜園に渋柿一本有るから 20個30個程度ならもいでけばいいですよ 」

「 実は金箔製造の過程で柿渋が必要なのだが 今までの所から入手出来なくなりそうで困ってるんだが どんな 渋柿でも良い柿渋採れるとは限らないんですわ けっこう沢山要るんですわ 」

「 沢山ですか!昔ならともかく 山は放ったらかしで 山林になってるから・・・どれ位要るんですか❓」

「 ミカン箱に二箱ほど欲しいんです 」

「 あぁその程度なら有りますよ 菜園で足りなかったら山に行けば採れるよ 」

「 一人前の大きさになったのじゃないんで ミカン箱と言っても けっこうな数なんですゴルフボール位の大きさで採るんでね 」

「 ・・・そんな小さいので・・・ とりあえず採れるのがあるので使えるかどうか採って来ましょう 」

「 念のために私も観たいので 連れてって下さい 」

と云う訳で 山に お連れしたところ

「 丁度良い大きさだし量的にはこれだけ有れば足りるが こんなすごい薮の中どうして採るの❓自分で


もがせてもらおうと思ってたが とても無理だなぁ 」

「 街の人はそうでしょうね 私が採るから心配無用 二三日中に届けたげますよ 」

後日 「 〇〇さん あんたんとこので 最上の柿渋摂れたんですわ もしかしたら来年またお願いするかも知れませんが どうでしょうね 」

「 あの程度ので良かったら いいですよ 」と応えたのだった

 

あまりに酷い薮なので また頼まれたら提供出来るように日当たり良くしなきゃと

柿の木の脇のヒノキや杉の枝を落としとこうと思いながら実行してないのを今日実施

Bassai9

病気する前の元気な時なら どって事無い作業だが 去年もそうだったが体力的にいまいち不安

作業は よほど気を付けてやらないと 樹上で体力消耗したりしたら えらいこと

高い所に登って ビビりながらスマホでこれから切り落とす足下の枝々をパチリ 見下ろす地上の景色は平和

Bassai5

知人が私の作業を撮ってくれてたので 早速に送ってもらった

Bassai4

ざっと数えたら切り口が40個見える 反対側は 日当たり悪い林中なので枝は細いし数も少ないので

総数としては 落とした枝は 60本位になろう

この際 柿渋頼まれるかどうかはともかく 左脇の杉の木も1・2本近い内に明るくすべきだな!

2023/05/20

変化

先の雨が土を柔らかくしてるので 胡瓜の棚 トマトの支柱を完成

Handopan

 

夕方松任の楽器店 〔 ポンポロプー 〕での佐藤裕一さんの演奏会に行く

Handopan2

佐藤裕一さんはドラムが ” 本職 ” だが ハンドパンの演奏にも力を入れてる様子

佐藤裕一さん作曲になる演奏が主だったが

種池有美子さんのフルートと上田智子さんのハープを加えての演奏もあって

久し振りに 何も考えず音に脳味噌を委ねて精神のすべてを開放した時間が持てた

 

家に帰り📺を点けたら ゼレンスキーウクライナ大統領の訪日の映像が

Handopan5-2

世界が良い方向に動き始める契機が広島から始まるか❓

民主主義を是としない国も多いし 経済を優先しロシア中国と友好関係保つ国も少なくないので

ますます世界は分断を深くし混乱する方向に進むのか❓予断出来ない

爆弾で一般の人が殺される事態だけは 早急に終らせる方策を見付けてほしい

核爆弾を使用するような事態にならないことを祈る

ロシアのみならず 核を手に入れた指導者が核を使用したら

攻撃された側が核で反撃しないで済まされようか❓

目が離せない国際情勢

2023/05/19

今日は午前中の千寿閣は雨

Ame201

ヤマボウシが旬

Ame200

 

広島にG7のトップとEUの代表が集まり 原爆平和記念資料館を訪れた

想像を超えるイベントが実現  起こり得ない事が起きた感じ

Ame202

これから国連の機関やグローバルサウス ASEANの主要国も集まり会合を持つ

ゼレンスキーウクライナ大統領の訪日も報じられてる

全く体制の違う中国やロシアに対し どう云う付き合い方が話し合われるのだろう❓

専制主義と民主主義のせめぎ合いだ せめぎ合い・・・殺し合いと言うのか!

今時 爆弾で人々を殺す

大衆の意見を聞かず領土拡張を試みる

とんでもない野蛮な大国があるもんだ

人類の科学技術は高度に進歩してるが

闘争本能  人間の動物としての質は進歩してない

いまだに弱肉強食の原始時代哺乳動物としての進化の初期段階から発達してない

民主主義国が一枚岩になって 自由を守るしかない

暴力では最終的勝利が得られないことを知らしめるしか とる手段は無いらしい

2023/05/18

ヒルザキツキミソウ

琉球月見草と覚えてるが 正式名はヒルザキツキミソウ 昼咲月見草だそう

アカバナ科 マツヨイグサ属は同じだが 当地の山野にある夕方から夜間に咲くのと違い

こちらは昼間も 咲いてる

Ryukyu

なるべく広がらないようにしてて 生っても虫食いで汚くて食べたためしがなく

倒してしまおうと思ってるネクタリンの株の周囲に限定してるが

囲みの半分は真っ盛り あと半分はまだ蕾状態 クッキリ半円づつに分かれてるのは何故だろう❓

Ryukyu2

蕾や花の形は 当地の月見草と似てるが 草丈は低く 3・40センチ以下

繁殖力がもの凄い

 

昨秋 ホワイトリカ^-^に浸けたカリン 果実酒花梨酒を半年経って一瓶引き上げた

Ryukyu3

薬効として喘息 喉の荒れや咳止めに良いとされてるので 吾には必要無いが

酸味がほど良く 香りがなんとも良い 😋

2023/05/17

シラン

紫蘭が旬  ラン科 シラン属 宮崎日向には自生してると書かれてる

Siran

           白花もシラン

Siran2

白花は全てそうなのかは知らないが うちの白花は全て多少はともかく白斑が入ってる

7・8年前に知人から貰ったものだが 長らく増えなかったが 最近地に馴染んだか 増えだし 今10株程に

2023/05/16

斑入りフキ

野ブキのシーズン到来

庭の斑入りの蕗が大きくなってるので 初収穫

Fuirifuki

今刈ると 小さいのがまた育つ                                       野の味

Fuirifuki2

 

先頃9日に 雪融け間もない医王山で まだ小さい野ブキを採ったのだった

Fuirifuki3

 

  柔毛が生えてるような幼い葉茎諸共               フキ味噌和え ほろ苦くて乙な味 春の味

Fuirifuki5

                                                        煮浸しの方が苦味がよろしい

                                                                      

2023/05/15

那須国造碑

     なすのくにのみやっこひ

 先月の東北の旅で 宮司不在で拝見出来なかった

今回は電話し 宮司が居られることを確認して訪れた

拝見は出来たが 📷撮影は禁止

宮司が神殿の鍵を開け 暖簾を開いて中に入って

「 どうぞ ご覧下さい 」

宮司のあとに付いて足を神殿の中に踏み込んだら

「 中入ってはいけません 」

「 あ すみません 写真撮ってもいいですか ❓」

「御神体だからだめです 」

「 あぁそうでしたね 」

文字は せいぜい1.5センチ角と小さいものだが ゆっくり拝見できた 概ね意味は取れるが

先月の空振り訪問に終わった時の記事に 辞令みたい物 と書いたが 

吾の誤解だった 書道史上日本三古碑とされてる 他の二点 多胡碑 多賀城碑は辞令みたい物だが

那須国造碑は今で言えば県知事のような立場に大和政権から任命された人物の

息子が亡き父の事績を称揚し 子孫に至るまで父の名誉を汚さないよう精進すると言ってる

15niti6

多胡碑も多賀城碑も風化しやすい砂岩だが こちらは

御影石 硬い石に小さい文字を刻んだ当時の石工の彫る姿が偲ばれる

よくぞ こんな小さい文字が現代まで読める状態で残ったものだ まさに驚嘆すべきこと ✨

写真撮れないので 広報印刷物を🏠でスキャン 高さ約1.5m

笠石神社の名の通り 傘が載ってる

15niti5

しかしまぁ この様な碑文が神として祀られると云うのはおかしなことだ

歴史上の偉大な人物が神として祀られるのは 強い人になりたい 立派な人になりたい

人生の目標 憧れの対象として 尊敬から尊崇 そして亡くなってから神と崇めるのは理解できよう

しかし 人をその子孫が称揚する碑がご神体とは おかしなことだ

歴史資料として重要であるほどに 一般に自由に観覧できる状態にすべきと思う

 

下道は愉しい ハープを積んでるので 舗装の良さそうで山中を走る道路を選択しゆっくり走る

新緑のドライブは快適 トンネル大好き

             入口も新緑                                                  出口の向うも緑

15niti

               様々な形

15niti2

               新緑に赤色が似合う

15niti3

 

福島県只見町から新潟県魚沼市に抜けるR252 六十里越峠から田子倉ダム湖を望む

15niti4

日没前に無事家に着く

2023/05/14

山元町

加賀友禅作家の梅村正美さんの染額展もあって 大勢の人

Yamamoto30

ルドヴィト・カンタさんと仲間達の演奏会とも銘打つコンサートは 盛会

Harp-3

石川 富山県からと 宮城県での音楽家の参加も多数

シンガーソングライター 森加奈枝さん

Harp-2

宮城県のシンガーソングライター

休憩時の皆さんの声が聞こえる

「 来て良かった〜 癒されたわ❤ 」

「 大学で講師してるピアニストの高橋麻子さんの話には涙出たよ 」

震災を経験した演奏者の体験話は実に身に迫るものがあった

Harp-1

 

終ってから 吾は 近くで観光

大地の塔はすくすく伸るタケノコのイメージ

Harp-4

            浄土宗稱名寺の江戸時代亘理城下図碑を観に行ったら 図は江戸時代に書かれたものだが 巨石に刻まれたのは平成時だった

お寺の境内の巨大な椎木 樹齢700年は見応え十分

2023/05/13

宮城県山元町防災拠点

明日14日 山元町ツバメの杜ひだまりホールでの東日本大震災復興支援プロジェクトのコンサートでハープの運搬を頼まれる

Sinti8

今朝6時高速に入る 天気はイマイチ

青空は見えないが雲が薄く 切れ間から陽が射すので 明るい

時間に余裕があるので新潟で下道に降りる

国道脇に磐梯山眺望所の看板と少しの🅿が設けられてる

Sinti2

 

福島市の山間 松川町走行中 道脇に " クマガイソウ群生地 " の立看板が目に入った

これは寄らずばなるまい

すご〜い (゜o゜)

Sinti3

アメイズィング  たまげた〜

Sinti4

福島大学の調査で 総株数 3万7000

       開花株数 1万1000

同所に接して ヤマブキソウの群生も

ブラボー 🎶 ❤🎵

Sinti5

これは 医王山 北陸では見られない花

Sinti6

草丈2・30センチに 木本の山吹よりやや大きい花が 真っ黄色

ケシ科だそう

クマガイソウとヤマブキソウが二大群生だが

他にも山野草が多種

名札が付けられてるのが嬉しい

Sinti7

下道を走ると こう云うのに出会うことがある

幸運 ❤

雨が降りそうな気配の時もあったが 全行程降らず終いで良かった

2023/05/12

オルレヤ・ホワイトレース

校下公民館での催し 落語を聞きに行く

Rakugo4

負けてばかりの相撲取りが 支援者の前に 言い訳をする話と

どケチの親父が死を意識する歳頃 息子三人の誰に葬儀を任せるべきかと面接するの二題

3人を順番に呼んで葬儀をするとしたら お前どんな風にやってくれる❓と尋ねる

腹を捩じって笑った こんなに笑うことは久し振りと言うか滅多にない

手術の腹の繋目 ほどけるんじゃないかと心配するほど笑った

なるべく声出さないよう抑えるが つい出てしまう 精神衛生に良いに違いない 

家内が友達から貰ってきた レースフラワ―が 初めて咲いた

Rakugo3

 

当地の山野に繁茂してる せり科の一種

名前を知りたいと思いつつ 未だ知ることなく

センキュウだと思うが ヤブジラミかな❓ オルレヤ何とかに決して劣らない綺麗さ 💗

Rakugo

見事に白さも白い細密 繊細な花の造り     羊歯の葉のような羽状複葉

Rakugo2

シャク ヤブジラミ セントウソウ  結局 分らず仕舞 吾は万太郎のような解決するまで突き止める執念に欠ける

センキュウの仲間 セリ科は似たのが多くて分らんな~で終了

2023/05/11

四季の花協会展

今朝目覚めた窓越しに 輝く朝焼け色の気配に 良い日の出らしいと 屋根裏に上がった

ちょっと遅かったが まずまずの朝日の出                   同時に南の空に月齢20.4

Seiten7

 

コロナ禍のトンネルから出口が見えてきたようで 花展が名鉄エムザに戻って来た

いつも 正面入り口に至ると ワクワクする この花展は花材メモが置かれてるのが嬉しい

今年は嵯峨御流の 御所車が ド^~^ンと迎えてくれてる 江尻祐甫さんの 〔 花の宴 〕

 コロナ禍から脱しようとする今      景気付けに華やかこの上なし

芍薬に菖蒲 百合など盛り沢山  どっしり重厚な花の塊の上に沸き上がる五葉松と柳

Seiten73

      花展は器を観るのも愉しみだが 御所車からはすべての物の頂点がイメ^-^ジされる

 

花いっぱいの この時季 花材のメモを見ながら 活けられてる花の名を探すのが愉しい

小原流 谷内豊厚さんの大作 〔 花あわせ 〕 様々な花で 豪華極まりなし

野茨 何気ない花材が 何か特別なものに見える  サルナシは珍しい 

Seiten14

          テンナンショウが斜めに活けられて 主たる位置に対し絶妙のバランス

 

カラフルな花々を見 次の瞬間 静謐 凛とした古典のスタイル この変化に快い緊張を味わう

Seiten8

嵯峨御流の永藁智甫さんの朝鮮槙                            同流 鶴山幸司さんは 黄金ヒバ  ➨

 

池坊の高見康代さんの 〔 残春 〕は枯木の扱いが面白い

中心を成す直角に曲がった枯れ木が 正面に対して背を見せてる

Seiten9

春到来を喜ぶ楽曲演奏を指揮してる

 

寂びた風情の小さい枯れ木が 今回特に目に付いた

池坊 嶋作三枝子さん     同流 三宅敏子さんの 〔 春はブラボー 〕大山レンゲにもブラボ~ ➨

Seiten13

 

嵯峨御流の 田町弘甫さんの ハラン 

曲げの所 こういう発想はプロの仕事

Seiten160

                                      池坊 源野登志子さんの杜若 これから暑くなる折に涼しい! ➨

 

今回 面白いことが 草月流から提示

三点の作品 流派指導的立場にある人の作品と 修業中の活け手 全くの素人の作

どれが指導者の作品か❓ 決してやったらいけない活け方も有るという

どれが修業積んだ人の作か分るかどうか 分れば生花鑑賞の目利きと言えようと!

吾は 【 A 】が理事の作と観たが 結果は知ってない 吾は通かどうか❓

Seiten150

                                                 Bは挿したことないお人 (^o^)                                                                        

2023/05/10

ヨモギ

暮の餅搗きのため ヨモギ採りに医王山へ

Yomogi

ほんの10分程で 必要十分に採れて

 

あとはぶらぶら

雪残ってるとこが まだ何ヶ所かある

雪解けで現れた所に 落葉に埋れてて それと分かりにくいフキノトウが ぽつりぽつり

Yomogi3

新鮮この上なし 緑色じゃない 殆んど黄色に近いほどのピュアな感じが 嬉しい

 

コイワカガミの群落に出会う

Yomogi2

 

すぐ近くにチゴユリ  小さいので他愛ない存在のようだが

Yomogi5

                                   顔近付け 大きく見ると なかなか個性ある表情 ➨

 

小さい花序でに ヘビイチゴ 蛇が食べる訳じゃないのに迷惑な命名

Yomogi6

                                                                  竜胆に馴染みは あまり無いのだが

               草丈5センチ この際と調べたら 苔竜胆 或いは春竜胆と言うのかも知れない

 

こちらは大きい花木

アズキナシ 弾けるほどの白さに光り輝いてる

Yomogi4

                                                      対照的に地味だが 優しい ウリハダカエデ ➨

2023/05/09

テッセン

終日🌞さんさん

テッセンの一種が真っ盛り

Tessen4-2

 

菜園にマルチシートを張り 胡瓜とトマトを植付け

Tesssen5

2023/05/08

ミヤコワスレ

午前中は昨日に引き続き雨

午後から雨あがる

             都忘れが旬

Miyako3

雨滴を受けて清々しい事この上なし 都ぶりより鄙の乙女を連想する

Miyako20

 

     ***************     ***************

 

家内が IHのグリルパンを掃除し元に戻そうとして 入らない 元のように収まらないと言う

懐中電灯で内部を見るが 原因が分らない 取説読む

何度も何度も焼網 受皿の向きを変えたりすったもんだ

日立のサービスに電話で問い合わせるが 「 ただいま込み合ってます 後ほど・・・」

その内つながったが 「 家電は1番 何々は2番 ・・・シャープを押して下さい 」

ネットでも調べられる チャットで相談しますか スマホ番号にショートメールを送りラインに・・・ 」

この辺りで頭が混乱 面倒この上なし 結局繋がらず仕舞

息子が帰って来たら 相談しよう

息子が帰って来て 「 ”おそうじ” のレバー上がったままじゃないか 」➨ 解決

「 こんな事で サービスに電話する年寄りが多いから 只今混み合ってますになるんだよ 」

「 おそうじ・・・ そんなレバー有るんだ 字読まなかったよ 」

「 目に入るだろうよ 何か書いてあったら まずそれを読めば分るよ 」

「 ・・・ ありがとう ・・・」

2023/05/07

今日は終日雨

葛飾の娘を ワイパー動かしながら 新幹線始発に送ってから

町会の一斉溝掃除は7時半から

雨で中止あるいは延期になればいいな!と思いつつ帰る

時間が近付いて 集会場の方を見ると 人が集まってる

雨衣をつけ 長靴にスコップ持って参加

Doroage

                                 羊歯は溝の中でも 美形 ちょっと毟り取るに忍びない

 

栴檀草 通称引っ付き虫がこの辺ではもの凄く大きく育つので

これは毟るのに 瞬時の躊躇いもないが                       

Doroage2

                                                            イネ科の なんとかガヤ なんとかスゲ ➨

                                                     オオバコ マンネングサ等は毟るのに抵抗無い

泥上は 流れをスムーズにするためで主に泥や小砂利を除くのだが

雑草の類も けっこう流れを妨げるが まだ小さくて毟るのは困難

牧野富太郎博士には すべてが出自と名前を持っており 雑草は無いのだが

ひろ太郎博士と からかわれることも無いではない吾だが 不要な草はやはり雑草

 

大宮が来る前に 雨水を溜める瓶を清掃しといたら とても綺麗 底の底まで見える

Doroage3

鉢植えや 菜園にやる水は汚れてても構わないのかも知れないが綺麗な方が気持ちが良い

しかし好天が続いたあとは瓦の埃を集め とても汚いので 降り始めは甕から外し

半日ほど降ってから溜めれば良いのだが なかなかそれを実行するのは難しいもんだ

地震被災地には 雨は災難の上に災難だが・・・

2023/05/06

連休6日

葛飾の娘が 箔座に行きたいと言う

Choujo4

目的の物が手に入ったらしい

 

「 どこでも行きたいとこ 走るよ 」

「 別に行きたいとこ無いよ お父さん走りたいんでしょ どこでも走ったら 」

「 県外ならともかく県内で走りたいとこ無いよ 家に居てもつまらんだろ 」

「 いいよ どこでも走って 」

「 お前 運転しろよ 田舎道なら走れる 走らなきゃ走れるようにならんよ 」

「 走らん 」

「 フリードは走りやすいのに つまらんやっちゃな 久し振りに医王山走ろう 」

                     砺波平野の散居村

Choujo3

   医王の里には車数台居たが 西尾平に車が一台も居ない シガラ首には一台しかいない

朝霧峠の展望台にも人が居ない  平日だってこんなに閑散としてるのは珍しい 気色悪いくらいだ

昨日の地震で 皆さん山道の落石警戒するのだろうか❓死にたくないんだなぁ!

空は雲に覆われてるが暗くはない 雨も降ってない こんな穏やかな日に もったいないこと!

                                 ナナカマドが まだ固い蕾                        アオダモが旬

Choujo

 

                  コウゾリナ                                       ハルジオン

Choujo2                                     

2023/05/05

孫帰る

騒がしい事 この上なし

Jisin3

今回初めて はやく帰ってほしいと思った 年々活発さを増す 事故が懸念される

連中の遊んでるのを見るのは愉快だが 遊びに誘われたらしんどい

いつでも顔見たいと思うが 元気確認したら 帰ってくれという感じ

連中は成長するし活発になって来る こちらは衰えてくばかり

 

緊急地震速報がスマホから 音と振動を発し 五秒ほど経ったら グラグラぐら

しばらくで終るだろうと茶の間で📺見てたが けっこう長い

これはいつもと違う  外に出た 家内は勝手口から出てきた

地震が収まったようで 🏠に入ると 息子が玄関に降りてきた

娘は二階の部屋にじっとしてるべきと判断し揺れが収まり

階下で弟と爺婆が話してる様子に降りてきた

「 凄かったね 」

「 お母さん怖かったよ 今までこんな大きいの無かったよ 」

「 どこかな❓ 遠くかな近いんかな❓ また能登❓」

「 阪神淡路の時も外には出なかったな 」

「 あの時は明け方で暗かったから出なかったけど あれほどじゃなかったと思うわ 」

「 スマホが速報したね みんなどうだった ❓」

スマホ 四人共に知らせがあったのだった

間もなく 📺が珠洲だと放映し始めた

「 大きい余震来る可能性大だと言ってる 」

作業場のゼンマイ時計 止まってるかどうか見に行ったら動いてた

Jisin2

                               ニャンコは常に外に出たがり 出るチャンスを狙ってるのだが

息子は完全に🏠😼にする方針なので 人の出入のたび 外から内から鍵かけるのだが

鍵の内部に不具合生じたか❓最近掛けにくくなり すのこを立てるのだが

とても煩わしい作業

それが 地震後 あれっ 鍵かけやすくなったよ 内からも外からも

娘と息子が大笑いし 地震のせいかな❓

この家 もうガタ来てるからな

庭を歩いてると おっ!石が落ちてる

子供が面白いことすると昨日撮ったのだった             それが今日地震後

Jisin0

 

2023/05/04

孫来る Ⅲ

昨日の剪定護美 山に捨てに行く

少々疲れ気味だが雨に濡れない内に始末すべし

助手席が空いてるので 孫の一人を連れて行こうとしたが 三チビとも NO

もうカップヌードルで吊れないだろう! 

Sentei8

                                       捨てる現場

 

梅 豊作でもないが 必要十分採れそう

今年は漬けなきゃいけない                                  

Sentei12

                                          タケノコ 小さいのに すでに ” ひねた ” のが四つ五つ ➨

                                                  今年は出も良くないが 品質かって無いほど劣悪

                                                  しかし鮮度が良いから 竹色でも エグ味無し

 

キンランが4本 以前はもっと多かったし小苗も有ったが 今は減少傾向

Sentei10

 

絞め殺しの木

Sentei9

 

昨日今日 仕事し過ぎて爺はくたびれた~

Sentei11

                         チビ達は元気いっぱい

2023/05/03

孫来る Ⅱ

孫と付き合うのも けっこうしんどい

家に居ると 付き合わなきゃいけないので 爺は仕事すると言い外に出るが

付いて来る

菜園の小屋から鍬を持ち出して来て 耕そうとする

どこを耕しても差し支えないか❓菜園は家内の領域なので・・・

Bunkanohi80

                            10年経っても実が 三つ四つしか生らないプルーンの木を倒し始めると

小屋近くにぶら下げてたカメラで 爺を撮る チェーンソーマンだとか言って

あとで聞いたら 手がチェーンソーその物になってる漫画があるそうだ

家に居ても 纏い付かれるし 外に出ても周りをうろちょろするし・・・

愉しいやら煩わしいやらが 頭の中でごっちゃになって 決断がつき

長年 来年は来年は!と躊躇ってた 杏子と プルーン2本 株元でバッサリ伐り倒した

Bunkanohi

 

菜園から庭の隅に運ぶのに30mはあろう距離を 5歳児が運ぼうとするから大したもんだ

Bunkanohi2

                                                                         たくさん積み上げて これをまた

                                                   フリード+に積んで 山に捨てに行かなきゃいかん

                              行ってまた パパママに内緒で カップヌードル食べることになるかどうか❓

いつまで居るか❓会えて元気を視認出来たら さっさと無事に帰ってくれれば 自分の時間が持てるというもの

 

パパもママも 子供を爺婆に預けられると 放ったらかし

小一は 綺麗でない背戸の溝から 巻貝を集めて ツワブキのはっぱに載せて 蝸牛の子供だと言ってる

Bunkanohi3

しっかり手を洗えよと言うしかない 水量多い前の大きい溝に行かれたら もっと目離せない

 

爺の方から遊びたいと思う小五は 来て以来 塾の宿題と言い けっこうな時間勉強してる

こんな時期から お里来て勉強とは過酷なことだ

Bunkanohi4

                                                        その内 弟達と広間で遊び始めたのを見て ホッとする

娘達と息子が小五小一を連れて 映画スーパーマリオ観に行ったので やれやれと思うが

間もなく帰って来たら 庭でバーベキューすると言う

えらいこっちゃ はよ帰れや

2023/05/02

孫来る

娘からラインが入り 「 お昼12時立山駅に迎えに来れる❓」

昨日早朝大宮一家は二時に出て信州大町 扇沢からトンネルバスで黒四ダムへ

そこから空中ケーブルで立山室堂へ そこから雪の大谷を観光し

室堂ホテルで宿泊

今朝 娘と3ちびは高原バスで美女平へ そこからケーブルで立山駅へ下りる

婿殿は扇沢に戻り 車で金沢へ来ることに

家内も立山駅へ迎えに行きたいと言うので 10時に🏠を出る

Taue8

天気良し

雲が動き大沢野辺りで 一之越が現れたので📷パチリ

左端の二つのピークは大日岳と 奥大日❓ 弥陀ヶ原がすっきり 連中大いに愉しめたに違いない

Taue12

連中11時半に立山駅着いたので 砂防博物館入ってるからと連絡入る

12時きっかりに到着

Taue11

                                                          「 お父さん 帰り道は私に運転させて 」

                                 「 だめよ お前疲れてるのに初めての🚙しかも走ったことないとこで 」

                                                 「 ・・・ 」

「 子供も大きくなったし 私姉ちゃんと二人旅再会しそうやわ そんな時レンタカー借りることになるから 慣れとかないと 」

「 それもそうやな やらなきゃ維持出来ない Nワンだけじゃだめだ やればいい 」

「 お前ほんと大丈夫かいね ❓」

「 私やらないと 姉ちゃんやらないもん 免許持ってたって 全然やろうとしないもん 結局私やるしかないんよ 」

あまり 運転向いてるタイプじゃないが やる気は買うべし 3人子連れでしっかりもんだ やらすべし

一般道を走り2時間半で 無事🏠着

ご先祖にご挨拶 吾には宗教心薄いのだが チビ達に先祖が有って今があると云うことを知らしめたい

加えて 良い子であることを維持させるべく プレッシャーをかけとくことは必要だろうと❣

「 ご先祖様 チビ達が来ました ありがとうございます 三人とも良い子で元気で有難いことです みんな 歯磨き手洗いパパママの言うことも聞く良い子達です 本当にありがたいことです ありがとございます 」チーン

Taue9

                                                                昨年暮 山の友達から頂戴した胡桃割に夢中

                                                  なかなかうまく割れない ハンマーで手を叩かないか

                                                              千枚遠しで怪我しないかハラハラドキドキ

「 えぇっ! 胡桃割人形って 胡桃を割る道具なんだ~人形壊れないの❓ 」

「 人形で叩く訳じゃないよ 胡桃を挟んで割る仕掛けが人形の形してるんだよ その人形が兵隊さんだったり 女の子だったり お婆さんだったりね 」

 

田植えならぬ 赤毛種 稲穂蒔き完了

Taue7

チビ二人が水を出す係り  小五姉ちゃんが田んぼに水ホースを担当

 

婿殿は 17時過ぎ到着

2023/05/01

大忙し

ゴールデンウィークに娘達が来ると思うので 🏠のこと

数日前から少しづつは進めてたが やはり切羽詰まってするのは 例の如し

まず溜枡数ヶか所汲み上げ 一輪車に溜め 何回も往復し下水口に流し込む

Hirado3

 

雨水溜める 水瓶や石臼等もきれいにする

Hirado4

先頃の黄砂もあって かなり汚れてた

 

大型の石の花入れにドウダンツツジの花がたくさん落ちてて汚い

Hirado5

汚れた水を出すために 起したら タイルの隙間に芽を出してる 三白草 ハンゲショウが芽を出してる

タイルの隙間に生えるのはルール違反だが とりあえず 歩くのに差し支えないから罰しないでおく

花咲き終えたら 毟り取るしかなかろうなぁ ❣

 

孫達に田植えならぬ 籾直播をさせようと 予て堀上乾燥してる土を田んぼに戻す

Hirado6

                                                                        稲穂を水に浸しといた

昨年暮 北海道北広島市で手に入れた 明治期 中山久蔵さんが 寒冷地向け に開発された品種

赤毛種 どんな芽を出すか出さないか❓ 出さないとは思えないが 育ち具合が大いに愉しみ💗

爺のDNAを持つ連中いつ来るか❓行動が必ずしも読めないが

とりあえず 概ね準備完了 疲れた~

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »