無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 八日目 | トップページ | 鴛泊港(おしどまり) »

2024/05/25

湿原

日本海側 果が見えないほど真っ直ぐな道を北上してると

やがて海の中に雪を抱いた富士山が➡ 利尻富士

1000006090

稚内で利尻島へのフェリーが3便有るので

初便に乗り 夕方の帰りの便までと思い車を道の駅 〔稚内〕に駐車

 

1時間40分の船で島に渡るとレンタカーが軽四で借りられて

まず〔姫沼〕へ

百名山第1番の頂上部に雲が少しかかってるが空は抜けるほど青く快晴

湖を一周 ここの延齢草茶色と白の両方が混生してる

1000006089

       ツバメオモトが旬 ➡

 

マイヅルソウが花盛り

1000006091

沼と云うが 完璧な湖 も一つ驚いたことは 山菜が豊富なこと

″ウド″ ″タラの芽″ 物凄いと言うほどある

こんな景色初めて 風光明媚と食い物が同居

 

〔 南浜湿原 〕は水芭蕉が点在する地域

ワタスゲが一面に広がる場所

1000006092

ここも木道で一周が愉しくて 一人笑いするほど

珍しい花がいっぱい

 

利尻郷土資料館 利尻博物館 それぞれ規模は小さいが むしろ それ故に島のことが分り易い

広くない植物園の三つ葉オウレン 深山オダマキ 黒ユリ 身近に感じられることだ❤  

 

利尻昆布は北海道三大昆布の一つで昔から特に京都に需要が多いという

〔 仙法志御崎公園 〕の生け簀では

コンブ ワカメと それらをたべるとウニも棲息状況で見られた

1000006093

北海道は日本の昆布の95%を占めるという

 

島内名所6ヶ所巡ったが 最初の姫沼の素晴らしさで もう一日と思い ダメ元で宿泊検索したら

有った〜

小さい宿屋で 食事無し明日の帰り便までレンタカー延長

« 八日目 | トップページ | 鴛泊港(おしどまり) »

」カテゴリの記事

コメント

『ツバメオモト』 😊
珍しいお花 👀 豊富な山菜... たまりません 😄
きょうも 楽しくて! あすも ワクワク(*^-^*) ❣

今、庭に”オトギリソウ” ”時計草” ”バラ” が咲いています。👍

時計草はユニークですねぇ☺
天気最高 今日も たくさん花見られて
金曜日のブルーは完全挽回でする
利尻山のてっぺんに かかってた少しの雲も今は全天青空
昭和の名水百選 〔甘露泉水〕を汲んで来ました
今昼食 昆布ラーメン待ちです 全部食べられないのでタッパー持参です😥

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八日目 | トップページ | 鴛泊港(おしどまり) »