無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023/06/30

ヘメロカリス

昨日から北陸地方は警報級の大雨に見舞われるとしばしば📺が言うので心配してたが降らない

風はけっこう強かったが 雨は午後4時頃から降り始めたので

いよいよ来るか!と外を見回ったりしたが 静かな雨 今のところ災害級にはならない様子

 

ヘメロカリスが旬

Hemerocalis

世話しないで 放ったらかしで 草姿が乱れてる

上は園芸品種だと思うが

当地の山野に昔はいっぱい有ったヤブカンゾウ これは今はあまり見かけない

絶滅危惧種かどうかは調べてないが これが増えて欲しいと大事に思ってるが

あまり元気がない 多少日当たり良くない方が育つと思い金木犀の大木の下に植えたが

やはり日当たり良いとこに移した方が良いか❓

Hemerocalis3

蕾を持った花茎が4本見られるが これだけの株だともっと盛大に立ち上がって良いはず

 

先頃ブルーパトロール終てから 回転灯を車の天井から外す際にうっかり地に落してしまった

低いとこだし気にもしなかったが 次の機会に回転しなくなってたのだった

校下の防犯委員長に報告したら 壊れることは あるのだと新しいのをくれた

外観は全く無傷なので廃棄するに忍びず車庫の棚に置いといた

今日何となく 分解して中を覗いたら 不具合ヶ所が分り 動くようになった

 

 

2023/06/29

ヒペリカム

昨日 能都町平等寺で ヒペリカムの大群落に圧倒されて

我家のを今日あらためて見ると 貧弱~

それでも長い間愉しませてもらってるのだが

以前はもう少し勢いあったし 関心の向けようが強かったし見栄える次期もあったのだが

数年前から口に入る物優先の気分が勝り 成長するブルーベリーで日当たり悪くなって・・・

Hipericom

それでも 花の時期には けっこう良い姿だった ⤵

Hipericom1

 

暗がりが強まる頃から 彼も用心したらしい

石を越えて反対側の明るいとこに種を飛ばすとは大したもんだ

石の隙間で枝葉を展開し ここで下の地面に根を伸ばすのかな❓

Hipericom2

                                                            そしてさらに1m50cm離れて

                                                         シャクナゲの株元にも苗が育ってる

                              こちらは大地に根を伸ばしてるから生き続けられるだろう

 

***************            ****************

 

プリゴジン プリゴジンと📺は騒がしい

ロシアでは英雄視してる向きもあるようだ !

奴の仕業でどれだけのウクライナ人が殺されてるか ❓

どれだけの人が塗炭の苦しみに喘いでいるか❓

奴にとっては聖戦❓

それとも金になる仕事❓

この世に不必要な人間だ 神は居ない もし居るとしても ろくな神じゃない

マスコミが騒がなくて 世に知られてなくて 単にウクライナでの戦闘がうまく行かないので

ロシアに退却しただけなら 今頃はロシアにより骸と化してるに違いない

その酷い人を 28年間大統領として君臨する男が引き取るとは !

その国民もまた 似た者同志なんだろ

2023/06/28

和住山 平等寺

昨日今日も雨の予報なのに夜の間しか降らない

今日は降るだろう アジサイは雨降りに傘さして歩いた方が良い

能都町に着くまで2時間 向うは降ってるだろう!と希望的観測してたが 降らず仕舞

Ajisai4

阿吽と言うのは お寺さんから眺め下ろしての右左なのか❓

 

すご~い 130種4千本と📺が言ってたが 見たことない紫陽花がいっぱい

小さいのも様々有るんだ 👀

       富士撫子                               伊予しぐれ                        土佐の暁

Ajisai8

 

                            大きな手水鉢に

Ajisai9

 

次から次と感動と驚きの連続  斑入りドクダミは盆栽展などで目にすることあるが

これほど色鮮やかなのは 初めてじゃなかろか❓すご~い

Ajisai6

 

紫陽花を見に来たのだが 数mにわたるヒペリカムの大きな花群に 魂消た~

Ajisai7

こんなにたくさん集合してるの初めて 加えて実になってる群と接して花咲いてる群が続く

 

 名札付いてるのが素嬉しい

Ajisai10

子供の頃 小学校への中ほどのお寺さんで 花まつりの日に 甘茶を頂けたのが嬉しい想い出

もう一種なんとか甘茶と言うのがあったが アジサイの仲間なんだ!

 

良かった~   柏葉アジサイにも花咲き方に様々あるのだ

Ajisai5

 雨の日にこそ見るべしと言いながら   見終えて 車に着くと雨が降り始めた

紫陽花はモミジの多い境内から裏山に至る 少々日当たり良くないとこでも咲いてる

笹ユリは時季終えてたが 秋には見事な紅葉も愉しめるお寺さんだ

2023/06/27

ナデシコ

空梅雨と言ってたが 今酷い降り

気味悪いほどの降り様

これから一週間先まで雨☔マーク

神様 穏やかにお願いします 🖐🖐

撫子が旬

Nadesiko

紅白同量が望ましいましいが 白は増えない

消えないから良しとすべし

百日紅の下で陽当り良くないが 移植する場所が無い

樹木を減らす方針だが 切り倒すのに迷い遅々と進まず

2023/06/26

ニワウメ

庭梅の実が旬    バラ科 スモモ属   五月頃の花はとても美しい

Niwaume

   ユスラウメに似てるがユスラウメは サクラ属  こちらは酸味がより強いが 酸っぱいほどではない

粒がせいぜい径 6・7mmと小さいが7・8粒まとめて口の中で種を分離するのが容易

実が赤くなったら生食するが いつも放ったらかしなのに 毎年よく実を着ける

たまに世話してあげねばと株元の草を毟り 日当たり風通し良くした

Niwaume20

  どこでも大事なもの以外の草は毟り取るべきだが カラスビシャクの小苗を見ると

                                            毟り難くなる 羊歯の仲間もそのままにしときたい

スギナスゲの仲間のような花咲かない 咲いても花らしくない草は迷いなく毟れるのだが・・・

ドクダミでもマンネングサでも どんなに小さくても花が咲く草は毟り難い

故にそこら中 人目には もたもた  家内は気が向いた時あちこち毟るが

吾は もたもたが好き

日当たり風通し すっきりメインの物だけにすべきらしいが・・・   

2023/06/25

戦争

今日 いつもの如くダーウィン観て家康観て

NHKスペシャル〔 戦い そして 死んでいく 沖縄戦 〕発掘された米軍録音記録

録画予約しといたので 茶の間でブログアップ優先 明日でも いつでもと思ってたが

家内のキッチンから音声が聞こえて来る

気になり見始めた

内容は想像されうる範囲なのだが 実際に見ると やはり言葉を失う

人間て愚かなもんだ

アメリカが日本を挑発したと 唱える人も居るが そもそもの因を問わない

アメリカをを非難しない

誰と云うことはない 戦争を始める政治家 軍人 そしてそれらを支える国民すべて

            沖縄県豊見城市 旧海軍司令部壕    今年 3月17日 展示資料

Okinawa2_20230625232701

 

ロシアがウクライナに爆弾を飛ばしてる ダムを決壊させてる

西側の報道だから 多分かなり事実だろうと思ってる

こういうニュースを見ると 厭世的になる

こんな世に生きてる 俺も国民の一人だ 

2023/06/24

梅酒

このところ 📺は沖縄慰霊の日関連が多い

民間人の4人に一人が死んでるという 酷いもんだ

先頃 沖縄行って良かった 短い旅だったが けっこう回れて良かった

元気な内に もっと広範に回ってみたいと思う

 

梅酒シーズン     梅干し用に綺麗なのを選別し

残ったのの汚いとこや傷ついたとこカットし焼酎に浸ける

Umeshu

焼酎4リッターと氷砂糖二袋買ってきたが 足りなかったので

飾り棚にあるカティーサークと紹興酒も加えて3瓶作る   右端は紹興酒のみ

「 あんた 量も計らないで そんな適当でいいの❓」

「 適当でいいよ 俺は微妙な味の違いなど気にせん 何でも出来上がれば美味いもんだ 」

「 種類の違うアルコール混ぜても大丈夫 ❓」

「 アルコールはアルコールだろ それぞれ精いっぱい旨く作ってるんだから 美味いもんとうまいもん合せればもっと旨くなるに違いない 」

「 今まで 本読んで軽量してたのに 歳とるに従いいい加減になってるわ 」

「 経験つんで 計量しなくてもピタッと来るんだよ 酒心配しないで 梅ジュースと梅ジャムいいのに頼むぞ 」

2023/06/23

ナツツバキ

昨夜📺に 天皇陛下がインドネシアでボロブドゥール寺院を訪問する映像

Shara100

即ラインに大宮から 「 私達行ったよね あそこだよね 」

「 そうだ あそこだ バリの帰り お前達は大きかったからね 」

  葛飾からも 「 そうだよね 覚えてるよね 」

「 〇〇〇 小さかったから覚えてるかな 私はっきり覚えてるわ 」

「 お前達空港で2・3日帰りを延期しようと 言い出して 父も気持が揺れて困ったよ 金はぎりぎあったけどなぁ 」

「 飛行場雨酷くて⚡鳴るし 停電になったので 私ほんと怖かったわ 空港が停電なんて お金もなんだけど私も延期したらと思ったわ だけど家族全員なら 飛行機落ちてもと思ったよ 」

ジャカルタで暴動があり 外務省から渡航注意があった時で 観光客が全く居なくて

ホテルも 宮廷ガムラン音楽 影絵 伝統舞踊 どこ行っても 殆んど我々家族だけみたいだった

親日的な国と思ってたから実行したが どこ行っても最高に歓迎されて 幸運な想い出

📺の画像撮ったが ブログには天皇陛下の笑顔載せられないなぁ

吾は戦後生まれだが 不敬の気分

 

夏椿が青空に映える    ツバキ科 ナツツバキ属  夏椿 シャラの木 シャラ

バリ島から持ち帰った壺は

夏椿の株元に置かれて20年❓

Shara101

先頃 ホームドクターの🅿で夏椿の花弁の一枚に ピンクの暈し模様が有るのを特別と思ったが

家のをしっかり観ると うちのもまた 一枚に暈しが入ってる 

医院のより薄いピンクで光線の加減では目立たないだけで よく観れば一枚必ず入ってる

そう云う性質のものだと知る

そう云えば 蕾は全てピンクがかってる 暈しが入るのは一番外の花弁に限るのらしい

Shara20

観てるようで見てないのだなぁ!と (-_-;)

2023/06/22

アジサイ

雨の日こそ 美しさが際立つ草花は けっこう あるが

紫陽花は その中でも代表格

様々ある紫陽花の中で一番好きなのは ガクアジサイ

Ajisai

 

最も一般的なのは 丸い球のやつ

これは日本のガクアジサイがヨーロッパで

品種改良され 逆輸入されたものと聞いてる       純白のも お気に入り

Ajisai2

                                                                 墨田の花火は雨の重さで下向きに!

カメラに撮りながら 気付いた 赤いのが無いなぁ!

樹木を減らしてく方針で アジサイの重要度が薄れ垣根の位置に移す過程で枯らしたらしい

細部に目を移すと 雨滴を載せて生き生き

Ajisai3

    写真技術が貧しい もっと鮮明でコントラスト強く撮れればなぁ 😞

2023/06/21

ノコギリソウ

キク科 ノコギリソウ属 鋸草 多年草 本州北海道に自生 

標高千m以上の高地に分布

在来のは草丈低く花はキク科らしい造り

Nokogiri

深裂した葉の鋸歯に手で触れると 痛い感じ

Nokogiri2

昔からあるやつだが 品種開発か今はいろんな色のが有るらしい

 

数年前どこで誰から手に入れたか覚え無いが

下は〔 レンズ 〕で検索したら〔 西洋鋸草 〕らしい

Nokogiri3

見事な黄色                          こちらの鋸は痛くない

Nokogiri4

2023/06/20

四国旅想い出 Ⅱ

高知城で最も眺めの良い撮影ポイントの表示が有った

Sikokutabi7

                                                         うちのアンクと同じ毛色の😼に遭遇 ➨
                                                                            追う吾に不機嫌隠さない

 

安芸の宮島 厳島神社 干潮時                                                                            

鳥居は太い丸木で作られてるが これは基礎が施工されてなく自重で立ってると聞いた

Sikokutabi8

両部鳥居 四脚の造りなので それも有りなのだろう!

それにしても内海で強い波から免れるとは素晴らしい

 

鹿があちこちに居て 餌をねだる

日本人観光客より外国人の方が鹿に興味示すのが目立つ

Sikokutabi9

                                                               モミジ饅頭を孫達に送る ➨

   白みそ 粒あん 様々なのを混ぜたら 白みそが一番美味しいとラインが来る

 

広島平和公園は ものすごい人 人 人

Sikokutabi10

 平和祈念資料館も 袖触れ合わないで歩けない混みよう

 

姫路城 敷地も広ければ                                     内部の構造も複雑極まりなし

Sikokutabi11

木造部は杉や松が多く ケヤキは見当たらない

 

最近の📺で人間はイソキトシンが何とかで人間は闘争するようになった云々の番組あったが

歴史は人々の殺し合いで作られてる 城内に 槍や鉄砲を保管する設備

Sikokutabi12

 

 

2023/06/19

四国旅想い出

渦潮は道の駅から 遥かに望遠で捉えたことあるが

やはり観潮船で傍に近寄ると 有る有る いっぱい渦が次から次と

ほんの5・6秒で消えてしまうが 見慣れると渦が始まる動きが分る

               船前 無料で簡便な雨衣が配られてた     福浦港に戻りの時 雨が降り始める 

Sikokutabi1

海底から潮がむくり上がるのも分るが 写真に撮ったら平板な画像になってしまう

38年前の6月8日 偶然だった この日が大鳴門橋竣工式 誕生日だとの船内放送

 

特に芝居好きという訳でもないのだが たまたま通りかかったら チャンス!と入る

以前淡路人形座では 〔 傾城阿波の鳴門 〕

阿波藩のお家騒動に絡む筋書き 十郎兵衛と巡礼お鶴の父娘の物語でおもしろかった

 人形が舞うのは 生身の人の演技より想像を働かせる部分が多いかも❓

今回は恵比須様が舞うもので 必ずしも物語的感動は大きくないかも知れないが

バックステージ舞台裏を見られて興味深かった

Sikokutabi2

たいへんな技術 造り物と言うべし

 

小豆島 壷井栄の 24の瞳の舞台となった 明治の木造校舎 校庭に大きなオリーブの木

Sikokutabi3

                      島はオリーブ一色           観音様の胸の辺りの窓から寒霞渓方向が望める

 

金毘羅さん今回が二度目だが どんなとこだったかの記憶が無い

パーキングも見当つかない どこが道入口か全く思い出せない

ようやく見付けて歩き始めて 備前焼の狛犬に出会って初めて そうだこれを📷に収めたのだった

それから 少しづつ思い出し始めた

              一茶らしい句     おんひらひら 蝶も 金毘羅 参かな                         

Sikokutabi4

                                          高知県南国市でいきなり道路が立ってるのにびっくり

                                                                                 モダンアートだ~

 

佐川町牧野博士が幼少時 花に魅かれた梅花オウレンの林にはキレンゲショウマの茂りも多い

Sikokutabi5

                                                   梅花の10倍大サイズのオウレンも有ったが ➨

                                  医王山系のオウレンと近似してるが葉の刻みがとても細かい

 

牧野富太郎博士の生家の辺り 広大な造り酒屋の巨大な古い時代の建物がいっぱい

これだけの家督相続を放棄し 植物に走る・・・ えらいたいへんな御仁と言うべし

Sikokutabi6

                                                  生家そのものは 小さい普通のお宅で資料館の態

  玄関周りに様々な花の鉢が散らばってる 黄ツリフネ  ゲンノショウコの小さい花と葉

2023/06/18

ハンゲショウ

ドクダミ科 ハンゲショウ属 本州 四国 九州に自生してるそうだが 未だ出会ったことない

半夏生とは24節季を もっと細かく分類した72候の一つだそう

葉の一部が白くなる故に 半化粧 三白草 片白草とも言う 今が旬と言えようが

Hangesho

例年に比し 葉に白色が入るの少ないように思う これからかな❓

Hangesho2

この草は 雨に濡れてる方が 見栄え良いと思う   

Hangesho30

                                          叢の右端 歩く所のタイルの割れ目に 小苗が芽生えてる ➨

歩くのに差し支える位置には無いが いつまでも成長させるのは無理だが

見た目に愉しいので そのままにしといたが 見付けるやいなや 即摘み取ってしまう女が🏠に居る

案の定 16日すでに無くなってた 😢

 

芭蕉の勢いが強過ぎて 辺りを年々暗くしてくのを

困るなぁ!と思ってたが 昨秋辺りから急速に勢い失いつつある

Hangesho40

旅から帰って二日目 大きな蕾に気付いた

元気無くしつつある今 いよいよ枯死するのを予感し 子孫残すのに

緊急性を持って 花咲かせてるんじゃなかろか❓

芭蕉は実を着けたら その幹は その年確実に枯れることを何度も経験してる

新に出てる小苗も勢い無いし もう2・3年で全て姿を消すのかも知れない

Hangesho5

2023/06/17

ツチアケビ

隔年に梅干し作るが 今日は山の果樹畑に梅の収穫

Hozaki50

消毒もしなければ 肥料も施さず 放ったらかし 下草刈りは年3回は やらざるを得ない

 

モリアオガエルだろうか❓カエルについては 全く知るところは無い

近所の畑の雨水溜 こんな所でも下に水が有るからと卵を産むのか!

Hozaki40

                    これが親❓頭上の卵見てるの❓

 

例のごとく 梅収穫のあと 医王山方面に彷徨してると珍しいものに遭遇

雑木林でラン科 ツチアケビ属 土木通 腐生植物でもある日本固有種 

実になってる時に過去3・4回出会ってるが 花の時期を見るのは初めて

Tutiakebi

草丈 40cm 位 花はラン科らしくゴージャスな造りだが

Tutiakebi2

葉緑素の無いのは やはり見た目に異様な感じ

その内 真っ赤で大きい実生りは樹林の暗がりに不気味なものだが 場所を覚えとくべし

Wikipedia によると強壮強精の薬功があり果実酒の材料になるそうだが 正式な報告は無いそう

試す気にはなれない!

 

NHKスペシャル ウクライナ 連れ去り子供達の📺観ながら ブログアップが進まない

2023/06/16

アブラムシ対策

庭のニッコウキスゲ 今 真っ盛り          仲間の園芸種 ヘメロカリスも咲き始めたが ➨

Kanzo

花梨株元の上のキスゲは虫が付いてなくて綺麗なのに                ヘメロカリスと ➨

他のニッコウキスゲの株は アブラムシと思われる虫がくっ付いてて汚い

Kanzo2

消毒とか肥料に関して勉強する気起きなくて いつも気にして

買っては来るが 使わず仕舞で役立たずになってしまうのが しばしばだが

たまたま昨日やる気起き スプレー防虫薬 〔 住友化学のベニカXスプレー 〕をかけた

夜 雨が降ったので 今回も無駄になったと思ってたが

今朝 完全に虫が除かれてて すっきり緑色の幹が見られて すご~い💗

やはり薬は使うものだなぁ~と反省

 

スモモが今年も見事にたくさん生ってる ザクロとスモモの狭い間に四海波の椿

椿を引っこ抜いて 幼友達の公園に持って行こうと こいだが

Kanzo5

体力消耗を避けるため 丁寧にしなかったら 根っこが洗い出されて棒根のように なってしまった

生い付くか疑わしい 枯れる可能性大なので お墓に持って行って植えた

2023/06/15

カシワバアジサイ

柏葉紫陽花が旬

Kasiwaba

垣根に移植したあと勢い失ってたが 今年ようやく 此処に馴染んだか!

Kasiwaba2

                                     銅葉と言うのかな❓茶色の葉と緑葉が混ざってるのが良い ➨

 

家内の菜園の胡瓜は旅の前に 若すぎる一本初収穫 旅後大きい3本と丁度の6・7本採れたが

吾の庭園菜園の一株二本立ちも 間もなく初もぎ出来そう

Kasiwaba3

2023/06/14

ミニトマト

旅の間に ほんの六日間ですっかり🍅が成長してて

二本立ちにした芯幹が重さで真っすぐ上に伸びられず曲がってる

Tomato4

                                                 幹を支える竹棒に誘引し姿勢を上方向に ➨

はや実を着けてる房も

Tomato1

 

旅を終えたのは 血圧薬の切れたのも一因

薬の数を確認してなかったルーズさ

今日服用する分を得るために 朝イチ ホームドクターへ行ったら

パーキング脇に夏椿が咲いてる 6・7 個 

花のすべて 花弁の一枚のみにピンクの暈し模様が付いてる なんと素晴らしい 💗

Tomato3

2023/06/13

呉港

広島県 呉市 呉港を観光 海上自衛隊資料館を訪れようと行ったら 火曜日休館

普通 資料館とか博物館 公の施設の休館日は月曜だと思ってるが 呉市は火曜日だった

予め調べない 吾のルーズさ

呉市海事歴史科学館 ( ヤマトミュージアム ) 前の広場の 巨大なスクリューと舵 

Kure

                                      ギリシャ神話の海神ネプチューンを見るのみ

〔 歴史の見える丘 〕に行ったが

標高せいぜい30mか40m位だろう 港を見下ろせるような場所じゃなかった

かっての軍港 今も軍港 やすやすと湾全体の様子が見えるのも良い事では無かろうと思い

がっかりしない むしろ望ましいと思う

海上自衛隊の潜水艦が見られたし 良い写真に撮れたが ネットに載せないで おこうと思う

自由な我が国では 潜水艦の浮かんでる映像 ブログに載せたからと 何の問題も無いが

これが非人道 社会主義国家だったら 逮捕拘留えらいことになろう

平和国家 自由主義国家 万々歳と言うべし

様々 内部に理不尽な問題 不条理も多いが 国民の質が向上されれば是正されてく訳だ

 

姫路城 前回行った時は 平成の大修理と言うか

屋根や漆喰の修繕のために工事の囲いに覆われ 一部しか見られなかったのが

今回はしっかり天守迄登りゆっくり観光

Kure2

ここも 大勢の外国人観光客 法隆寺と同時に日本で初めての世界遺産

 

スマホが使えなくなり気持ちが消沈 家に帰る

2023/06/12

広島県

安芸の宮島は干潮

16865512621730

外国人観光客の多いこと

16865513070251

 

広島平和記念公園は大勢の外国人と学生生徒の団体

16865513666452

16865513915123

一昨日から スマホが文字入力不能になる

再起動したら文字入力出来るようになるが

しばらくでまた不能になる 一体どう云うことだろ?

今回はパソコン持って来なかったので 困った〜

2023/06/11

牧野植物園

佐川町の牧野富太郎博士が幼少時 バイカオウレンに魅せられた杉林

16864898293981

 

高知城の山内一豊の妻

16864891021450

千代さん

Chiyo

2023/06/10

跳ね橋

香川県琴平町 金刀比羅宮 こんぴらさんへ

16863926055521

石段千3百何十段を上り奥本宮にお詣り

石川県金沢市何々町ルん十番地の○○○に嫁さんを世話して下さい

16863924745580

 

日本一大きい灌漑目的の貯水池 〔 満濃池 〕に立ち寄る

堰堤を築くのに難儀してるところで 弘法大師が大陸で学んだ土木工学と真言密教の祈りで工事完遂する

16863926545542

 

高知竜馬空港に葛飾の娘を迎えに行く

高知市五台山 牧野富太郎植物園入園

16863927046403

 

南国市の宿に向う途中 道路が真っ縦に持ち上がってるのに遭遇

トリックアートのような異様な光景にパチリパチリ

16863937971065

奥に位置する漁港と外洋太平洋とに船が出入りする夕方から朝方まで道路が立ち上がり車両通行止め

2023/06/09

オリーブ

小豆島に渡る  カーフェリーで高松港から約1時間 池田港へ

16862949159390

巨大な観音様の胸の辺まで上る

16862950407111

 

24の瞳の校舎

16863163572420

秀吉の大阪城へ運ばれた小豆島御影石の〔 残石公園 〕

オリーブ栽培の島

 

高松市の栗林公園は 讃岐藩松平代々の別邸

借景と言うには近過ぎる程の背後に大きな山があるのは素晴らしい

16863154999200

2023/06/08

人形浄瑠璃

今朝7時半に🏠を出て午後1時半の

鳴門渦潮干潮船 " 咸臨丸 "に乗る

咸臨丸と言えば明治政府の初めての遣米使節団の船 何故の事か❓

16862181713690

渦潮 無数に発生

16862182937361

 

3時から淡路人形座の公演〔 恵比寿舞 〕を観る

16862197317582

開演前にバックステージと銘打つ浄瑠璃人形の舞台裏見学

16862197868413

曇り空 かろうじて降らず

渦潮から福良甲港に戻る頃から降り始める

2023/06/07

好天続き

庭の剪定護美を捨てに 山に行く

栗の花が真っ盛り                梅はあと一週間ほどだな            柚子は指の先端に ➨

Tabimae2

 

果樹畑に近い 花好きお婆さんの花畑は 来るたび新たな花が

育てたことが無いニゲラは 憧れの花 色も複数あるようだし 実がまた超魅力的 ➨

Tabimae3

レースフラワー                  ポピー                   アマリリスだろうか❓➨

Tabimae4

 

蛇がカエルを飲み込んでる シーンに出会う 📷に撮ろうと 準備してる間に草むらに逃げ込んでしまったので

草むらから 棒を使い引きずり出そうとしてる間に 蛇がカエルを放棄し逃げてった

自然生物界の出来事だからカエルを助けるつもりは無かったが

ブログネタにと人間の勝手で結果的にカエルを助けたことになるが 蛇を虐めたことになる

飲み込んでる最中の画像が撮りたかったが あっという間の出来事

せめて蛇そのものを撮ろうとしたが 逃げられた 蛇もカエルも必至 吾は及び腰

Tabimae5

カエルのサイズは尻から鼻先まで目測7cm 腹巾5cm 蛇の胴体径2.5cm 無茶な飲込みだなぁ!

カエルを反対側20m程離れた草むらに放したが 背中から後頭部が傷付いてるみたいだ

しかしながらピョンピョン 跳ねて吾から逃げて行った

ブログネタにはなったが それ以後3分の1程呑込んでるシーンが頭に浮ぶ

寝ようとする今の今まで 思い出す

人に害ある蝮以外 蛇を嫌悪する気持は無いし目にしても平気だが 見ない方が良い

2023/06/06

仏御前

昨日 西山高山植物園のニッコウキスゲは真っ盛りだったが

家の庭のカリンの株元のキスゲ まだ蕾ばかり

花梨の実 こんな地際で実るのだろうか❓                           初めての一輪咲いてる株 ➨

Hotoke

 

昨日 高山植物園を出ても まだ明るい どこか観光名所 スマホで検索

仏御前の滝 平清盛の女 仏御前は加賀の国 小松の生れ 福井県に仏御前❓

走った 深田久弥の百名残 荒島岳 さしたる特徴も無い平凡な山だが 久弥の故郷の山

滝への途中で荒島岳への九頭竜湖に架かる橋を眼下に望む        滝壺脇にニッコウキスゲ ➨     Hotoke4

 

立派~ 豪快 三段に落ちる堂々とした姿 落差百メートル

Hotoke2

年中変らず 水量多いそうだ 仏御前が この滝で顔や髪を洗ったと言う

百名瀑に加えても良いんじゃなかろか !

 

道すがら 卯の花が旬

Hotoke3                                                

2023/06/05

白山高山植物園

良い日が続く

西山の高山植物園登り口のパーキングに着くと 満車 停めるとこ無い

どうしようと戸惑ってると 親切なお人が 手招きして今出るよと合図

これは牧野富太郎効果だろうか❓ 平日にこれだけの車が来るとは ( ゚Д゚)

Nisiyama

                                                                            植物園を出て西山山頂からの白山

植物園に着くと 想像したほど混んでなかったので 良かった~

Nisiyama3

 

ニッコウキスゲは まだ早いと思ってたが 意外や 今最盛期だった

Nisiyama5

開園間もないのに たくさんの花々 医王山系では終た笹ユリがまだ蕾

Nisiyama60

                                                             イブキトラノオ         白山フウロ

最高所から見下ろす

Nisiyama4

チョウジソウ 図鑑でしか見たことないと思う   珍しいミヤマクワガタ

Nisiyama7

                                                 登山しないでミヤマカラマツを 得した気分 ➨

 

園外 西山山頂への道には アカモノがいっぱい

Nisiyama8

                                 ニガナの白色は珍しいと思うが ここでは いっぱい黄色と共存 ➨

2023/06/04

テッセン Ⅱ

前回 薄いピンクのテッセンが咲いたのを記事にしたのは 先月9日

今盛んに咲いてるのは濃い紫色           キンポウゲ科 センニチソウ属 蔓性

Tessen

色が違うだけで ほとんど同じのが 一ヶ月ほど 遅れて咲く

どこがどう違って 咲く時期に違いををもたらすのか❓ おもしろいもんだ

Tessen2

     咲き終った後 花弁が落ちた姿                         葉もまた魅力的 ➨

激しく株元からの立ち上がりが混み過ぎて 花が陽を求めてか 上の方にしか咲いてない

剪定の仕方も分らないが そもそも日当たり良くないとこに植えたのが間違い

植え場所変えてやらねば ❣

 

今日も好天 🌞

2023/06/03

市祭

昨日は一日雨降りやまず 前夜祭も中止されたし 大勢の他府県からの旅行者を気の毒に思ってたが

なんと朝から日本晴れ 昨日の雨がウソのような好天

利家公 歌舞伎俳優の市川右團次さん お松の方 紺野まひるさん 両者晴男 晴女だったのだ

子供達が居なくなってから 見に行くことは無くなったが 📺で 久し振りにしっかり見た

Shisai3

かっての利家公は当地の名士 会社社長だったり医師だったり したのだが

今は観光のため 人集めに芸能人を招くようになった

昔大人から漏れ聞いたことには 山村の大人達も又聞きの又聞きだったろうから 

どこまでが本当か疑わしいし吾の記憶もまた頼りないが

利家公役に選ばれると 市からの謝礼が百万円だったそう しかし一旦選ばれると

終ってから社員は言うに及ばず 取引関係まで招き大宴会を催すので 大きな赤字になったそう

しかし名誉なことなので 選ばれる可能性が近い人は 秘かに馬術の練習を始めたりしたと言う

お松の方は 当時の大和百貨店 丸越百貨店の女性従業員から交互に選ばれてたのだった

観光立県でもある当県なので 有名人を招くのも悪くないが 昔のやり方もなかなか面白いと思う

 

先祖代々百姓だったせいでもないと思うが 吾は武家に関しては反発の気分が心の底に無いではない

昔のこととは言え 徳川政治は士農工商の身分制度と鎖国政策の故に評価できない

最近 村上元三の〔 加賀騒動 〕を読んだことでもあり ある種の思いを持ちながら行列を眺めた

大槻伝蔵と言う最下級から 藩主前田吉徳 よしのり に才能を認められ どんどん出世し

最終的には四千石で人持組という高級武士として藩政に深く関与する立場になるのだが

苦しくなる一方の藩財政の改革に取り組む上で 身分制度に守られ保守的な考えの妨害に苦しむ

成りあがり侍と蔑視し 故ない罪を仕立て 潰しにかかる八家老 中でも前田土佐守の名前を探した

上層部でも 伝蔵の改革を徐々に理解し 味方になったのも居たが Shisai2

藩主吉徳の死後 家禄没収 五箇山に流され丸太小屋に閉じ込められ自死してしまうのだった

個人の能力は無視 家柄のみで人生が決められる社会での非情理な現実

小説の流れは 完全に事実に基づいてるかどうかは知る由も無いが

概ね事実に近いものと思われる

加賀鳶の江戸の街中の火事での活動の様子が小説の中で詳しく記されてるとこもあり

梯子登り 大名火消しの心意気も今に引き継がれてる面も窺われ興味深く 眺めた

2023/06/02

ニワゼキショウ

何年前だろうか 記憶に辿れないほど昔 手に入れ可愛がってたのは覚えてる

その後有って当たり前の存在になり 

ちらりと見て 健気に生きとるわいくらいの関心の振り向けよう

踏み付けられないとこに落ちた種から かろうじて生き延びてる訳で

しっかりした株は                                                   グランドカバーにもなれず

けっこうな見栄えだが                            まばらに あっちに3本立ち こっちに2本

Niwazekisho2

アヤメ科 ニワゼキショウ属   庭石菖   多年草   北米原産の帰化植物  赤色も有るらしい

2023/06/01

ユスラウメ酒

台風が雨を運んでくるかも知れないと 昨日夕方明るい内にユスラウメを全部もいだ

Yusuraume2

今日株元を整理 3本立ちにし明るくした

 

昨夜ホワイトリカーに浸けて 氷砂糖を入れた

Yusuraume

                                                                        今ユスラ梅 宙に浮いてる

何もかも軽量せず適当にやってるから 氷砂糖多過ぎたかな❓氷砂糖 底に残ってる

果実酒様々試したが ユスラウメ酒が一番旨い 生食も美味いし

庭から菜園に移植して今はあまり採れないが これからが楽しみ

 

午後4時ごろ寿康苑 ♨ 行った 空に飛行雲が大きくて長いのが一本 平和な空だ

Yusuraume3

10数年前 ヨーロッパをレンタカーで二週間 2千キロ走ったことがある

ドイツが特に多かったと思うが 飛行雲が いっぱいあるのを見て

 冷戦も終り ユーロも登場し国境も意識せず走れる平和な世界なのに

ヨーロッパには 未だ一定の緊張が必要なのか❓ 日本とは違うのか ❓と思ったものだが

いま世界は 冷戦時代以上に騒がしくなり始める心配がある

テレビで ロシアウクライナの戦争関連を観てて 信じられない思い

国を指導する程の高官連中の言うこと為すこと 子供の喧嘩レベルの争い

言うことも信じられないほど野蛮で下品 低劣

人を殺す手段 方法の工夫に努力し 互いに駆け引きし欺き騙し合うらしい様子が茶の間で見られる

我国の自由度 民主度がどの程度なのか知らないが

現在の状況より悪くならないようにと切に願う

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »