無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023/11/30

タイヤ交換

家内の🚙 ホンダNワン

スノータイヤに履き替える

Pxl_20231130_022211926

自分のは 雪降ったら換えるのが 例年の習い

当地はまだ雪降らないが 先の関東行きの頃天気悪かった

奥飛騨平湯 鳥取 雪降って車が困ってるシーンが📺に盛んに出てて

スノーに換て行くか だいぶ迷ったが もし降ったら遠回りでも雪無いとこ選ぶことにし

ノーマルタイヤで走った

帰り道 白馬辺り小雪混りの雨で外気温が0度になったので びくびくしたが

小谷村に入ると さすがに温泉地 地熱が高いのか一気に5度に上がった

洞門 トンネルの多いR148号 心配なく快適走行

糸魚川に出ると日本海沿い7度8度となり安心ドライブ

2023/11/29

洞門

28日群馬県上野村 R299十国峠 佐久市 上田市 安曇野市

安曇野の道の駅 〔 安曇野堀金の里 〕で車中泊

大町市から白馬村 小谷村 糸魚川に至るR148

長い洞門が続く

Pxl_20231129_010002554

 

糸魚川・静岡構造線露頭への🍁道 R148から500m

Pxl_20231129_011732841

露頭

Pxl_20231129_012330532

午後3時頃 🏚帰着

2023/11/28

三波石

三波石峡を歩く

Pxl_20231127_233635897

降り口が五番目まで有るようだが 工事中で降りられないとの看板有ったが

探したら工事してない降り口見付た

Pxl_20231127_235404326portraitoriginal

あちこち四国の伊予石を目にするが 正式な名前は〔 さんばいし 〕だそう

熊本から伊予を通り糸魚川・静岡構造線( フォッサマグナ )を超え長瀞を東端とする

大断層中央構造線の南側に一様に点在するそう

 

左角が直角に曲った城郭のようなダム 〔 下久保ダム 〕〔 神流川 かんながわ 〕

下から見てみようと車を下ると物凄い急傾斜 帰り上れるかな❓

建物有るのだから上り下りしてるのだ と下りた

帰り傾斜角34度の表示に びっくり😯

Pxl_20231128_003817383portraitoriginal

濡れてたら絶対に降りるべきでない傾斜

今まで経験した最も急勾配の坂

ダム湖の水位低いなぁ

Pxl_20231128_005511584

景色は申し分ないが・・・ ダム湖に沈んだ かっての道らしき痕跡が見える

水位が上ったら 点在する島々は小さい頂上のみになろう → それも良かろう

2023/11/27

旅の空が明るい

今日は満月🌕

道の駅〔 常総 〕で干し芋買う

平将門の史跡を巡る 

Pxl_20231127_005556556

車のドアーを草に擦りながら道案内間違ってんじゃなかろか❓と疑いつつ進むと

大きな川の堤防に突き当り そこらを探す

英雄の墓所が 今は 一応整備されてはいるが 草叢に最近造られた石碑のみ

Pxl_20231127_005048317

桓武天皇の四代目が阪東の地に帝国を築こうとしたが果せず

澄み渡る明るい空の下 過ぎた歴史に人の生き様に思いを巡らす

 

さきたま古墳公園

かっては水濠を巡らせ ハニワを並べた前方向円墳が点在する

Pxl_20231127_053853877

出土品の博物館は 大規模な改装工事で閉館中

 

昨夕の温泉 埼玉県神川町の〔 白寿 〕は良かった

地下750mから汲み上げるそうだが

無色透明が空気に触れ加温すると褐色になる

塩分濃度は海水と同じ程度という 吐出口を掬って飲んだら確かに塩っぱい

屋内洗い場 露天 至る所床が千枚田と言うそうで 湯の成分が結晶し 10センチから30センチと

不整形に輪を成し田んぼを作っており深いとこは2センチもあろうか

大人には足裏に心地良いが 子供は躓きそう

2023/11/26

放浪初日

家内と娘に 何処でも希望する所走ると言うと

娘は堀切菖蒲園行きたいと言う 家内はどこでも良いと

堀切はいつでも行けるとこ

吾が決めて

牛久大仏は京都東本願寺の建立で浄土真宗寺院

阿弥陀如来の銅像そのものがお寺さん

世界一大きい銅像 背丈120m 体重4000t

Pxl_20231126_024426895ts_exported_1673_1

お胸の高さまでエレベーターで昇れる

 

笠間市の笠間稲荷神社の菊祭は 日本で初めての菊祭

夕方二人を筑波駅に下ろして吾独り旅 放浪初日

巨大な手水鉢は菊花いっぱい

Pxl_20231126_043203083

 

菊花の多いのは言うまでもないが

カラフルな傘の数々

Pxl_20231126_043310744

孫と遊ぶのは愉しいし 40半ばの娘は今も可愛い

しかしながら独りになって 吾は やはり独りが性に合ってると😆

2023/11/25

量販店

何処にも行かず

1日葛飾で大宮母子を迎えて6人わいわいガヤガヤ

Pxl_20231125_101255523

夕方近くなって 大宮送り方々量販店に寄り

買物終え別れる

巨大な店 安物買いの銭失いじゃなかろか❓

物減らそうと終活意識の者と現役世代の落差は大きい

こんな買物愉しんでる様子

吾はひたすら若い世代を認めようと穏やかな振りし時間を費やす

二言だけ言った 「 木製品とは言え口に入る物に触れる器具道具に端材を接着した製品使うなよ そりゃ人体に無害なのだとは思うけど 」

「 本当に必要なのかよ❓ 今まで無くて やってたのかい❓」

しかしながら 巨大な店の展示 支払い 様々なシステムは興味深い経験ではあった

2023/11/24

木登り

〔 月の石もみじ公園 〕に行き駐車場を探してる時 博物館が有って

この駐車場に入れば もみじ公園に行けそうと思われ博物館に入る

埼玉県の動物植物はじめ総合博物館だが

地質のコーナーでは長瀞の岩石の解説紹介の比重は大きい

5歳児が展示物に興味を示して けっこうな時間を費やす

Pxl_20231124_015839961

日本の地質学発祥の地との石碑もあった

案の定もみじ公園にも行けた

実に🍁の木が多い

Pxl_20231124_021757671

あちこち散策してる時 5歳児が木に登りたいと言い出す

金沢でちょっとした木登りの体験があって

その上に最近テレビで見たらしくて ママも言う 「 じ〜じ◯に木登り教えてあげて 」

「 分った 」 人気の無いとこでモミジの木に やってみろと言ったが全く出来ない

しがみ付くだけで どうにもならない

それで手伝って やっとこさ この程度 しかも 自分で降りられない

Pxl_20231124_024509612

 

そこで爺が実技を見せた

1700827065346

人気無いとことは言え 公園の一部 たまには来ないでもない

ちょっとやり過ぎたかな❓

しかしながら孫の大きな尊敬を受けたようだ

2023/11/23

旅二日目

8時半葛飾を発ち

Pxl_20231122_232817798ts_exported_14863_

 

関越自動車道 下りなのに 鶴ヶ島辺り長い渋滞

大宮連中と現在地をやり取りするが ほぼ同じ状況

約束10時をお互い20分ほど遅れ 岩畳駐車場で合流

大勢の観光客

Pxl_20231123_021241621

紅葉は十分真っ盛り

皆でシート広げ昼食

Pxl_20231123_023342257mp

宝度山ロープウェーで宝登山神社にお詣りし頂上へ

 

宝登山一帯はカエデ樹木が多いので見応え充分

Pxl_20231123_053441409

下りは歩きで 道は良く整備されてて 落葉踏ながら良い時間

孫達3人共元気で喧嘩しながら よく育っててありがたいこと

下山後 パパと小5小2 葛飾の娘は大宮へ

私達と大宮の娘と保育園児は近くの旅館で

6時半夕飯

2023/11/22

葛飾区

家内と二人で娘の新居訪問

お土産 インテリアに干柿

Pxl_20231122_133254813

途中 白馬の峰々

Pxl_20231122_025458512

久米路峡 佐久間象山お手植えのカエデは葉を落としてた

僅かに残ってる葉を持ち帰ろうと株元を両手で叩き振動与えたが一枚も落ちてくれなかった

Pxl_20231122_040928520

下道で来たが下仁田で高速入る

関越自動車道に合流してからひどい渋滞

Pxl_20231122_090405629mp

7時過ぎに大宮に着き 娘のとこで軽く夕飯食べて

小4と保育園児乗せて 葛飾の娘宅に10時着

明日は長瀞で皆で合流してから 何処かで一泊するらしい

2023/11/21

灯籠

一昨年亡くなった兄の子供 姪の頼み

庭の灯籠お墓に設置したいんだけど どこに頼めばいい❓

「 何時までと言わないなら おじさんやっといてあげるよ」

「 全然 何時ってことはないよ半年でも来年でも 」

「 分った 暇な時体調の良い時 少しづつ運んであげる 」

「 灯篭無くなったら草刈りしやすいでしょう 」

「 そうだな お父さん亡くなってからおじさん草刈りしてたが灯籠無くなってからは お兄ちゃんにやらせにゃいかんな おじさん機械貸して手ほどきするから 」

「 ありがとうございます お兄ちゃんやるかな ❓」

「 やらせるしかないだろ 相続した家なんだから 今は彼のもんだ」

「 ○○○こそ自分の家庭が有るのにお兄ちゃんの家までどうして構うんだ❓」

「 だって お兄ちゃん何もしようとしないんだもん 」

雪見灯篭は部品は大きくないので容易

盆過ぎからフリードに完璧な養生をして運び兄の墓の後に設置

Pxl_20231121_054340558

春日燈籠は雪見より大きいので 6つの構成部品を

宝珠と火袋で一回 中台と竿で一回 笠だけで一回

Pxl_20231121_054323528mp

基壇は大きく重いので 山村のいとこの軽トラックを借りて今日お墓の近くまで運んだ

車から下ろして チェーンブロックで移動するのに いとこが手伝ってくれた

助けが無かったら 車から下ろすのが精一杯だったが

お陰で ほぼ設置する場所に近いとこまで運べた

Pxl_20231121_025801673

これで すべて お墓の見えるとこまで運んだので

年の暮れまでに 再びいとこの助けを借りて

組み立てようと思う

先が見えたのでやれやれ

2023/11/20

報恩講

御坊さんお二人が来られ 年度で最後の行事が無事終了

Pxl_20231120_003211478

年の瀬が迫って来たなぁ!と感じさせられる

 

パソコンをいつものように立ち上げようとパワーオンすると

〔自動修復を準備してます〕

〔PCを診断中〕

〔自動修復でPCを修復できませんでした シャットダウンそれとも詳細オプションで修復を試すか云々〕

初めての経験 訳分からん 2・3度やったが同じ事になるので

スマホでネット検索 対処法探したが 手に負えない作業が必要らしい

機械ってのは壊れると云うか どうにもならんもんだなぁ

ほんと ストレス製造機だわ

たまたまスマホで撮ってた写真で今日もブログはアップ出来たが

なんともはや 困ったもんだ 付いてけない世界❗

過去ジャストアンサーで問題解決したこと2度3度あるが

あれもまた鬱陶しい作業で・・・

2023/11/19

ほんこさん

明日の報恩講のために 大仕事

仏具磨き3時間程かけての大仕事

Honkosan

毎年何一つ手伝いしない息子が 今年初めて家内に手伝って障子張りするのには

吾は仏具を磨きながら笑う

アンクがひっちゃ破ぶいたので手伝わざるを得ない立場に

それでも始めたらけっこう熱心にやってるので感心

吾は障子張り ➨ 大嫌い

仏具磨き ➨ これも面倒この上ないが やらざるを得ない・・・

今日はたまに雨降ったみたいだが まずは穏やかな日和

2023/11/18

アラレが降ったのは 多分今冬初めてじゃないと思うが

吾の目で確認したのは 今日が初めて

     ヒトツバウラボシ                          苔にアラレ 悪くない景色とは言え・・・ 

Arare

                                                            マンサクの一葉がなんとも良い ➨

 

目まぐるしく変化する気象 冬の入口らしい気まぐれ天気

良い日も有るにはあるが 安定しない

吊し柿 天気の良い日には天日に干すが 雨に濡れカビ生えたら たいへん

干しててもいつ天気が急変するか分らない

用心して 軒下 雨の当たらないとこに吊しといても

この頃の雨は荒模様 横から降る場合もあれば 下から上も有る

なるべくなら陽に干したいが いよいよ天気は当にならない

Arare2

昨日今日と こんなに降るんじゃ外という訳にはいかない

洗濯物干す 除湿器の部屋に退避

太平洋側が羨ましい季節

2023/11/17

サザンカ

         終日 降りやまず 強くなったり弱まったり

Sazanka2

 

      茶山花が旬

Sazanka

            花いっぱい            ⤵ 落花も

Sazanka3

          蕾もいっぱい

Sazanka4

2023/11/16

奥能登国際芸術祭 Ⅴ

能登出身の人と話してる時芸術祭が話題になって

案内表示が以前より分り易く進歩してるが距離表示が も少し多ければと言ってたら

今回も同じ作品がいっぱい有って つまらん云々言うので それは違うと吾は言った

前回 前々回と同じのが有っても良い 街の景色として定着するのが増えてくのは望ましい事

そして建物内の作品もまた 同じ物が有って良いのだ 新たなのが少し増ればそれで良しと!

旧正院駅軌道敷内の巨大な植木鉢は周囲に馴染んでる 樹木の生長が見られ 新緑紅葉と季節変化も見られる

Soukatu5

 

旧蛸島駅辺りのカラフルな枠は 珠洲の景色と言うか 地域の個性として存在感は大きい

Soukatu7

                                   線路の向うに電車が有るのも良いと例を挙げたのだった

珠洲焼資料館の劉建華さんの〔 漂流する風景 〕欠けた陶磁器 アルミ管で覆われたバス停もそうだが

野外に在るのは景色として地域に馴染み人々 旅人の美的感性を刺激し続けてる

 

そして建物内に在るのも前回に引き続き 同じ物が 有っても新たに来る人には新鮮なのだ

回を重ねる毎に新たなのが何点かづつ増えて行けばそれで良い

同じ作品を今年観て次回に繰り返し見るのもまた悪くない 何がしかの変化を感じるもんだ

観る人の年齢 心境の変化 同じ作品だからと言って  いつもその人にとって同じじゃないもんだ

Soukatu10

今回 円盤に撥ね返り勝手に飛んでくる黒いボールを幼児が何度も拾って投げてるのも良い景色

この子は10年後 この作品を見て どう思うかな❓興味深いことだ

 

中島伽耶子さんの 飯塚の旧事務所 〔 明るい家 〕

Soukatu6

再び訪れるのも愉しみ 神秘的空間から受ける感興は再び新鮮              外壁の様子 ➨

 

山本基さんの 〔 記憶への回廊 〕 旧小泊保育所 塩で作られた造形

観客の親子連れの幼児が「 曲がってる~ 」と言ったので

                            その子の見た位置に行って見ると 上部が左に しなってる ➨

去る6月震度6強に 何とか耐えたのか!と ある種の感動

Soukatu110

バックアップとってた前回の画像を見直して 大きな影響受けてないなぁ!

同所での 建物内の紋様の広がり 再度目にして飽きない 再び心地良い興奮

Soukatu8

 

同じ物が有るのも良い そして勿論新たなのも目にし愉快 快感 感動

先週土曜日にも取り上げた 〔 種のタイムカプセル 〕菱の実の作品

これだけの量を集めるのにも びっくりだが 何かしら成長のエネルギーを秘めた” 種 ” という物

Soukatu3

  人間も含め 有機体の隠れた生命力の不思議に打たれる

Soukatu2

新たな発想との遭遇 何てことないツバキの実の殻から 神秘のカラクリが探れないものか❓

 

次回が楽しみ 何とか続いて欲しいものだ

自治体の努力に敬意を表するとともに 県なのか文部省なのか文化行政に係る行政の

支援が得られてるのかどうか知らないが

地域に定着するイベントとして いつまでも続くことを望む      

2023/11/15

西王母

ツバキが旬

親しい友人から頂戴した花咲いてる株だったのに 何年も 花咲かなかったり

一時葉が黄色くなり 勢い失いそうになって 心配した時期もあったが

ようやく土に馴染んでくれたか 樹勢を取り戻した感じで ホッとしてる

Seioubo

今は枝葉の茂り 葉の色も良し

当地で育種された品種と聞いてるので なおさら手に入れたいと思ってたので 落花も愛しい 💗

心から安堵

吾は植物が好きなだけで 育てるのは下手・・・と云うか世話しない

放ったらかしで育つものでないとだめ

好きなだけ 植物の生理を知る努力もしない なんともはや とんでもない愛好家

2023/11/14

初冬

24節季の初冬は8日に始まり21日迄だそうな!

日も短くなった

今日は時折雨が降ったりもしたが 陽が射す時もあり相変わらずの気まぐれ天気

昨日コロナワクチン7回目を打ったせいだろ1日体がだるく 茶の間で寝たり起きたり

少し体を日に当てるべしと 晴間に 秋の名残を探した

華やかな紅葉とは言えないが 虫食いがあったりうらぶれた初冬の雰囲気は悪くない

    ヒュウガミズキ                       梅モドキ                               夏ハゼ ➨

Shotou_20231114211301

マユミ 今年初めて立派なツリバナが見られそう    ドウダンツツジ       小紫式部 ➨

 

       小真弓                          蔓梅モドキ今年は実生らず                     柿紅葉 ➨

Shotou2

           ブルーベリー                               夏椿                                 マンサク ➨

 

       薮茗荷                                ヒノキシダ                イワヒバ ➨

Shotou3

蜂は寒さでもう元気失いつつある アキアカネ 今年はいっぱい見える   蜘蛛は冬眠するのだろうか❓

2023/11/13

雨 晴 曇 雨 霰

昨日に続いて冬入口特有の目まぐるしく変化する天気

降ってると見てたら 突然やんで やんだと思って外に出たら ざ~っと降って来て

全く当に ならない天気模様

突然お日様照ったので 今盛りの小菊を採りに撮りに出る

Kogiku

雨に打たれて 姿は乱れてるが 元気いっぱい

 

花入れに放り込む

Kogiku2

                                                                         仏花は食用菊と千日紅が ➨

                                                                まだ元気なので そのままにしとく

今日はコロナワクチン7回目午後に予約してるので 入浴寿康苑に行く

医王山は暗い雲の中   目まぐるしく変る空模様           13:35

 Kogiku30

 

2023/11/12

国際芸術祭 Ⅳ

おもしろ~い 自分には想像もつかない発想に あら~っ! えぇ~っ!❓

栗田宏一さん 〔 能登はやさしや土までも 〕 各地の土を採取してきて

Suzu12

                                珪藻土の分布を知りたかったが係りの人は知らなかった

 

昨日に引き続き 弓指寛治さんの ” 布絵 ”

ほのぼのとした布絵に 最も時間を費やした 〔 働き者の母 〕

Suzu13

どこのお宅でも 母と言うのは働き者だろう!

母は一家を支えるのに必死だ おぎゃ~と生まれた時目は見えなくとも匂いは母

泣くだけでも腹は減る オッパイにあり付けるのは母の腕の中

毎日毎日目にするのは30センチの距離に居る母

 

この絵から私も子供の頃海に行くのが楽しみだった シュッシュッポッポ 蒸気機関車に乗って

白尾 柴垣 海へ行くのが楽しくて楽しくて 浜茶屋でラムネ飲んでスイカ割って

Suzu19

 

 城保奈美さん 〔 海の上の幻 〕

Suzu18

   漁師の作業小屋か物置小屋か❓

 

田中信行さん 〔 触生 〕

Suzu14

ルール違反を思いつつ 真正面に見える会場入り口を目指し雑多な物が散らばる近道歩くのは愉快 

 

ラグジュアリー・ロジコさん 〔 豪華朗機工 〕

Suzu15

能登瓦はよく知られてる 艶ある真っ黒い瓦

 

小野龍一さん 〔 アイオロスの広場 〕

Suzu16

                                                       駅ピアノならぬ 浜のピアノ ➨ 

 

すっかり暗くなった頃気付いた もう一つ残ってた

この際行くべし 37番の SIDE CORE  〔 Blouin 'In The Wind 〕

着いたが 真っ暗で何も見えない しばらく暗順応を待って 巨大な風車が作品の一部を成してるらしい❓

薄ぼんやり他は何も見えない

ヘッドライトを付けて閉じられた門脇から ハンコだけを押して車に戻る

前二回とも3・4回訪れてるが 全部を観たことはない 今回は二回で終了だが全てを観る 

Suzu170

カメラはどんなに良く撮れても肉眼に勝るものでは無いと思ってるが ハンコは押し忘れ二つ三つ

夜に限っては明るさ調整したら肉眼より見えるようになった (@_@)

最後のは作品鑑賞したとは言えないが 一つ残らず全部観たという達成感は大きい

2023/11/11

珠洲国際芸術祭 Ⅲ

おもしろ~い (^o^)

マリア・フェルナンド・カルドーゾさん〔種のタイムカプセル〕

Suzu

 

徐震Rさん 〔 運動場 〕穏やかな松林の中に展開される砂利道

Suzu2

            祭りの後 取り除くのたいへんな作業になるなぁ!

 

北山善夫さん 〔 人間は赤ちゃんから生まれる 〕赤ちゃんが大きくなってから人間を産む

Suzu3

女ってのはすごい 人間を体内で造り上げるのだから そりゃ何よりも凄いこと

 

吾は家内と仲良しとは言えない人生送ってきたが

3人の人間を産んだことだけは神に近いことが出来る人と見る

Suzu4

 

鑑賞途上 日本一周の幟を立ててるリヤカーも作品の数々を観賞してる様子

Suzu9

変ってるのは芸術家だけじゃない 自転車 バイクで日本一周 何度か見たことあるし

リヤカーに出会うのは二回目

 

シリン・アベディ・ニラッドさん 〔 流転 〕

Suzu5

生々流転 ワインの入った瓶もビールを収納してた瓶もやがて砕けて 芸術になる

 

吉野央子さん 〔 回遊の果て 〕この方多胡触れるかな❓ そして食べられるかな?

Suzu8

 

弓指寛治 〔物語るテーブルランナーin珠洲2〕

Suzu6

それぞれの人生 様々な想い出があろう その後の人生に良い影響を与えるものもあろうし

マイナスに影響を引きずるのも無いではない お人も居るかも

それでも人は生きていくしかない ン千万分の一で得られた生 死ぬまでは工夫して生きるべし

愉しいこと探して生きるべし

2023/11/10

ザクロ

ザクロは不作 今年は二本の古木で5個しか生らなかった

古木故なのかどうか❓

Zakuro

年々勢いを失うと同時に ザクロ特有の艶のある焼き物のような紅色が薄らいでた

数年前大幅に剪定をし新たな枝に期待しようと考えたが

年数経つ株元が魅力で株元から更新する訳にいかない

Zakuro2_20231112080401

一本は枯れ枝の突起がスコップを掛けるのに良いし 一本は夜間のセンサーライトを担ってる 

実が生らなくとも古木の感じを目で愉しむ以外にも存在価値あり

自然に枯死するまで 残しとこう これも吾と一緒に逝くつもりかも知れない

2023/11/09

ツワブキ

ツワブキが旬 キク科 ツワブキ属    石蕗 艶蕗

海岸近くの岩場に多いと書かれてるが内陸部でも良く育つ

石にくっ付け植えた方が元気良いかも知れない

今日は立冬だそうな! 冬の入口 少し寒さを感じる今頃黄色い花の群れは気持を暖かくしてくれる

Tuwabuki

黄色い大きな花の集まりは存在感十分

Tuwabuki3

同心円に展開する 花弁の単純明快に安心感を覚える

Tuwabuki2

民間薬としてフグ毒 健胃 下痢止め 化膿 湿疹には葉を患部に貼るそう

若い葉柄は山菜として食用になるという ( 食べてみようと思いつつ 未経験 )

2023/11/08

チャノキ

終日青空 風も無し

Cha5

                                                                                 花梨の実 ⤴

 

🏠の土壌が緑茶の木に合わないのか 50年来少しづつ木のサイズを小さくしてる

本来倍の大きさになっても良かろうに かっての三分の一サイズになってしまった

5株有ったのが 現在3株 茶ノ木は強いものだとの思い込みで 永らく気に留めなかったのだった

Cha

今かろうじて花咲かせてるが このまま放っといたら ん年後 吾と共に消えるのだろうか❓

Cha2

花弁の形 規則に縛られてない 自由奔放な感じが好ましい

Cha4

ツバキ科 ツバキ属 緑茶も紅茶もウーロン茶も皆製法が違うだけで 茶ノ木は一緒だそう

常緑でも有るし雄蕊の多いことや花弁の付き方 実もまた椿の仲間と納得

勢いを無くしつつあるので ここらで しっかり対策しないと ほんとに消えてしまいそう

無くす訳にいかない一種 花も魅力的だし 春 新芽を摘んで生噛したい

Cha3

花をいっぱい付けて元気に見える枝もあるが全般的には衰えつつある状況

実生苗も少ないとは言え 有るにはあるので 全く不適な土壌と云うこともないらしいが!

Cha20

どうしたら良いのか分らないが とりあえず日当たり良いとこに移植と言っても場所探しが難しい

一度掘り上げ土壌を換えるのは可能だがせいぜい直径50センチの範囲内でしか無かろう

子供の頃両親が🏠の囲炉裏で自家用お茶を作ってたのを目にしてるし 葉を揉むのを手伝ったこともある

しかしながら現在の庭で かって 新芽を摘んで緑茶作りを試みたが 成功したことはない

何とかして勢いを盛り返す工夫をしなければならない

2023/11/07

食用菊

7・8年前になろうか 今小5の大宮の孫と 富山県砺波市の花フェスティバルで購入した食用菊

そして菜園に一緒に植えたのだった 以来順調に育ち 毎年 食材として 利用してる」

吾が菜園を家内にバトンタッチした後も 維持してる 増やすのは容易だが 一定量で維持

Shokuyogiku

 

                                             酢の物にし 味良ければ 食感も好ましい ➨

Shokuyougiku2

そもそも当地では菊の花を食べる習慣無かったが 親しくしてる近所の奥さんが新潟の出身で

何かの折に頂戴して初めて食したのが 我が家の始り

以来その味に魅せられと言うか おもしろいという感覚が強いか❓

先の花フェスティバルで苗が売られてるのに遭遇 購入したもの

 

食べ物にも 様々有るもんで

先頃息子が押水の産だと言い ” 黒イチジク ” を持って来た

初めて目にしたが 食べた感じで  「 うまい なかなかいい味だ 」と言ったら

息子が 「 美味いだろ ほんとに旨いよ 」

「 だけどこんなにたくさん買ってどうするの イチジクは早めに食べないと うちのもまだ有るし 」

「 お前自分とこで採れるもの値無いように思ってるが 公平に味見したら うちの方が美味い 」

Shokuyoubiku30

「 これも確かに旨いけど うちの白の方が甘味は強いよ 」

たまたま一つ有ったので 息子に食べて見ろと出した

「 甘過るな 俺には合わないわ 」

「 お前潔くないな 甘いに越したことないだろ 」

「 このね 甘味は蜜なんだよ 天然の蜜の甘さよ 」

 「 素直にならにゃいかん2対1 だな 」

「 多過ぎるからジャムにするわ 」

2023/11/06

ぬばたま

ヒオウギ 花の時期の妖しいほどの 艶やかさ は格別だが

花過ぎて 今頃の時季の黒く艶艶した実への変貌は目を驚かす

平安の昔から歌に詠まれたのもむべなるかな

Nubatama

 

            檜扇 ↓ 地際からの葉が宮廷の女性の持つ檜扇に似てる事からの命名と言う

Nubatama2

                                        真っ黒の珠を地に落し 小苗を生じて増える生命力の強さ

枕詞として 夜 夢 闇にかかるように 恋の秘め事を予感させる色っぽい歌が多ような!

磐姫皇后     居明かして 君をば待たむ ぬばたまの 我が黒髪に 霜は降るとも

大伴家持     ぬばたまの 昨夜は帰しつ 今夜さへ 我れを帰すな 道の長手を

2023/11/05

シュレッダー

十日ほど前から作業場にシュレッダーが置かれてる 息子は知らないと言う

何かの都合で従兄弟が仮置きしてるんだな!

その従兄弟が 今日来て「 ひろ~ シュレッダー使ってみたか❓」

「 使っていいんかい❓ どうしたの❓使った経験無いよ 」

「 ただで手に入ったんだ 使ってみよう 」

「 そうかぁ 2・3年前に買おうかと検討したが終活で物増やさない方針でやめたよ 」

「 新車に護美載せるなよ これで剪定した枝物粉々にして菜園に撒けば土壌改良になるぞ 」

「 山走るの量少なく出来るな 」

「 マニュアルも付属工具も付いててほぼ新品らしいよ  」 

早速二人で使ってみた ブルーベリーの更新古枝 プルーンの徒長枝3・4本を伐った

オモチャみたい機械に見えるが45ミリまで可能と書かれてる

Shredder

                                とりあえず25ミリ位迄としよう     見事なもんだなぁ 🌝 ➨

 

試し枝どれを伐ろうかと 探してる時 カエルの鳴き声が奇妙 反響する響き ❓❓❓

ムベの棚の辺り ・・・ 響いてる ❓❓                   解放部のあるパイプを覗くと ➨

Shredder4

                                                                   良いとこ見付けたなぁ ➨

ムベは日影を作るために テーブルの上を覆うように配置したが

ムベの実は見た目におもしろいが 口に入るにはアケビの方が美味い

Shredder30

実生苗が育ち最初3枚葉で 成長に伴い 5枚葉に そして7枚葉を持つようになると実が生ると聞く

753の縁起木と聞くので 何やら貴重な気がして 実より葉を 葉の茂りを利用する気分 💗

 

2023/11/04

有峰

有峰ダム湖辺りは紅葉真っ盛りと思い 走った

祐延貯水池 ( すけのぶ ) への入口に向うと閉鎖されてた10月いっぱいだそう

残念無念 祐延湖方向への道は紅葉林の中を走るので紅葉鑑賞には最適なのに!

有峰口からの道はトンネルが多くて錦繍の斜面を谷を隔てて見るばかりなので感興に今一

トンネルが好きな吾とは言え

Arimine4

この際道の良さや速さよりカラフルをゆっくり観たい

しかしまぁ仕方ない 有峰口亀谷温泉から有峰林道を走るしかない

料金所 ( 2千円 ) を通過してしばらくで 紅葉真っ盛り

Arimine2

 

ダムを左に見ながら山之村に進もうと思ったが カラーは時季を過ぎてる

Arimine3

しかしながら 冬枯れ間近の うら寂しい風情もまた悪くない

 

          所々に秋の名残が点在する

         ヤマブドウ                      真っ赤なコマユミの株が多い     リョウブ❓

Arimine5

 

草モミジもまた 色を残して 秋深しの感

      イタドリ                    チガヤの仲間❓イネ科は類別が難しい                  羊歯

Arimine6

     ゼンマイ          シシガシラの緑もまた周囲のカラーを引き立てる      イタドリ

この分だと山之村も紅葉は無理かな❓ 夕顔の駅で蕎麦でも食べられたらと思ってたが

走るばかりになるか❓と大田原峠に向う

神岡町のR41に出る道は閉鎖されて20年程になろうかと思うが もう廃道の気配

峠の湧水で ぬるくなったコーラを冷やしながら

熊が現れたら車に跳び乗れるよう サイドドアー開け放して敷物敷きコーヒー飲んでたら

ゆっくり どっしどっし悠然と歩いて来る大きな猿 車も吾も全く意に介してない歩き

Arimine

       大田原峠を発ち ダム過ぎてた所で再び道脇に猿     毛づくろいしてるカップル ➨

                         車停め真横に2m位でカメラ構えたが全く慌てる気配無し

人間は悪さしかけて来る存在じゃないと 完全に安心の態

2023/11/03

文化の日

突然のラインで 楽器運んでくれと

( 予め頼まれると吾には窮屈 本当に困った時 早くても前日が一番と宣してる )

天気良いのに 絶好の遊び日和なのに・・・

南砺市のヘリオスで音楽祭

Helios

市民の合唱に ハープとフルートがゲスト演奏協力

 

次いで二部は プロ音楽家の演奏会

Helios2

ハープ上田智子さんの演奏は この春亡くなった坂本隆一さんの戦場のメリークリスマス

71歳で死去とは勿体ないことだ

テノール歌手 近藤洋平さんの カンツォーネ〔 カタリ・カタリ 〕

カンツォーネはほとんどが失恋の歌だそうな 😯

フルートとソプラノの藤井ひろみさんの荒城の月 メリーウィドウは美しかった

声楽はあまり好みじゃない吾も あぁいいものかも知れないと感じた

鶏の首絞めたようなソプラノは好きでないが男性のテノールは聞きやすい 🎵

 

帰ってから 急いで金沢サティ―の本屋さんで 大宮の小二への誕生日プレゼントに本を探し

家で荷造り クロネコヤマトで明日着の最終便18時半に滑り込みセーフ

Helios3

急いで手紙を仕上げたが 白紙空間イラストで埋めた最終印刷のを 保存し忘れてしまった

家庭菜園のパプリカ 柿大宮の頭数5個 アケビ一個 柚子3個 下の廊下行き小谷のサルナシ羊羹

忙しくなるの分ってたので 南砺市から家内に宅急便出すからとライン入れたのに

全く準備をしてない

「 あんた こんなに遅くなると思ってなかったから 」

「 何のためにライン入れたか 考えろよ 予定より遅くなるからライン入れたんだろ 」

柿もぐのに懐中電灯で 梱包材を探すのも時間ないので新聞紙くちゃくちゃにして

宅急便持って行くのも 送り状の自動作成苦手だからといつも吾の仕事

役立たずの女だ  何でも吾にやらせようやらせようとの姿勢

菜園だけはけっこう上手と云うか 吾がやってたのより出来が良いけど!

それから 防犯のブルーパトロール  大忙しの日だった

2023/11/02

マユハケオモト

南アフリカ原産 ヒガンバナ科    眉刷毛万年青     葉をオモトに見立てた名称

Mayuhake

          美しいと言うか おもしろ~いと言うか

 

          ユニークな形 造化の神のユーモア心

Mayuhake2

                                                                      英名 Paint brush

 

猛暑の間の水切れで 株元枯れ色になった葉を切取ったので醜い痕が残る

Mayuhake3

花後鉢に落ちた種 泥を被せず放ったらかしでも芽を出し成長したのが二つ三つ ➨

               新たな鉢に移せば良いのだが 鉢が増えても面倒みられるか心もとなし

2023/11/01

秋空

久し振りに山の果樹畑に行く

      終日気持の良い日 柚子が採れるかも知れない 🚙 

Kaju

 果樹畑は子供の頃は🏠の花畑だった           黄色味の強いのを選んで12個収穫 ➨

草刈りもする    畑に進出するヤマノイモの黄葉刈るのは抵抗ないが           

Kaju3

                                                  ヨメナ タデ  いいなぁ・・・ けど刈る ➨

子供の頃 スイバ エノコロ草と言うより猫じゃらしが馴染み

笹ユリ ”赤マンマ”と言ったミズヒキ アザミ 何でも季節のもの花瓶に飾ったもんだ 

 

     例の花好き婆さんの花畑    ダリア色色々

Kaju7

               小菊も色様々

 

酔芙蓉の大株 同じ株の中で朝の白さを保ってるのと 少々ピンクが進んだのと

Kaju6

                                 午後1時15分現在  夕方待たず はや酔い始めてる色のと ➨

 

幼友達の 〔 コマユミ園 〕 久しぶりに訪れると

相変らずの来客と談笑中 焚火はいかにも時節 吾もしばらく火を囲む

Kaju4

                    んんン!❓巣箱に住所がある 鳥さんも名あり住所あり一丁前らしい ➨

 

         その名の  ” こまゆみ ” は真っ赤っか

Kaju5

                                                                             散り敷く落花弁も良い風情 ➨

 

カシワバアジサイの銅葉が得も言われぬ色合

Kaju9

                                                                           オタフクナンテン ➨

 

            苔が良い色してる

Kaju8

                                                       寒くなると本領発揮 元気なイワヒバ ➨

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »