無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023/07/31

水やり

暑い日が続く

朝 甕から雨水溜りを汲み上げようとしたら 小さいカエルが現れた カップル

Mizuyari

邪魔したらいかんと汲み上げるのやめ 水道水を使った

 

県の老健施設 寿康苑の風呂に行った

空には雲があり 日差しが強い時ばかりでもなかったので良かった

Mizuyari2

📺は最高気温34.7度❓     体温の範囲内で収まって欲しいものだ

 

ニャンコも体が ひんやりする所を選ぶか あちこちで寝そべりの姿

Mizuyari3

 

陽射し強くない時に 庭に出て 草むしりをしてみた

吾は目立つほど大きなものしか抜かないのだが 何もかも抜いてしまう家内としばしば衝突

あらためて 草むしりと云うことを 実験的にやってみる タマスダレを残して

Mizuyari40

たとえドクダミでも 緑は有った方が良い         地肌むき出しは無粋 荒蕪の雰囲気

ドクダミもグラウンドカバーの効果十分 緑は目に優しい

これほど乾燥する時は なおさら地面を直接炙る陽射し避ける意味で 緑が欲しい

迷わず抜けるのはスギナくらいだろ カラスビシャクでも オバコでも緑は目に嬉しい

2023/07/30

ハツユキカズラ

今日もギラギラ太陽

Hatuyuki3

 

この春 草花友の一人から 初雪葛を頂戴した

グラウンドカバーとして イワダレソウとヒメツルソバ ( ポリゴナム )が気に入りだが

初雪も加われば嬉しい これで土が現れてるとこが無くなったら けっこうだな!と

5ヶ所に分けて植えた

しっかり根付いた様子だが この頃の強烈な陽射しに弱ったら困る 陽覆いをすべし

Hatuyuki20

そこらに ありあわせの木っころや 板屑を立てて日影を作った

Hatuyuki

時の経過で その内日当たりになりもしようが とりあえずは 安楽に過ごせる時間が持てよう

明日も続けるべし

 

それにしても 強い陽射し 外に出る気が起きないのだが 少しは動かなきゃ!と そこらをうろうろ

セミの抜け殻が 目に付くが

Hatuyuki4

セミの啼き声は 多くない セミもこの暑さに参ってるのじゃなかろか!❓

2023/07/29

ゴ^-^ヤ

ダイニングキッチンから見えるように そして何がしかの日除け目的

一つしか生らないと 不満に思ってたが 今日二つ小さいのが生ってるのに気付く

Natumaturi3

                                                                    良かった~二番手三番手が生ってた

                  それにしても あれほど注意して探してたのに雌花に気付かなかったとは!

孫が来るまでに収穫時期を越してしまい赤く熟してしまうかと無念に思ってたが

これで心おきなく一番目が収穫できると云うもの

 

          今日は町会の夏祭り 

Natumaturi2

焼鳥でも持ち帰ろうと ちょっと覗いたが コロナ以前の大勢の賑わい復活

 

公園への帰り道 犀川での北國花火が見えた

Natumaturi

                                                             お月様は涼しそう 二日が満月だそう

2023/07/28

ユリ

      鬼百合が旬

Yuri4

      花も見事なら 塊根はホロ苦みのある 乙な味

Yuri3

                                                       ムカゴがいっぱい付いてる 落ちて実生する ➨

 

       鹿子ユリも 今真っ盛り

Yuri

こちらはムカゴが付いてないのに 幼苗が育つのは 種を蓄えるのをしかと観たことが無い❓

九州四国では天然自生してるそう 鹿児島県の 甑島 (こしき)は自生が特に多いそう

Yuri2

球根が食用になるのは鬼百合 笹ユリだと思ってたが 鹿子ユリも食用になるそう

花後しばらくして 堀上食してみよう

2023/07/27

今日は良い日

先頃娘と大菩薩嶺に登り下山は大菩薩峠経由だった

「 大菩薩峠ってどんな小説なんだい❓ 〇〇読んだことあるかい 」

「 読んだことないわ 映画にもなったそうだが 何か剣豪小説だと思うよ たしか新聞小説の長編よ」

「 剣豪小説か 藤沢周平に夢中になった時期があり鶴岡の記念館に立ち寄りもしたが あれは人情小説だろな 」

「 大菩薩は時代物だが何かの犯罪絡みで おとやんのジャンルじゃないと思うわ 」

山から下りて数日 何もする気が無く ぼ~っとしてたが

退屈持て余す時を経て 図書館から大菩薩峠を借りてきた

序でに朝ドラの ” らんまんで ” 寿恵子さんがファンだと言う 八犬伝も借りた

南総里見八犬伝は読んだし 房総半島のゆかりのお城も訪れたことあるが

八犬伝の中身 何も思い出せない 物語の一部も思い出せない❓❓

この頃こういった ” 思い出せない ” 経験頻繁

Okunohosomiti

図書館で借りて 詠んだ後これは手元に置いときたいと思う本はネットでお安く買うことあるが

終活の意識で基本的に本に限らず身の回りの物を少なくする気持ちが強いのだが

芭蕉の奥の細道 同じ本を再借り再借りしたあとで 手元に置いとこうと思いネットで探したが お安いのが無い

どれも現金正価より高いのばかり 古書で検索してもお安いのが無い 諦めてたが

久し振りにもう一度と検索したら メルカリでお安いのが有って それが今日届いた やった~

芭蕉 自筆 奥の細道 古本で888円也

 

いつも どこ行くにも肩にかけてるバッグ たまには洗うべし

物干し竿に架けといたら 小さい生き物が

Okunohosomiti2

                                              彼も暑かろうなぁ 方向を変えて撮ると

                                         警戒する必要無いのに 少しづつ動いて吾を警戒する

2023/07/26

庭園菜園

野菜を鑑賞対象として育てるのは なかなか愉しい

胡瓜一株を二本立ちにしアケビ棚へ二本の竹で導く  6月6本 7月今のところ17本 ↘

Teiensaien

まだ花の後に小さいのをくっ付けたのが幾つも有るし 最終的には30本は超えるだろう

 

ゴーヤもダイニングキッチンから見える位置で 二株風呂の屋上に昇らせてるが

こちらは収穫が振わない 花はいっぱい咲くのに 雄花ばかり

Teiensaien2

                      2週間ほど前に 小さい実が生り喜んでて 現在15㎝ほどに育ち ➨

                                                    もうじき収穫出来ようが その後が続かない

何故だろう❓ ゴーヤは簡単に採れるものと思ってたが 今年は まだ一つしか生らない

連作でもないし 何故だろ

2023/07/25

ツチアケビ

大宮から 素麺流しをしたいと言ってきたので

数日前から少しづつ準備をしてきたが 今日山へ孟宗竹を伐りに行ってきた

太竹を二本伐ってから かって見付けた ” ツチアケビ ” どうなってるかと見に行った

草が生い茂り車のボディーを擦らないと走れない むしろ車入って来ないかも❓で良し

ピーピー警告音を発しながらしばらく走った       元の場所に有ったは良いが

Soumen

                                                          痩せて貧弱なアケビ 残念なことだ❓➨

                            もっと太く丸々とし 赤く艶っぽいのを期待してたが 天候のせいか❓

 

家に帰り 数日前から造ってあった四脚に青竹を載せて丸鋸で二つに割る

Soumen3

角々面取りし サンドペーパーで断面をこすり 手で触れても棘が刺さらないよう概ね仕上げる

Soumen1

節々を欠いて水を流してみる 勾配はどの程度が良いか❓

関東の連中が来る前に一度本物素麺を流してみなきゃいかん

Soumen2  

2023/07/24

一カ月ぶり果樹畑

茗荷を取りに山へ           いつも花が咲いてるのを採ってるが

Myouga

今回花咲かせる前のを採った

花咲いてるのも例年より柔らかいのは 咲いたばかりだったからか❓ 例年より小さい  

Myouga2

 

柚子の木が二又に別れてて 右の太幹には一度も実が生らないので

今年生らなかったら 伐り捨てて 左幹一本を立ち上げて行こうと考えてたが

今年初めて 10個以上生ってる 木も伐られると言われたので 実を着けたか❓

Myouga3

                                                                    暑さ ものともせず 栗は順調 ➨

 

お花好きお婆さん 来られてなかったが

暑さにめげずしっかり世話されてる様子 花々順調  キキョウに  ヒャクジッコウ

Myouga5

                     ダリアも様々な色のが                            ムギワラ菊 ❓

久し振りに訪れたコマユミの里  ” 多喜知苑 ” 

田植えに際し水田に線刻する六角形の木枠を立て テッセンを登らせてる なかなかお洒落

Myouga6

                          新たな庭石が8・9個 庭の一画に臥せられてて 見栄え増してる

 

この地域は山谷どこを掘っても石が無い どこを削っても崩れても泥しかない大地

ところが 近くで地底深くまで砂を掘り上げてる鉱山会社が石を発見し 多喜知苑に持って来た

タモリほど石に詳しくない吾にも この石の固さは分る

すごく硬い石 そして比重もお花崗岩より相当重い

どこを天にしたら良いか すべての面が素晴らしい景色

Myouga7

                                                                        随所に遊び心が散りばめられて

                                                庭園造りを楽しんでる様子 愉しいことこの上なし

2023/07/23

梅干し Ⅱ

                     素晴らしい陽光

Ume2

 

日干し二回目

Ume

案の定さらに崩れるのが多い 種に何がしか果肉が付いてるのみと云うのがいっぱい

昨日初めての天日干しで関東の娘達に 梅干し画像を送ったら

大宮からは 「 ありがとうございます お盆に持ち帰らせて頂きます 」

葛飾からは「 梅干しのために強烈陽射し気にならないか (^o^) 」

画像では それなりに並んで見えるし失敗知らせてないので お気楽に返事来る

愚痴っても仕方ないので 良いのと崩れたのを分別して干す

Ume30

🏠は古い在庫消費せにゃいかんし崩れも梅干しには違いない 関東組へは 良いのを持たせられる

情けなや~ 悲しや~ 腹の立つ

腹の立つこと日々 子供はかすがい 今は孫も鎹 吾の器の招いた結果と観念して生きるのみ

 

庭園菜園と言うコンセプトで 鉢植えのミニトマト 幹二又に立ち上げムベの棚に届かせる筈だったが

左の片方 芯を止めると言い 家内が切ってしまった タッチの差で右だけカットを差し止められた

Ume400

     左 実房房だが低い位置で寸止まり             右はムベに届いて天辺まで実ふさふさで芯止め ⤴

下の方は両幹順に赤くなったの生食してるが 孫が来る頃も いっぱい もげる算段

左低くバランスの良くないことだ    なんで俺がやってる物に手を入れる 何言っても仕方ない

見え透いた言い訳聞くの不快 同レベルに落ちないために なるべく口論は避ける

2023/07/22

梅干し

昨日当地は梅雨空けたとの報道 例年より二日早いという

今日さっそく梅の天日干し一回目 強い陽射しで 梅干し日和

Umebosi

今年は失敗 果肉が潰れてしまってるのが多い

Umebosi2

                           ゆかり粉用のシソは例年の如く問題無し ↗

Umebosi3

潰れてる梅の多いことで家内と かなり激しく口論

青梅もいできた当時

「すぐ漬けよう 早くしよう 」

「 まだ青いから 早過ぎるよ 」

「 早過ぎないって じきに黄色くなるから 俺爪楊枝で蔕全部取ってしまったから 」

涼しい広間に広げてたものを 家内が袋に入れ 冷凍庫に入れた

「 なんで冷凍するの❓ 良いと思えんな 解凍したら果肉柔らかくなってしまうんじゃない❓」

「 テレビで言ってたのよ 冷凍しといてから漬けたら カビ生えなくなるって 」

「 何か別の漬け方だろ❓カビ生えたこと あったが あれは塩足りなかったか極端に天気良くない年だったと思うよ 」

「 ひどくカビてしまって 全部捨てたのよ 」

「 何十年に一回の失敗で ピリピリすることない いつものようにやればいいんだよ 」

 

今回潰れてるのが明らかだったから そっとそっと扱ったが 半分は果肉が崩れてしまった

午後一回ひっくり返すのは家内がやったが 明日また干す時崩れたのが増えよう

家内も失敗が分ってるから 来年からやめようと言う

何事につけ 吾の言うこと聞かない女だ 全てを俺の仕事にしようと考えてるのか!

2023/07/21

山行 Ⅲ

大菩薩嶺への 朝

娘はテント場で目覚める                                                     吾は駐車場で車中泊

Daibosatsu

 

登山開始時 スマホでルートの看板をパチリ 予め勉強しなくてもこれで OK

Daibosatsu2

                                              看板脇に在し座す石仏に よろしくお願いします 合掌 ➨

雷岩下の草原に鹿が のんびり草を食んでる

登山者との距離は20m30mだが 柵が設けられてるので 警戒の様子はない

Daibosatsu30

                               頂上を経て下山時も少し位置を変えてのんびりしてる

 

頂上手前に雷岩は眼下に下界を眺められるし石塊から山の雰囲気を感じるが背後は樹林

Daibosatsu5

 頂上は標高2057mと低いので尾根筋から頂上まで高木が茂っており 登頂感 達成感イマイチ

 

吾は山に入ると 枯木の姿をいつも求めてる 立派なのに出会うと 嬉しい

大菩薩下山途中で カラマツ❓モミ❓すっくと立つ立派な枯木に出会う

Daibosatsu40

        ➨ 甲武信ヶ岳の尾根筋でも味わいある枯木に    湿度高いのかサルオガセの絡みは意外

死してなお生きてる迫力

 

下山途中 コウリンカが目につく オレンジでなく黄色でなく紅色❓ いい色だ 

Daibosatsu7

特別高山植物が印象に残った訳ではないが 高山性のシモツケがちらほらと

小さい群落を成してた丸葉ダケブキはまだ咲いてなかった 背の低い笹原は魅力的

 

 小石が積まれた巨大なケルン ” 賽の河原 ” を通過した

あちこち日本列島各所に見られる宗教的風物で否定する者ではないが

Daibosatsu6

                                  一つの大きな石の上に小石が載せられてるのは醜悪 汚い ➨

大きさがあり景石として存在感十分の その上に徒に小石を載せるのは趣味が悪いと言うべし

2023/07/20

山行 Ⅱ

どうやら山行は 当面無理しなければ出来そうな感じ

朝の目覚めの良いこと 暑さ知らず 空には秋のような うろこ雲

Yamano8

昨夕テント場着以来 発電機の音 全く聞こえなかったが ソーラー蓄電で間に合うなら素晴らしい!

 

ジグザグ登り再び甲武信ヶ岳に戻り三宝山目指すのかと思ってたら まき道があり ほっ!

Yamano10

埼玉県最高峰の三宝山頂上2483mは林中 探してやっと枝々の間に富士山の見える所が 👀

              シャクナゲの多い山     真っ盛り 登山道に落花あちこち

Yamano9

                                                                     実生苗がいっぱい ➨

十文字峠経由で下山 最鞍部に突然巨石が ” 尻岩 ” なるほど ” 尻 ”

Yamano11

 

大山 2225m だろうか❓ 頂上部にも巨石群

「 冬山登る人 こんなとこでビバークするんかな❓ 」

「 かも知らんが 熊も冬眠に良いとこじゃなかろか❓」

「 眠ってるなら 静かにしてれば同居出来るかもよ 」

Yamano12

「 ルート迷うとこ無いと聞いてたが 赤いリボンあまり無いコースだな 」

「 おとやんの後付いてるから気にしてなかったけど あまり無いね 」

「 初めての山は やはりマーカーだ 人の歩いた形跡も大事だが やはりマーカー欲しいな 」

 

天気も最高だし 緑と岩石のコンビネーションは清々しいが 直射日光は けっこうきつい

Yamano14

思ってた以上に危ないとこが多い 気の抜けない 鎖場が次々現れる

娘は怖いを連発しながら愉しんでる様子

Yamano132

どうやら 鎖を全面信頼してない様子で安心               案の定 露出根も確信で握った

2023/07/19

山行

今回の山行は これからも山に登れるか❓或いはもう無理と云う現実を味わうのか❓

昨年は男体山 那須三山 そして孫娘を白山に同行したが

気持が今年とは違ってた 常に心に 娑婆にお別れするのは遠くないかも❓

だから行ける内にと云う感覚があった

今回は胃癌の転移もほぼ無しと 医師から お墨付きを頂いたことで

健康取り戻したのだ あとは年相応の体力減衰はあろうが 山に登れるほどかどうか❓

娘が二つ返事で 同行することになったのが 嬉しかった ( 単独は避けたい )

天気予報が良くなかったので駐車場にまで入れたことが幸運だった

雨衣着て登る覚悟が持てるかどうか❓ その場合 諦めるのに娘が同意してくれるか❓

幸い曇り空だが 雨は降ってない 駐車場まで行き着けた 遠い路上道端駐車でなくて良かった

Yamano

    甲武信ヶ岳が目的だったが  ルートに千曲川源流が在ると云うのが大きなインパクト

 

渓流沿いに歩く時 ナメ滝の表示 滑らかだから ” ナメ滝 ” 簡単な命名だなぁ

どこも岩ごつごつ急流なのに ほんと ここだけ滑らかな露出岩盤

Yamano2

           千曲川源流を右岸から左岸へ そしてまた右へと様々な形態の橋渡るのは愉快 ➨

 

いよいよ ” 千曲川源流 ”へ 350m しかしこの350mが長いのだ

源流噴き出してる場所が倒木の根っこに塞がれてるが 覗き込んで常置のコップで飲む

雨の日はもっと上から水流が有るのだろうが 降ってない今は伏流水がこぼれ出てる訳だ

Yamano3

                                                  娘が美味しい美味しいと 感動の面持ち ➨

 

ロープが有る危ない斜面 おそらく 皆が頼りにするであろう木の根っこの露出

Yamano7

               急な段差 おそらく十人が十人 体を引き上げるために掴まるであろう 樹の幹 ➨

 

後を歩く 娘 捕まるに違いない 樹木の露出根

Yamano6

                                                        案の定 捕まった~

 

登山道は 雨の道になり どんどん浸食されるだろう!

自然景観の維持は難しい いつの日か登山道も移動せざるを得ない

Yamano5

                                      低木帯抜けた~ 尾根筋に到達 視界が開けた 頂上も近い ➨

 

甲武信岳頂上で 雲海の中に富士山を見  あとは小屋まで ジグザグ下り一方

Yamano4

                   テントを張り 小屋で買った缶ビールと焼鳥 その他に娘がキュウリの漬物に

                     牛タン ウズラの卵 豆腐 かまぼこ いっぱい持って来てて (*_*)

山行 記録

激しい筋肉痛

甲武信ヶ岳

Yama10

 

大菩薩嶺

Yama2

2023/07/17

大菩薩嶺

今日も好天

林中 木漏れ日を歩くのは快適

中央に草を喰む鹿

16895735779970

頂上は標高2057と低く林中に有り

 

ガスが出て来たが むしろ歓迎

山の上は暑さ知らずとは言え 尾根筋の直射日光は やはりきつい

16895736036951

大勢が登ってるので熊の心配無用

登りは唐松尾根から雷岩へ

下山は妙見 大菩薩峠経由で上日川峠へ

16895736494132

下山してロッジ長兵衛での カキ氷の美味いこと 娘はレモン 吾はイチゴ

16895736833963

大菩薩の湯に入る

娘を塩山駅に送り 吾は下道で🏠帰ることに

2023/07/16

三宝山

尾根伝いに三宝山 2483.5

16895101102481

埼玉県で一番高い山だそう 標高は甲武信ヶ岳 2475より高いが百名山ではない

甲武信ヶ岳は甲州武州信州三国の境であることでの評価か❓

 

武信白岩山 2288

16895100838560

十文字峠経由で下山

川上村のヘルシーパークかわかみの湯に入る

 

明日は大菩薩嶺に登る予定で

大菩薩嶺の宿ロッジ長兵衛駐車場で車中泊

娘はテント場泊

 

筋肉痛がかなりひどいので 明日朝の体調を見て 実行するかどうか❓

2023/07/15

甲武信ヶ岳

無事頂上を経てテント設営

むすめはグリーンのテント設営 意外と素早く完了

16894081740301

手前オレンジがひろぼの ☺

 

天気がイマイチだったので富士山が見られるとはびっくり

16894081183710

画像中央部小さいが富士山

 

きつくて途中断念かと思ったが

千曲川源流を見られて発奮

Dsc_00732

源流湧き出してる所にコップが鎖に繋がれてて 冷たく美味しい美味しい

16894099770322

 

2023/07/14

山登り

葛飾の嫁に行かない長女に山行き持ちかけたら 即行こうと返事

梅雨空けたらと先月の話だが 日にちは現役の娘に決定権

15・16・17に甲武信ヶ岳と大菩薩嶺を提案してきて・・・

娘の健脚は知ってるが 俺は大丈夫だろうか❓歩けるだろうか❓

天気が良ければ実行と云うことで今朝 🏠を出る

 

R41神通川 猪谷の大きな橋はかなり出来上がってる

16893269599430

 

上高地から流れる梓川の奈川渡ダム湖 ( ながわど )

16893270955721

5時前に 道の駅 〔 小淵沢 〕こぶちざわに着いて車中泊

道中曇り空だったが雨は全く降らなかった

道の駅で今少し降ってるが明日はどうなろう❓

明朝小淵沢駅で8じ半合流毛木平駐車場から登山になる予定

天気次第

降ってくれ〜

2023/07/13

旅の想い出

佐久間ダムで驚いたこと ➨ ダムの奥に流木が溜まってる

Omoi

雨の多い時期で たくさん溜まるのは仕方ないと思うのだが

よく見ると 生活廃棄物がたくさん見られる

Omoi2

資料館でこれらの処理について尋ねたら 流木はチップに裁断して様々利用価値はあるが

タイヤやドラム缶他様々な生活廃棄物も多いので 大変な作業になるとの説明

源流が諏訪湖になるのでたくさんの街を経巡って来るので仕方ないとは言え

綺麗な河川で在ることが願わしいと強く印象付けられた

 

旅をしてて 愉しいことの一つに地名を目にすることがある

Omoi3

読めない文字には 読み方に様々ある漢字には困ったものだと思う

誰が読んでも ” みずくぼ ” か ” みなくぼ ” だろう ” みさくぼ ” とは困った漢字

 

珍しい植物との遭遇は愉快

              夕顔                  パッションフルーツ トケイソウの仲間 文字盤みたい

Omoi6

                       山百合だと思うが花の数がものすごい14着いてた ➨

井川ダム湖奥 井川町の船着き場に ワルナスビの群生に出会ったのも印象に残る ⤴

 

無人販売所は 珍しくないが 木材を置いてるのは珍しい

Omoi5

                          大平街道の何十と在る案内板 全て木製の手書きの味わいある風情 ➨

         沢であれ池であれ 何とか谷 文字を見ただけで旅してる感じが増幅されるような!

2023/07/12

ヒメヒオウギズイセン

アヤメ科 ヒオウギズイセン属 南アフリカ原産とだが 耐寒性もあり繁殖力旺盛

日本のみならず全世界で野生化してるそうだが

佐賀県では栽培が県条例で禁止されてるという

Montbretia

濃い紅色で花期もけっこう長く 絶やすに忍びない魅力ある花

そろそろ終わりに近づく 金鶏菊もそうだが 外来草花でも綺麗な物は綺麗

Montbretia2

繁殖力旺盛過ぎるとは言える

今日は強くなったり弱まったりしながら一日雨

昨夜がピークと思ってたら 今夜も要注意のピークらしい

📺に酷い水害ニュースが流れてるのに 当地は無難とありがたく思ってたが

今 酷い降り様 心配なほど強い雨音と⚡ 

2023/07/11

わらび餅

道の駅 〔 五木のやかた川上 〕で家への土産として わらび餅二箱買ったのだった

夕飯時

「 あっわらび餅忘れてた 」

「 わらび餅❓ 車掃除したでしょ  わらび餅は日持ちしないよ 」

「 バイクの上に載せたままだった 見て来るわ 」

Warabimochi

「 あんた いい加減もいいとこだわ これってすぐ食べるものよ 賞味期限明日11日 間に合ったけど 二箱もどうするの 」

「 〇〇子さんのとこへもと思ってね 」

「 明日すぐ届けるから大丈夫だろうけど ほんと おかし人だわ 常温保管で良かった 」

「 これってすごいやつよ 手作り高級品だ ネットで最高級の折り紙付きだ わらび餅って200円くらいのもんだよ 安物買いのお父さん 800円もするの よく買ったな 」

「 えぇっ 調べてネットに載ってる物なのかい 」

「 見てよ 製造者の名前載ってるよ 工場での大量生産じゃなく 手間ひまかかる昔からの製法で高いんだ お父さん食べたこと無いんかよ 」

Warabimochi2

「 お前 そんな菓子の事 よく知ってるな 」

「 誰でも知ってるよ お父さん違いも分からないし 鼻も効かないし 行列のラーメン屋より 空いてる方に行くんだから 」

2023/07/10

今日は3つ仕事こなす

① ホームドクターで 胃・十二指腸ファイバースコピー いわゆる胃カメラ

   綺麗な胃になってる 繋目 素人目には分らない 医師がここでと言うから そこなのか!

   全く問題無し

② 市の健やか健診 

上の序でに月一の高血圧治療として いつもの薬を貰う 28日分 30日に出来ないのかい❓

最近 眠るのが下手になり 眠剤を10錠貰う

あまり使わない方が良いが 10錠ならまぁ良いか!と

Tooka

③ 県立美術館 示現会展を観に行く

吉塚春生さんのこの絵を観て 微笑ましさに笑ってしまった 

Jigen 画家に この絵を描く

動機を聞いたら

かって とある美術展で

少女が絵に近付き過ぎ

会場の係りから

絵に触らないよう

注意受けたそう

そしたら

少女は

決して触らないことを

示すかのように

後でをしっかり結んで

鑑賞してたのを見て

着想したそう

 

 

 

 

 

久し振りに ゆっくり絵を鑑賞

 示現会は具象画ばかりなので 観るのに安心感がある

暗い空にぽっかり 利尻富士の白

雪に覆われた礼文の海岸に漁師小屋の無秩序な広がり ひっそりした平和

Jigen2

北海道行きたくなる 涼しい北海道

2023/07/09

蒸暑い

旅の間 涼しかった ほとんど暑いと思った時間は無かった

今日は車の片付け 洗濯で その他何もせずに過ごしたが

家の内外 蒸し暑いこと 茶の間は28℃ 湿度72%           玄関外 庇下は 少し低い

Konnyaku2

 

何もしないつもりだったが 旅の途中 衝動でコンニャク苗を買ったのだった

育てられる訳無いのに 100円の表示に 衝動買い 情けないことだ

せめてそれだけは 速めに植えとかなきゃ!と

Konnyaku

水でほぐすと 7本も有り 菜園に植えた   一本は庭の明るいとこに植えた

コンニャクが好きで 関東方面走ると お土産にコンニャク買ったことは二度ならず

巨大な芋 グロテスクな色形 マムシグサ テンナンショウのような不気味な茎模様

好きと云う訳ではないが 気になる植物

庭で育ったら 観賞価値はあるかも❓

2023/07/08

一日ワイパー

三日間良い日に恵まれたが

今朝 岐阜県中津川市の 道の駅 「 きりら坂下」で目覚ましたが雨

もう一日放浪出来るのだが どうやら雨がやまない様子なので家路につく

下道で一路金沢目指す

Youka

R41号

ワイパー動かしっ放し

Youka2

飛騨市神岡町割石温泉で旅の疲れを癒して

Youka4

                                                                      井波町の 〔 鮎の里 〕

家に帰り着いたら こちらもかなりの降り

今深夜がピークらしい

 

2023/07/07

佐久間ダム

静岡県 浜松市 〔 佐久間ダム電力館 〕

Sakuma

天竜川は ↖諏訪湖に源流を発してると知り へぇ~!    そして遠州灘に流れ込んでる ➨

 

廃校になった小学校。NHKで放映されたそう 長野県飯田市木沢小学校

どうぞ自由に観覧下さいの立て看

16887345482941

 

環境省 名水百選 長野県飯田市 〔 猿庫の泉 〕

16887346172662

かって来た時からガラリと変わり 立派に整備されてる

今時こういう分野に・・・大したもんだ

飯田市に拍手喝采

昨日の分

愉し過ぎてワイン飲み過ぎた

大井川鉄道

16886835450761

湖上駅を展望所より

16886834620980

 

16886841337074

2023/07/05

大井川鉄道

お茶どころ 大井川沿い 空中湿度十分の茶畑

16885444846590

” 耕作放棄地 ”らしきも散見

16885445949392

 

トロッコ電車で緑深い渓谷

16885445352911

湖横断トロッコで接阻峡へ

山深いがネットは問題無し

2023/07/04

DIY

昨日ウォッシュレットが壊れた ノズルが出てこない

息子とネットでパナソニックの同型の便座を検索しあれこれ調べたが分らない

今朝相談センターへ電話したが大勢が掛けてるか繋がらない

取り付けたのは何年前になろうか❓ 遠い記憶 一度交換した覚えはある

それから かなり経ってる 修理の何のと言わずに 新しいのにしよう

Diy3

交換した所へ 昼過ぎ息子からライン

「 トイレどうした❓買って帰ろうと思うけど 」

「 もう換えた 💩いっぱいためて帰って来いや 」

「 俺買うつもりだったのに 聞いて良かったけど お父さん安物買いだからな 」

「 そうだ お前に買わせりゃ良かった 値段で選んで 5ランクの下から二番目だ 」

「 仕事速いな 認知症気味だと思ってたけど よく出来たね 」

「 出来るも出来ないも言ってられないだろ トイレは待った無しよ 」

「 マジックで年月日書いといてくれ 本体の目立たん所に」

午後分解し金属 電気関係 燃える護美に分類

Diy

息子を感心させて 気分が良くなり やる気高揚

金属 電気関係は町会の市の収集日でも良いが

序での時に市の西部環境センター資源搬入ステーションでOK

Diy2

けっこうな数のビス ねじ類                             燃える護美 まだいっぱい入れられる ➨

 

やる気序でに ハンゲショウ前の石の平鉢に雨水が溜まり蚊の巣になるので

半透明のアクリル板を 形に切って載せたら 多少の凹凸があるので不安定

Diy4-2

抑えに載せる石を探してたら 石斧にしようと拾って来てたのに気付いて柄を付けた

見た目におもしろいし 多少風吹いても飛んでかないだろ

右端にもう一つ載せにゃ いかんかな❓   

2023/07/03

キンシバイ

ひどい水害の地域があるが 当地は今日も良い天気

昔しばしば氾濫したと聞く金腐川に近いし 上流に医王山あるから

いつか同じ状況に見舞われる時があるに違いない

「 お前金貯めとけや 床下浸水でも こんな古い家掃除しただけじゃ済まないぞ 建て替えせにゃならんことになるな 」

「 あんた何も言わんけどボーナス出たの❓  貯金しとかにゃいかんよ役所はこの間平均70なん万とか言ってたけど 」

「 みんな貯金してたら経済回らんよ みんな遣わにゃならんのよ 貯めこんでるの2千兆円とか言ってたな 」

「 もし地震や水害で🏠だめになったら 我々は壊して平地には出来るが 新しく建てるのはお前の仕事だ 」

「 壊すだけじゃなく建てるまでやってくれよ 」

「 甲斐性ない話だが 壊しで精いっぱい お前勤務歴長いし しっかりした会社だ 銀行から金借りられるよ 」

「 こんな昔の🏠使い勝手も悪いし暗いし 今風の明るい家建てなさいよ 」

折にふれ 似たような会話が交わされる

 

お日様に金色に輝く 金糸梅 悪代官の山吹色

Kinsibai-1

                                                           蕊の糸も ほんと金色

対生し秩序ある葉の付き様は気持が良い   まじめそうな表情の蕾も魅力的

Kinsibai-2

北側で日当たり あまり良くないとこで よく花咲かせる

2023/07/02

ハマユウ

浜木綿が旬

Hamayu

浜木綿と聞いて知人から数年前に頂戴した株が今見頃

実はアフリカハマユウあるいはインド浜木綿と言うのが正解らしい

Hamayu2

                                                 ヒガンバナ科 ハマオモト属 見事に葉の広いこと ➨

浜木綿とは 小笠原で見た 細い糸が絡まってるような花弁が思い出される

百合の花に似た上のとは全く違うものだと思うが 何故ハマユウと言われるのか 勉強不足

ヒメロカリス属と ハマオモト属との違いがよく分らない

両者ヒガンバナ科ではあるが 本物のハマユウは寒冷な所では見られないだろ

花弁以外の草姿は全く同じに見える

2023/07/01

宅急便

📺は災害級と雨を伝えるし 各地の被害を報道するし

家の外で水の溜まるとこをひっくり返す ( 蚊を喜ばせないため )

Keihou

大した降りじゃないので ほっと胸撫で下ろすのだが 油断は禁物

忘れた頃にやって来ると聞いてるので 忘れてないと示すために用心はする

 

今日は氷室饅頭を食べる日 関東に送ってあげようと いつもの森本のお菓子屋さんに行くと

お一人20個までにして下さいとのこと 数日前から売れて売れて大変だそう

おいしいと評判のお店だそうで 遠くからも買いに来られるそう

うちは20個で足りるので良かった

なんとお店の入口に ヤブカンゾウの立派な株が かっこ良く地植えで 💓

Keihou2

うちのも 明るいとこに お移り願って 来年は立派な株に育てるべし

 

氷室饅頭 関東の娘達に送る序でに

Keihou4

スモモ 茄子 ミニトマト 胡瓜 ガーリック 菜園で採れた諸々

本三冊 〔 子供の科学7月号 〕 〔 おさわがせ外来生物大集合 〕 〔 ドラえもん一年生 〕

金沢サティ―の宮脇書店で適当に探す ➨ これが最も鬱陶しい時間

何が良いか 自分の物を買うのも苦手 買物嫌いの吾が 人の物を選ぶなんて・・・

本でも送ってやろうと思わなきゃ良かったのに・・・

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »