無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024/03/31

春蘭

     令和6年春本番      春蘭が ” 春 ”

当地の山野に自生してる普通の春蘭だが

これ見ると何やら縁起良い感じ受けるのは何故だろ❓

Shunran_20240331165601

                             二株の内 一株 ➡ 今年は花が無い 消えてく兆候かな❓ 

                                   今の内に3株くらいに分離して植え替えすべき❓

                        来春の様子を見るべきかな❓ それでは遅い❓悩ましい!

                                                   草の株にも樹木みたいに 寿命有る❓

 

元気な方は いい表情してるのに!

ユニークな形を選んだものだ  (^O^) 

Shunran2_20240331165601

  ” 舌出しっ子 ” と言う地域もある                 バックもシャン ➡

                                                   

   雪対策外してないのに気付いた

Shunran3_20240331165601

      これで冬と確かに決別        寒くないのはいいなぁ 💗 

2024/03/30

石川県地場産センター

地場産センターでの竹田恒泰さんの講演会に行って来た

               ( センターの壁面レリーフ )

Takeda

📺の ” そこまで言って委員会 ” は よく観るし 共感する部分が多く

本も数冊読んでるが 実物本人を見るのは初めて

なんと当地での講演会は50数回を数えるそう

毎回テーマを変えてるそうで

今回のテーマは温室効果ガス炭酸ガス サケの生き方 自然界の循環についてで

新しい 知見に触れて大いに考えさせられることが多かった

次回もぜひ参加したい

Takeda30

                                       駐車場一隅に巨大な八幡起上り

Takeda20

おぉ~ヒゲが無い ➡ これは良い クレーンで吊されてたが 製作途中かな❓

これから髭が描かれるのかな❓➡ 髭なんか描くなよ~小さいお口だけにしろよ

髭無しを目にし かねがね思ってたことが的に入ったようで快哉を叫ぶ

初めて髭を生やした姫ダルマが当地のキャラとして現われた時

髭生やしてるのを見てびっくり 姫が髭を生やすのも不自然だし

吾には百万石の殿様が威張ってる発想に思えた❓

” 実るほど 頭を垂れる 稲穂かな ” の言いも あるように

大きいほど謙虚であるのが クールと云うもんだ

金沢の歴史なんて400年遡れば 草っ原の広がりしかない!

茶道にしても金沢より大聖寺 大聖寺より武生 京都に近いほど今も盛んなのだ

一条天皇から富樫よ お前行って治めよと言われたからには 🏠の数軒は有ったろが!

明治維新にも何ら貢献してない加賀藩

開国にブレーキかけた殺し屋はいた

威張れる藩かどうか・・・

金箔産業の盛んは誇れるが貴重な金を食べ💩にしてる愚も髭と同じ

2024/03/29

アミガサユリ

バイモと今まで言ってたが Wikipediaは アミガサユリになってて

植物図鑑ではバイモ ( 貝母 )  ユリ科 バイモ属ではある

慎ましやかに下向く姿は素朴な雰囲気 だが色・紋様は妖しい魅力

ゼンマイの様に一部巻こうとしてる先端は優美 天蓋ユリの一名も美しい

Baimo_20240329194601

 

異臭がある白山の黒ユリもバイモ属だが バイモは臭いが無いような!

Baimo2

                                                          繁殖力旺盛 ➡

中国から渡来したそうだが 鱗茎は薬用として用いられるが 有毒物質もあるらしい

これが咲くともう安心の春と言えよう

2024/03/28

スゲ

いつも歩くとこに植わってるのに あまり視線を向けない種に気付く時がある

モチノキの株元に 「 おぉ整然と放射状にいい姿だなぁ!」

スゲの仲間に違いないが 正しい名前を知らない 姫スゲとでも言うとくか❓

細い葉が放射状に均等に展開してて 花穂は まんべん良く散らばり下垂してる

葉は細く幅4ミリ前後 長さ せいぜい15センチ 花穂の軸も葉と同じほどに長い

Suge

色の無いのは 自己主張してない感じで目立たないが なかなか好ましい景色

話しかける 「 お前さん 律儀にずっとここでモチノキと福浦石の根締め務めてる 花いっぱい付けて えらいえらい 」

太るばかりのモチノキの根っ子の隙間で窮屈に耐えながら

攻め寄せるツワブキと せめぎ合い何とか駆逐されずに頑張ってるのに違いない

 

上を姫スゲと言ったので こちらもスゲの仲間 カンスゲかも知れない

こちらも歩く道の脇の手水鉢の後ろだから 目に付かない所ではないのに

滅多に視線を向けない  こちらの花穂は短く葉に埋もれて全て上向き

葉は幅1センチはある 長さは40センチはあろう

Suge2

これにも話しかける

「 お前 明るいとこに居た時と同じだな この暗いとこに来ても増えもせず消えもせず 」

植物好きを自認しながら 何のことはない

自分に都合の良い そして放ったらかしてても育つもののみに目を向ける ひろぼ

色の薄い 派手でない草木が好きと言いながら これほども目立たないのには気を向けない

 

両者増えもせず 消えもせず ひろぼ的には優れもの ➡ 増え過るのは どもならん

スゲの仲間は 地味に加えて種類多くて 名前覚える意欲湧かないが

常緑であることは とても貴重 無くしたくない種

2024/03/27

朝から体調良くない 炬燵に寝そべり📺見る気も起きなく寝そべってたが

外が明るい様子に 雪対策をそろそろ外さねばと のろのろと動き始めた

クリスマスローズは雪避してた株は弱弱しい 

27niti2

                                     オリーブには良かったようだ ➡

 

昨日水仙のバケツ外したら中にハッサクが落ちてたが                     

27niti3

                             今日その水仙は陽に当たると立ってられなくて倒れてる ➡

                                  過保護だったのだ 囲みを外すと自分で立ってられない

 

外の水道蛇口色気ないが これは凍結防止に 絶対必要

27niti4

 

今年初めて汚れた水の入れ替え ホースで糸筋程の水を補給

金魚は無事冬越して 今では📷が近付いても 逃げない

27niti5

           昨日甕を空にして掃除をして良かった 昨夜の雨ですでに少し溜まってる

 

終日青空  飛行機が飛んでる        これが戦闘機や偵察機にならないように

27niti

現在の自由で平和な我が国を維持していかねば

その為に防衛力は最重要 抑止力として 攻撃されたら倍返しできるほどの力を持たねば

金かけても自由と平和に代えられない 永世中立のスイスも軍備は相当なものだし

200年中立政策のスェーデンも 最近NATOに加盟した

平和ボケしてる我が国も青くて広い空が当たり前でないことを肝に銘ずるべし

キックバック問題 潔さに欠ける自民党指導部

な~に 何だかんだ有っても選挙は大丈夫 国民も我々議員程度のばかりだから安心と

なめられてる国民の多数 ここらでじっくり考えねば!

2024/03/26

ツバキ

一日 ほとんど☔

椿が旬

Tubaki11

 

今日は風が無いので 比較的花弁が傷んでないような!

Tubaki12_20240326195401

                                                これは茶山花 今頃まで盛ん❓➡

Tubaki14

                雨もまた良し

Tubaki10_20240326195401

 

   これはかなりユニーク ここに在る経緯覚え無し

🏠の椿は10数年前にお茶人から頂戴した銘柄品が多いが こんな派手なのは無かったと思うが!

   何集めても甲斐無し 忘れてしまってる こんなの有ったっけな❓

Tubaki13

                                                   気温高い訳じゃないが 寒さあまり感じない日

2024/03/25

クリスマスローズ

品種がとても多くてクリスマス頃に咲くことのインパクトが強くて通り名となってるが

クリスマスに咲くのは 仲間の内限られた種で春早く咲くのが多いらしい

寒い内から咲き始めるし 花期も長いのは良いことだが

Christmas_20240325174601

 

慎み深過ぎるか下向きなのが残念

Christmas2_20240325174601

 

アネモネやラナンキュラスの仲間だけあって 華麗な感じなのに・・・

Christmas1

もっとも花弁に見えるのは実はガクだそうで

中心部の どうやら花弁らしきが見える これかも❓

有毒物質を含むキンポウゲ科らしい 妖しい雰囲気も魅力と言えよう

Christmas4_20240325180101

                                      葉もまた見応えある 八つ手のような厚手で ➡

                             しっかりした感じ 常緑で常に所在が分るのも長所

こぼれ種の天然実生子苗をたくさん ばら撒き けっこう繁殖力旺盛

2024/03/24

灯篭

一日天気良かった

Tourou3

 

正月元日倒れた灯篭 3基の内 背の高い 柚木灯篭は火袋が破損したこともあり

それぞれの部位を歩み石代わりに地に伏た 笠は基礎の上に載せ腰掛台としよう

竿は20cm程地に埋め 鉢物でも何でも載せるのに良い

Tourou_20240324220601

    火袋は欠けた部分を取り除いて中台に接する部分を裏返して踏み分け石に ⤴

宝珠は使い道が無いので裏返した笠の中央に置いたが 座るのに邪魔にはならんだろ

横倒しになった石の下に草木の地下部分が春を待ちかねてる

 

埋め込み型の灯篭は背も低いし どこも欠けてないので 元に戻した 

Tourou2_20240324215701

地震で倒れたのを見た時は 重ねるとしたらそれぞれの部位に孔を穿ち

鋼管で繋いでズレない措置を取ろうと思ってたが とりあえず元通りに重ね

機会を見付けて上の措置を実行しようと思いつつ

喉元過ぎれば熱さ忘れるではいかんと思いつつ・・・

倒れた石に押さえつけられてた 今年の干支 辰の置物も ようやく元に戻れた

2024/03/23

ハマユウ Ⅱ

種子島から持ち帰ったハマユウの種 数有り過ぎて後悔し

育ててくれる人探してて 元気良さそうなのから順に 4人引き受け手が見付かり

Hamayuu-1

 

吾自身も 月初め山泥にバーク堆肥を混ぜて鉢に三個植えて

Hamayuu-3_20240323195001

          山泥からムカデ ( 百足 )が現われて ➡ 庭に放つ訳にいかん ぶっ殺す

ムカデは菜園にも居ないことはないと思うが 目にするのは30年振りかも知れない

 

それでも 誰か引き受けてくれないかと探したが見付からず結局もう一鉢に一つを植えた

Hamayuu-2

最も日当たり良い作業場の二階窓際に置いてるが 芽がまだ動いたと言えないかも❓

 

もう皆 始末すべしと 今日浜へ走り 将来とも誰もいじることは無いと思える所

秘密の場所 日当り良く 風避けられると思われる所に5個埋めてきた

Hamayuu-4_20240324083501

浜木綿は黒潮に乗って 浜辺に打ち上げられて そこに生きるそうだが

比較的暖かい太平洋岸 北限は千葉県房総半島かも知れない

日本海側も島根県に例があるそうだが 石川県で育つかどうか❓

温暖化の進行で可能性有り

これから経過見に行くのが愉しみ 💗

 

今日は晴れてたし ブルーパトロールに出かけた

Hamayuu5_20240323211801

 明るい月にSLIMが居ると思うとニヤリとする

寒い間は月が明るくてもカメラ向ける気起きないのだが

こうして撮る気になるということは 春なんだ 😊

満月は月曜日だが 当地は天気が安定しない 天気予報は概ねOKだが刻々変化が激しい

2024/03/22

越前市

福井県越前市の〔 しきぶきぶんミュージアム 〕へ行って来た

” 式部気分 ” に浸ることを意味する命名と推測

大河ドラマ ” 光る君へ ” の解説

紫式部はどんな女性❓ 道長との関係 歴史背景を視覚的に愉しめる展示 

自分の紫像と大河で描かれてる女性 歴史事実の中に探る愉しみ

Genji

ミュージアム観終えてから 1km程離れてる〔 紫式部公園 〕は黄金像が目的

Genji3

紫式部像は京の都に視線を向けてるそうだが その視線の先に

式部が詠ってる ” 日野山 ” は公園から眺めが良い

公園脇の 〔 紫ゆかりの館 〕でも 歌の解説 時代の諸相 分り易い説明

 

しきぶきぶんミュージアムの外のコンクリート打ちっぱなしの塀に描かれてる愉快なイラスト

 ミュージアムは ” まさかりどんの館 ” という建物だった

いったい何を意味してるんだろう❓と 出口の係りの人に聞いたら

しきぶきぶん・・は 絵本作家  ” かこさとし ” の記念館を借りての期間展示の催しだそう

まさかりどんの館は 絵本をたくさん収蔵してて 大人も子供も愉しめる施設だそう

Genji4

全く知らない人で 家に帰ってからネットで調べたら なかなか興味深い御仁

( 加古里子 ) 本名 中島哲 (さとし) 越前市に生まれ小学2年まで育ったそう

東京大学工学部卒 工学博士 昭和電工でエンジニアとして勤務の傍ら作家活動してたという

紫式部の人物を見に行ったのだが 気を付けてれば 外壁には着色されたレリーフも有ったり

館外の公園には作家所縁の遊具やイラストも見られたのに!

 

帰り道 紫式部が詠った 白山はまだ真っ白だった

Genji2_20240322215101

  名に高き    越の白山    ゆきなれて    伊吹の嶽を    なにとこそ見ね

白山を見たら 伊吹の山も大したことないなぁと!

2024/03/21

ミズナラ

墓地を陰にするミズナラ二本目倒す

22hi11

木の所有者は椎茸菌を植えると言ってたから 90cmのころ太にしとく

22hi12

                      道に崩れ落ちてる泥をバケツに3杯持ち帰る ➡

 

元日の地震で崩れたのだろうが ここから30mほどの所に

22hi14

羅臼岳でヒグマに遭遇して以来熊恐怖症の吾は

熊ベル二つ腰に付け  車の 🎵 ボリューム上げ ビクビク オズオズ 冷や汗かきながら・・・

2024/03/20

春分の日

今日は 曇りと雨で 一日暗い日だったが 

お天道様が天の赤道を横切る日 昼が12時間夜が12時間

いよいよ春が動き出し 昼が長くなり始める

暗い冬があって 春の嬉しさが倍増すると云うもんだ

しかし今日は風が強かった ほんのしばらくだが 粒の細かいアラレも降った

ハッサクが いっぱい落ちた  鳥が齧ったのを除いても13個有った

20hi

鳥が齧るのも色々 ほんの少し啄んで やめるのもあれば

褒めてやりたいくらい 見事に齧り切ったのもある

 

               ***********               ************

 

20hi2

2024/03/19

焚火

先祖のお墓は高木に囲まれてて昼でも薄暗い

かねがね明るくし お墓の周りに花を植えたいと思ってる

お墓に覆い被さってるミズナラの木を倒せば かなり明るくなる

土地の所有者の了解が得られたのでミズナラ ( ホウサ ) の木を一本倒す

19hi_20240319195701

二本倒す予定だったが 一本はロープで倒す方向に誘引しないと

墓石の上に倒れる可能性あることが分り 日を改めて来るべし!と退却

 

幼友達のコマユミ苑に立ち寄ったら

               たくさんの🚙                今日も暇人が集まってる 🙂

19hi2_20240319204301

吾の幼友達じゃなく この苑を覗きに来ての知り合いで 苑主の仲間連中

吾も見知ってる関係 似たような歳周りでお気楽に仲間入り

あれこれ昔のことなど雑談 お互い山のことや草木のことでワイワイガヤガヤ

鉄製の焚火の窯は常連の一人の作であると聞いてるが このうちの誰かかも知れない

春近しとは言え まだ寒いので 焚火はありがたい

誰かが持って来た焼いも頂戴してモグモグ

 

この公園で最も貴重な石 ”つるべ石”と書かれてるが

吾がかってお寺さんから聞いた ” 茶碗石 ” と言うのがこれじゃなかろか❓

先の能登の元日地震で沈んだという 近々重機で持ち上げ元に戻すそう

19hi3

この苑を覗きに来る大工をしてたお人の話を聞いたのだが

金沢の街中の大金持ちの古いお宅で幾つか秘蔵されてると聞く

どこを掘っても どこが崩れても 泥しかないと思われてる この地域で

稀にこんな硬くて比重の重い石が現われると言うのはほんとに不思議なこと

タモリさんも この不思議については説明出来ないんじゃなかろか❓

ここに来れば 毎回必ず新しい発見をする

2024/03/18

お受験

孫娘は今春から小学校最終6年生になる

婿殿のご両親 祖父母は勉強関連の物品書籍たくさん与えてプレッシャーかけてるらし

露わにしないが娘が教育ママ的でないのに不満感じてると思うと娘は言う

婿殿もけっこう教育熱心だろうと私も何度も顔合わせてるから推察してる

小5は現在の友達連中と共に地域の公立中学校を希望してるのだが

パパ側は とある中高一貫校受験を既定コースと考えてる

当然現在塾に通わせてる

塾 学校 それらが どこかは私は聞かないことにしてるし娘に知りたくないと伝えてる

娘は がむしゃらに勉強させるより 明るく元気で愉しく過ごせれば十分と考えてる

私は娘に 〇〇さんや向うが勧めるのなら それに協力するしかなかろと言ってる

しかしながら私も娘に絶対に勝ち組に入らねばならない これからの社会は厳しい

勝ち組負け組の差が開くばかりの傾向にある 明るければ良いだけではだめ

子供本人の器がどの程度か見極める力が両親に求められてる

その器の範囲内で 努力させるべく工夫するしかないと 言ってる

言うのは易しいが それが実は最も難しいことだ

親なり爺婆が子供に期待するのは当然のことだろうが

子供に過度な期待をして 子供を駄目にしてるケースがあるかも知れない

吾が自分の子育てを振り返っても 反省する部分が多い

娘にアドヴァイス出来る自分とは思ってないが

相談とまでは言えないが 時折意見を求められれば 吾なりの思いを伝えるしかない

あくまで吾の器の範囲内での考え 参考になるやら ならないやら いい加減なもんだ

孫娘に勉強頑張れと手紙書いたことあるが尻叩くほどの書きようはしてない

娘は婿殿側は子供にプレッシャーかけてるから

金沢と両方プレッシャーかけたら良くないから金沢はのんびりさせてあげてと言う

吾は「 そりゃ楽だなぁ! 向うは子供の尻叩いて疎まれる こちらは子供に良い顔するだけ 」

今日やんわりと小五の女の子に最終学年しっかり勉強しなさいと手紙出した

手紙に添付写真

18hi

花の無い時季と思ってたが たしかに春は音をたて始めてる

春休み新幹線で遊びに来いと アンクで誘う

18hi2

2024/03/17

シイタケ物語

息子がタイヤ交換始めたので 私も家内のNワンのタイヤ交換すべく外に出た

Baba2

私の仕事と思ってるのだが 息子がやってくれると言うので 周りをうろちょろ

ジャッキアップのみが吾の仕事 助かるよと言いつつ・・・

楽は楽だが 年寄りを気遣うことはすなわち 年寄りの動きを減少させてく・・・

 

作業してる所に 中年の男の人が訪ねてきて

「 先頃 うちの婆さんハッサク頂戴して来まして ありがとうございました 」

「 あぁ 息子さんですか 同じ町内と言ってましたね 私も他所からの転入組ですわ 」

「 これ 少しですが能登の実家のシイタケです どうぞ食べて下さい 」

「 それはどうも 庭に生っとる物ぐらいで お返し頂くとは却って恐縮ですわ 」

 

先頃一人のお婆さんが道路を挟んで向いのコンクリ場に座ってた

「 おはようございます 」

「 おはようございます お宅のご主人ですか❓」

「 そうです お婆さん買い物帰りで一服休憩ですね (^。^) 」

「 はい 郵便受けが変わってますね 何か変わった物がいっぱい有りそうですね 」

「 ははは そうですね 変ってるかも知れない 良かったら見て下さいな  」

そして お婆さんと雑談が始まった

能登の地震の被害者で町内に住まいする息子のとこに避難してると言われる

する事無くて困ってる云々 諸々雑談の間で

「 あんた 能登キリシマ有るかいね 」

「 あぁ有りますよ これですよ1mほどの高さで立派だったんですがね 土壌が合わないのか❓年々弱ってくんですよ 二度ほど移植したが弱るばかり ここが一番かと植えたが ますます勢い失い こんなに小さくなってしまって はははハは 」

「 うちに能登キリシマ有るから今度持ってきてあげる 」

 

シイタケ頂戴して 息子さんに言った

「 お婆さん 能登キリシマ持ってきてあげると仰ってたが 此処の土壌は合わないと思いますわ だからキリシマ要らないと言うといて下さい 」

「 そうですか 婆さん能登帰ったんです 話しときます 」

Baba_20240318124301

                                            なんともはや みすぼらしい能登キリシマ

夕飯時 早速 能登のシイタケと 先頃のフキノトウ天ぷら

Baba3

                                                  そして新たに作られたフキノトウ味噌 ➡

満足満足 春の味

2024/03/16

北陸新幹線延伸

加賀市のホテル アローレでの 北陸新幹線 金沢・敦賀間の

開業祝賀会の演奏会にハープを運ぶ

リハーサルの段階で邦楽を鑑賞し さて次は御陣乗太鼓と楽しみにしてたが

16hi3_20240316220201

 太鼓は進行のリハーサルのみで叩きはしないです  ➡ ガ~ん!がっかり

               大盛況の祝賀会

16hi

ものすごい 人 人 人   

〔 和洋 ♪ KOTOHA 〕篠笛の藤舎眞眞衣さん 琴の北村雅恋さん ハープ上田智子さん

16hi2

新幹線延伸は北陸にとって 大ニュースだが 吾にはあまり関係ないと思ってたが

楽器運搬という形で 関与出来たのは良かったと言えよう

 

昨日息子に仏様が 早くに迎えに来てくれるだろうと揶揄われたが

今日楽器運搬終えて帰る時 ハーピストから

「 〇〇さん バイクで この花の鉢植え持って行ける❓ 」

「 持って行けるけど自分で育てれば いいじゃない 」

「 いっぱい有るのよ これ名前何てったっけ❓ 」

「 ガーベラでしょう ・・・と思うけど 」

「 ガーベラ ❓ そうだったっけ❓こんなだったっけ❓」 

家に帰って キッチンの隅っこに置いたら

16hi4

「 ・・・暗かったんだよ・・・ 明るいとこで見れば分かったよ・・・クソ猫 」

2024/03/15

お宮さん狛犬復旧

昨日に引き続き 能登地震の際の狛犬 台座共 元の位置に復旧作業

昨日の三人に二人が加わり 思いがけず順調に作業が進行し

台座共 正確に元の位置に戻すことが出来 明日完了見込みが今日で終った

15hi7

                      本殿脇の小さい狛犬も元の位置に戻した他

                    よく見ると灯篭もずれてる部分が多く全て修正

あとは 好天が3・4日続いた時を見計らい 目地コーティングをするのみ

 

生れ在所の空は終日青かった

15hi8

 

夕方 さて車の荷物を下ろし片付け作業始めようと してるとこに 息子が帰って来た

15hi9

「 また車に物載せて ぐちゃぐちゃにして ほんと車の使い方知らないんだから 何してたの❓」

「 あぁ 昨日今日と山の神社の狛犬や灯篭の復旧作業手伝って来たんだよ 」

「 昨日もやってたんか そりゃいい事だ 終ったの❓」

「 天気いいし はかどったよ 明日までと思ってたが 今日で終了 」

「 お墓の灯篭 もう立てないと言ってたけど❓」

「 あれは今思案中 お寺さんの復旧のあと考える 立てるにしても工夫が要るな 」

「 よく頑張るね 仏さんも神様も喜んでるわ はよ迎えに来てくれるよ 」

「・・・ まだ来なくていいんだが・・・」

2024/03/14

力仕事

幼友達と従弟と倒れたお墓を2基元通りにする

14hi5

                                           絶好の作業日和 ➡

 

村の鎮守様の狛犬 落ちたのは一基だが 台座は2基とも10センチ程ずれてる

14hi6_20240314193901

                                     今日は狛犬が落ちた方の台座だけ元に戻せて 作業終る

明日明後日と天気良さそうなので 明日は 狛犬を台座に載せて

狛犬の載ってる もう一基の台座を元に戻せれば とりあえず一段落

3人とも病み上がりみたいな体で危なっかしい限りだが

ゆっくり慎重を心掛け 明後日やった~!と達成感味わいたいものだ

セメントで目地を仕上げる作業と本殿の小さい狛犬の復旧は月内の第二段落としよう

2024/03/13

残念

残念は残念だが 新しいことに挑戦する時 失敗はするもんだ

スペースXも始めの頃は何度も失敗してた

諦めずに努力してほしい

創業の頃は苦労したが❗と言い合える日がやがて来る

昨夜眠れず思い立って深夜0時頃 紀伊半島先端の串本町に向かった 夜は走り易い

ロケット発射場は観覧チケットを予め手に入れてる人達のみで一般は入れない

朝7時に着いて消防署の駐車場に誘導され 3時間眠った

駐車場から2kmほど歩いて 発射の11時を待った

半島の先に🚀が現われないで光を発して噴煙が巻き上がったので

あぁ爆発したらしい~ 😵

串本町の発射場は民間の敷地で事前の手続き無しには見られないが

種子島と同じように一帯は風光明媚この上なし

13hi5

千畳敷みたいな ここでスマホで動画を撮ったが カメラでも撮ろうとして

” 2兎を追う者1兎を得ず ” スマホもしっかり撮れず カメラでも撮れなかった

 道の駅 〔 橋杭岩 〕は人が多くて車も満車で入れない

13hi7

隣の干物屋にかろうじて停められて串本産のイセエビラーメンとマグロのとろ煮を買って退散

その内成功するようになったら また来ることになったら自転車を積んで来るべし

2024/03/12

卒業

今日は一日☔

諸江湯に行っただけで 終日何処にも行かず ☕ 📺

退屈まぎれに あまり入ることない部屋の書棚を見てたら

昔学生だった頃 英語の勉強にと神田の古本屋で手に取った洋書 〔 Tha Gradiate 〕が目に付き

すっかりセピア色に変色してる ページを開いたら面白い

その後 映画で観てるので内容が思い出され流れが分るので

分らない単語が出てきても無視して読み進めてたのを

炬燵に寝そべって再び開いたら夢中になってしまって全部読んでしまった

190ページと短いのも 良かった

Graduate

学生だった時 この本 半分も読まない内に投げ出してしまったと思う

洋書は3・4冊買ってるが 最後まで読んだのは一冊も無かったのだった

今この一冊が残ってたと言うことは 他は また古書店に売ってしまったのだろ

当時は古書で買って また売れたのだった 神田の書店街はよく行ったもんだ

おかしなもんだ 歳とった今 疲れずに読めた

若い時は 分らない単語が多くて その都度調べるのが面倒で 途中で放り出したのだが 

今分る単語が増えたとは思えない むしろ忘れたのが多くなってる筈だが

分らないのは飛ばすと云うことが出来るようになったので 読めるのかな❓

旅の途次 たまたま外国人に接した時 話しかけること有るが

会話は若い時より 出来なくなったのは明らか

苦労して単語探して しどろもどろでブロークンイングリッシュ そして疲れを感じる

反面読むのは 進歩してる❓おかしなもんだ!易しい恋愛モノだからだな!

 

大学を優秀な成績で卒業したベンジャミンは 父母が開いてくれた卒業祝いパーティーで

父の仕事のパートナーの奥さんミセスロビンソンの誘惑に負けホテルでの密会が始まる

当初の志望の教職に就く訳じゃなし プールでビール飲み部屋でもビール自堕落な日々

遠くの学校に行ってるミセスロビンソンの娘エレーヌが一時帰宅する

エレーヌに恋する

ミセスロビンソンから娘と付き合わないよう厳しく誓わせられる

幼馴染だったエレーヌに興味持つと思えなかったが まじめに心から惚れてしまった

エレーヌへの近付き方が 日本人の吾には強引さが嫌で途中で投げ出したのを思い出す

最後エレーヌが結婚するに至る教会の式場に乗り込んでエレーヌを強引に連れ出して  【完】

なんともはや!

2024/03/11

黙祷

今日は東日本大震災から13年目

11hi5

日本列島は 何処と言って安全なとこは無い

ん万年ん十万年と 人は住み易いとこ求め移動してきた

地震や火山の爆発は たまにしかない事だし火山からは火ももらえたし

何てったって神様の領域だから こればかりは仕方ない

真剣にみんなでお祈りして お供えもんケチらなきゃ そう滅多に神様お怒りにならん

家作りの木を倒せばどこでも開拓できたし 海には魚も採れたので居場所に決めた

その頃は地震学者居なかったから 長期にわたり地面が動いてるなんて考えもしない

今は科学者と言うのが色んな事を探るようになった

太平洋プレートとか言うのが不断に動き続けてるそうで

なんとなんとユーラシア大陸と言うのに潜り込んでるそうだ

まさかのまさか 他にもフィリピンとか四つの地盤がぶつかり動いてるそうで

こともあろうに 決めた居場所が そんなとこに乗っかってる危なっかしい島だった

えらいことだ そんなこと分ってれば石器時代人も縄文人も来なかっただろうが

花いっぱいの花綵列島 食い物も手に入る大きな島で子作りも し易かった

志賀原発心配だ 活断層が敷地内を横断しとると言う学者が居る一方で

大金はたいた電力会社は この活断層は動かないんだ大丈夫だと言う学者を探して

探せば居るもんだ 何事についても様々意見はあるもんだ

そして なるべく早く動かそうとしてる

正月元旦の地震で志賀原発はあちこち壊れて 未だに修繕が出来てない

やはり 危ないもんなのだ もしもしもしも再び大きいのが起きたら

ひろぼも志賀原発からは 60kmの距離 逃げなきゃいかん

そして避難所で段ボール敷いて寝にゃならんくなる

珠洲市に原発作らなくて良かった

賛成派 反対派 親戚親子でも意見対立で酷い状況だったと聞いてる

隣近所 向いの家とも挨拶交わさない程に対立激しかったらしい

結局作られなかったが もし原発が壊れたら・・・

福島原発から教訓が得られてない 日本列島に原発は無理なのだ

人間は必ず失敗するもんだ

この頃の政治家の様相観てると こんな連中では国家百年を任せられないと強く思う

次回の選挙は棄権しよう 税金払わなくて済む人も居るのだから・・・

自民は原発推進だし!・・・ もし行くとしたら・・・ 

2024/03/10

6回目の雪

雪は探しても無くなってたのに

昨夕再び霰が降り始め 間もなく屋根雪が落ちる音がし始めたが

案の定 今朝の庭は白色で覆われてた

寒いのは堪えるが 白いのは悪くない

10hi6

    春蘭              今年のオモトは何故か 実が無いのが残念➡

10hi8

2024/03/09

アラレ Ⅱ

朝 静かな庭に突然激しくアラレが外壁を打つ音 草木大地を騒がす音

             八つ手の葉                  星斑入りツワブキ

Arare6

 

  一面真っ白になったが     間もなく🌞が照って

Arare7

そのごずっと明るい穏やかな日和

Arare8

 

陽が照ってる時に降る雪ってのは いいもんだ

 

 

その後 お日様と曇りが交互に来るが まずは穏やかな日

とは言え 終日寒さは身を切られるように感じた

そして夕方7時頃 暗い外に 再び霰が落ちる音

気まぐれな天気模様 明日はどうなるか❓

 

2024/03/08

ブラタモリ

今日も一日 暗い時間が多かった

アラレが2度3度降った 今年初めて見る大きな粒

積み重なるまでにならず消えたのは幸いだった

Arare_20240308195701

お日様が 顔を出した時もあった

Arare2_20240308195701

 

今日のブラタモリは 当地 金沢だった

城の防御 総構の構造と城に水を引く辰巳用水がテーマ

番組は再放送で二回目を観る訳だが 自分の居るところについて知ってない自分を知る

香林坊や近江町市場にも総構の名残が見られるとは ほんと知ってないなぁ

Arare5

それにしても 有名人は 辰巳用水の中も歩けると言うのは羨ましい

一度覗かせてほしいものだが まぁタモリさん達が見せてくれたから良しとすべし

ブラタモリがそろそろ終わるらしいが 残念なことだ 続けてほしいものだが!

様々な評価があるようだが 今日のは愉しめた💕

2024/03/07

家のお墓付近に据えた 亡き長兄の灯篭が倒れたと聞いておりながら

未だ確認に行ってないことが気にかかってたので今日行ってきた

いやはや 春日灯篭は倒れるのは そうだろう 家のも倒れたのだからと納得してたが

7hi4

                                    背の低い 雪見まで倒れてるのにはびっくり ➡

しかしながら 家と兄二人の墓3基は無事だったので安堵

さて倒れたのをどうするか❓ 雪見は再び重ねればOK 再び崩れるほどの地震は滅多に無いだろ

しかし春日の方は 僅かな揺れでも倒れるだろから 再び重ねるなら

臍を刻む必要がある 🏠に持ち帰って細工して再び山へ → えらい仕事になるなぁ 😔

 

梅の花が真っ盛り

7hi

今年は梅干し しなくて済む年だが 花はたくさん付いてる

7hi2

 

昨年初生りした次郎柿と 昨年生り過ぎて大剪定した柚子に

コンポストの底の堆肥を根回りに各々3ヶ所埋めた

7hi3

丁度良い運動量  📺と 📖と☕の この頃だが 今日は動いて良かった

明日も何か仕事を探さねば・・・ 

やはり今日のように雲に覆われてても雨の降らない日でないことには

2024/03/06

ふきのとう Ⅱ

今日も終日どんより曇り空

今朝フキノトウ味噌を食べようとしたら見付からないので聞いたら

「 少ししかないし大宮送ったよ 」

「 ふ~ん そうか そうやな 」

それで今日午後から風呂上がりで山へ走り 少し採ってきた

Fukinoto

一度食べれば 気が済むようなもんだが 信州味噌で作ったのが何とも美味しかったので

積極的にもう一度二度食したいと思った次第

序だからセリも採ろうと思ったが 長靴忘れてて諦める

2024/03/05

葉ボタン

今日は一日☔ 昨夜から体調が良くなくて

今日は一日 横になってた 食欲無いけど 食事は摂れるし 味覚も良いのだが

食べたあと 体全体にしんどい感じが巣食ってて 動きたくない

熱は無し 咳が出る訳でも何でもない ただしんどい感じ

吐き気と言うほどではなく 吐く訳じゃないが 気持ちが悪い感じに覆われてる

倦怠感と言うのだろうか❓時々口を大きく開けて喉奥を広げて空気を胃に吸い込むと

腹内からあくびのような空気が吐き出されて少し楽になる

健康回復したと思ってるこの頃だが たまにこんな感じに襲われる時がある 

5hi2

 アブラナ科 アブラナ属  江戸期からの古典園芸植物

5hi

2024/03/04

宅急便

関東の娘達に宅急便送る

4hi

 

今日も目まぐるしく変化する天気模様

晴れたと思ったら雨 雨かと思ったら 🌞

4hi2

忙しく変る天気は暮の頃も同じだが 今は春に向かっての変化だから

どんなに変わっても希望を感じる 明るさを感じる 日々春が近付いてるのだ~

 

娘は3人の子育てで大変 小3 小5は食べる量増えてきてる様子

一番小さいのも今春から小学校

以前は何か たくさん採れた時 送ろうか❓と問うと

「 こちらの店に無い物ならともかく こちらで買える物は送らないでいいよ 送るにしても少しでいい いつも多過ぎるんだから 」

今は送ろうか❓と言うと

「 ありがとう どんなに有ってもすぐに消費するわ 」

所帯じみてきた

以前みんなで どこかで合流して遊びに行く時 我々がおにぎり たくさん持って行くと

「 おにぎり多過ぎるよ その土地その土地の食べ物を食べるんが旅の愉しみなのよ 観光地に行っておにぎりなんて考えられん 」

今は 「 お母さんの おにぎり ありがたいわ 」

以前は 🍙大き過ぎると文句言ったもんだが

今は 「 おにぎり有って助かったわ おかげで混んでるSA寄らずに 家直行できたわ 」

変れば変わるもんだ 花についても

以前はあまり有難がらなくて 爺の押し付けみたいに反応されてもんだが 近頃は

「  部屋に花あると なんかゴージャスな気分になるね 花なんて買うもんだと思ってなかったわね 」

2024/03/03

田んぼ染め

昨日の〔 北國新聞 〕の11面全面が ” 小学生新聞 ” となってて

夕日寺小学校の茶道他の活動や 1550㎡と広いビオトープの紹介が取り上げられた中で

吾の故郷山村で古い時代から行われてた 伝統の田んぼ染めの作業や関連の催しへの参加が

特集記事として大きく取り上げられてた

3hi3_20240303204901

催しが市の無形文化財に指定されたことからの 保存活動が いよいよ地域に定着してる様子

吾は何一つ手伝いしてないが たしかに田んぼ染めは大した伝統だ

藩政期の文書 ”  亀ノ尾の記 ” に 書かれてる

「 釣部の黒染めは、けんぼうよりも強い 」と

京都で評判の染めより加賀の お国染めの中で「 幻の黒染め 」釣部のは ” 乗り具合 ” が良いと書かれてる

 

今年初めての ふきのとうを発見      フキノトウ味噌は春の味

3hi2_20240303220701

   放浪旅の際 土地の味噌買うのだが いつも少し使って殆ど持ち帰ることになるが

昨年十月信州で求めた味噌で家内に頼んだが 格別の味 当地の味噌より格段に旨い

旅のあちこち 白かったり黒かったり 材料の豆や麦 麹の米が形を残してるのや

完全にペースト状のとか 土地土地で様々に違いがあって味わい深い

 

今日も変化著しい気象模様 激しく降る時もあれば からりと青空を広げたり

三寒四温が一日の中に繰り返した日

3hi_20240303205401   

2024/03/02

5回目の雪

予報通り降った

正月元旦に倒れた灯篭 そのままにしてるんだが いつ片付けるか思案中

春に芽を出そうと球根なり塊茎なり 待ち構えてるのが下敷きになってると思うので

間もなくどうにか せにゃならん

2hi8

 

         クマザサ                                             ツワブキ

2hi11

 

                     ハッサクの下は 積雪少ない

2hi9

 

         落花もなかなかの風情         先代アンクの墓 地中は寒くないか❓

2hi10

                                                 今年はオモトの実成が異常に少ない

                                        赤実があれば 3倍にもかっこ良いのに!

 

  朝から夕までちらちら雪が降ったりもしたが 気象台の積雪は1cm 

2hi12

                  我が家では夕方にはほとんど消えてしまってる

2024/03/01

マンサク

マンサクが咲いてる 春になったら ” まず咲く ” → まんさく の説があるそう

Hakucho2

小さい花で 派手でないと言うか 鄙びて慎ましやかな雰囲気が魅力

Hakucho3

花によって これほどにも個性が際立ってるのも珍しい ほんと面白い世界 😃

今日は陽が照った時も無いではなかったが ほとんどどんより曇り空 雨も降ったり

家から直線で3kほどの田んぼに白鳥が来てた

Hakucho

寒いせいかあまり活動的じゃなかったが

吾を警戒するでもないが なんでこちらを見るんだ❓ってな表情

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »