無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

草花

2024/04/18

テッセン

一所に解決すべき問題二つが発生してるのが気にかかってた

そのは テッセン鉄線が伝い昇る所が曖昧で地上近くに混み叢を作ってる

そのは こちらも蔓性のノウゼンカズラが頼ってた樫の木を倒したので 独り立ち出来ない

二つを解決すべく 支柱を立て 鉄線が広がり登れる場所を確保

蔓性の ノウゼンカズラ が そこそこ高いとこに昇って横に這うようにする

Nouzen

 

ノウゼンカズラ 今年は咲けるかどうか❓ テッセンは咲くだろう

Nouzen2

 

登るとこを探して低い所で群れ騒いでたが これから伸び伸び広がれや~

Nouzen3

気が向いたら 力入れて工夫して頑張るが

気が向くまでに暇がかかるのが吾の欠点

始めたら面白くてご飯も忘れて丁寧過ぎるほどの仕事をするが

あとから色々改善することになり 最終的には大幅改造で落ち着くのが習い

 

2024/04/16

ツルニチニチソウ

暖かい日

蔓日日草は日陰でもよく育つ キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属

常緑多年草で木質でもあり とても強健で繁殖力旺盛 花弁の形がユニーク

Turugikyo

日頃 特に保護する気分が無いせいで いつの間にか

斑入り葉ばかりが広がってるが 元々は緑葉が多かったのに!と探すと

Turugikyo2

                                         ツツジの大株を移植した株元に少々残ってた ➡

                                         これは 少し気にかけて広がってもらわなきゃ!

 

スギナを毟り取ってたら 雀の豌豆❓と互いに支え合ってる感じで

スギナを毟ったらエンドウが立ってられなく なりそうなので このままにしとこう

Turugikyo6

カエルも出始めた

Turugikyo7

連中もけっこう個性豊か 警戒心旺盛で 逃げ回るのも居れば

手に取って逃げないのも居るから面白い

 

🏠の前の道路 コンクリートとアスファルトの隙間に例年必ず咲く スミレ

Turugikyo4

タンポポも毟り取れない一種

Turugikyo5

 

2024/04/10

ヒマラヤユキノシタ

日本に見られるユキノシタの仲間のイメージから かけ離れた姿だが

間違いなくユキノシタ科 ヒマラヤユキノシタ属 常緑多年草

さすがにヒマラヤ原産 耐寒性は強い    寒い3月中頃から咲き始める貴重な一種

Himaraya_20240410203801

 

今真っ盛り                           華やいだ紅色の塊 花軸の紅色も優美

Himaraya2_20240411230501

 

ここらのユキノシタの葉は天ぷらで美味しいのだが

これはとても食べられそうにないが 卵のような形の葉は見た目にユニーク 

Himaraya3

地を這う荒々しく猛々しい感じの幹は寒さの故か❓華麗な花とのアンバランスが面白い

2024/04/09

イワヤツデ

ユキノシタ科 イワヤツデ属        岩八手 一名に丹頂草

永らくここに ⤵ 一株有ったのが ヒノキシダに駆逐されそうな気配で

絶対に無くしたくないので 株分けし4ヶ所に分植し数年過ぎたが

Iwayatude

幸いに四ケ所共順調に根付いてるようで安堵

Iwayatude2

丹頂草の別名があるほどに 花の広がりの一部一部が 優雅で品格を感じる

陽当たりでなくとも良いとされてるが かなり明るい④は最も勢い良いが

シラユキゲシに取り囲まれて困った 白雪ケシをむしり取り岩八手優先すべし

Iwayatude3

赤くはないが 花芯の微かな赤味の連なりが丹頂か❓ 葉もまた風情あり

盆栽展で赤味の強いのも見ること あるが 吾はこれで満足満足

陽当り良くないとこで育つのもありがたい長所

 

能登震災のための避難所として閉鎖されてた金石の松寿荘が

入浴出来るようになったので久し振りに行った

掲示板に目が

Iwayatude4

なるほど ふむふむ

同居するだけで大したもんだ

吾は息子に もしかして 万々が一 まかり間違い嫁が来ても決して同居はせん

世代の違いは大きい 気を使わないで過ごせるのが何よりだ

2024/04/08

スノーフレーク

アマリリス科 スノーフレーク属 和名スズラン水仙

8hi

これを見るたび 植物は何思って自分の意匠を考えるのだろうか❓

受粉の為に虫を誘うとかの事象があることは既知のことだが

人に見られることをも意識するんじゃなかろか❓と

有り得ないことが 頭に浮かぶほど 愛らしい緑の斑点

8hi3_20240408205401

しかしながら これが毒草とされてる事をも知っておくべき

花言葉に純潔 純粋 けがれ亡き心etc.が挙げられてるのも

複雑な地球の有様の一部を示してると思えば そう云うもんだ❗と納得

2024/04/06

ハナニラ

ハナニラが盛ん    ヒガンバナ科 ハナニラ属

明治時代 南米アルゼンチンから移入したそうだが今は野生化してるみたい

娘が埼玉の大学に進学した20年以上前 路傍に咲いてるのを持ち帰った

Hananira

 

鉢に収まってるのがいい❓       大地に生えてる方がいい❓

Hananira2

 

           孤独な春                                 群れ騒いでる春 ➡

Hananira4

 

このところ あまり体調良くなくて よろりゆらりと花木を眺めてたら

むくつけき男共6人が軽トラと3台でやって来て

「 やぁ~また水仙貰いに来たよ 」

「 おぉ 今日は天気良~ていいなぁ! 俺手伝えないけど 持ってってくれ 」

山村で公園作ってる幼友達と その公園に遊びに来てる連中

コマユミ苑は いつ立寄っても誰かが居る 夏場は水やりしてる人 冬場焚火囲んでる人達

幼友達以外 苑で見知りになった人ばかりだが ひろぼんちに来るのは初めての面々

「 変った庭やなぁ~ 」 「 何でも よ~集めてるもんだ 」

「 人が欲しがるような いいもんは無いよ 」

「 この間の地震で倒れた灯篭は ❓」

「 低いのは元に戻したけど 背の高いのは そこら飛び石にばらまいたよ 」

「 ハナニラ どっかで見たことあるな 」 「 ここにもコマユミある 」

公園に集まる連中だから 花や木には それぞれに関心あり ♥ 

増え過ぎた水仙を こいで持ってってくれと 頼んでたのだった

数日前に一度来たが まだたくさん残ってるので

また来てほしいと思ってたので安堵

あまりに増えた水仙 しかし引っこ抜いて燃える護美に出すのは抵抗ある・・・

Hananira3_20240406210201

                                                        こがれたとこは すっきり ➡

           手前にまだ大分残ってる もう一回来てくれれば無くなるんだがなぁ❗

ごくごく普通の日本水仙ばかりで つまらないようなもんだが大いに助かる

2024/03/29

アミガサユリ

バイモと今まで言ってたが Wikipediaは アミガサユリになってて

植物図鑑ではバイモ ( 貝母 )  ユリ科 バイモ属ではある

慎ましやかに下向く姿は素朴な雰囲気 だが色・紋様は妖しい魅力

ゼンマイの様に一部巻こうとしてる先端は優美 天蓋ユリの一名も美しい

Baimo_20240329194601

 

異臭がある白山の黒ユリもバイモ属だが バイモは臭いが無いような!

Baimo2

                                                          繁殖力旺盛 ➡

中国から渡来したそうだが 鱗茎は薬用として用いられるが 有毒物質もあるらしい

これが咲くともう安心の春と言えよう

2024/03/25

クリスマスローズ

品種がとても多くてクリスマス頃に咲くことのインパクトが強くて通り名となってるが

クリスマスに咲くのは 仲間の内限られた種で春早く咲くのが多いらしい

寒い内から咲き始めるし 花期も長いのは良いことだが

Christmas_20240325174601

 

慎み深過ぎるか下向きなのが残念

Christmas2_20240325174601

 

アネモネやラナンキュラスの仲間だけあって 華麗な感じなのに・・・

Christmas1

もっとも花弁に見えるのは実はガクだそうで

中心部の どうやら花弁らしきが見える これかも❓

有毒物質を含むキンポウゲ科らしい 妖しい雰囲気も魅力と言えよう

Christmas4_20240325180101

                                      葉もまた見応えある 八つ手のような厚手で ➡

                             しっかりした感じ 常緑で常に所在が分るのも長所

こぼれ種の天然実生子苗をたくさん ばら撒き けっこう繁殖力旺盛

2024/03/23

ハマユウ Ⅱ

種子島から持ち帰ったハマユウの種 数有り過ぎて後悔し

育ててくれる人探してて 元気良さそうなのから順に 4人引き受け手が見付かり

Hamayuu-1

 

吾自身も 月初め山泥にバーク堆肥を混ぜて鉢に三個植えて

Hamayuu-3_20240323195001

          山泥からムカデ ( 百足 )が現われて ➡ 庭に放つ訳にいかん ぶっ殺す

ムカデは菜園にも居ないことはないと思うが 目にするのは30年振りかも知れない

 

それでも 誰か引き受けてくれないかと探したが見付からず結局もう一鉢に一つを植えた

Hamayuu-2

最も日当たり良い作業場の二階窓際に置いてるが 芽がまだ動いたと言えないかも❓

 

もう皆 始末すべしと 今日浜へ走り 将来とも誰もいじることは無いと思える所

秘密の場所 日当り良く 風避けられると思われる所に5個埋めてきた

Hamayuu-4_20240324083501

浜木綿は黒潮に乗って 浜辺に打ち上げられて そこに生きるそうだが

比較的暖かい太平洋岸 北限は千葉県房総半島かも知れない

日本海側も島根県に例があるそうだが 石川県で育つかどうか❓

温暖化の進行で可能性有り

これから経過見に行くのが愉しみ 💗

 

今日は晴れてたし ブルーパトロールに出かけた

Hamayuu5_20240323211801

 明るい月にSLIMが居ると思うとニヤリとする

寒い間は月が明るくてもカメラ向ける気起きないのだが

こうして撮る気になるということは 春なんだ 😊

満月は月曜日だが 当地は天気が安定しない 天気予報は概ねOKだが刻々変化が激しい

2024/03/18

お受験

孫娘は今春から小学校最終6年生になる

婿殿のご両親 祖父母は勉強関連の物品書籍たくさん与えてプレッシャーかけてるらし

露わにしないが娘が教育ママ的でないのに不満感じてると思うと娘は言う

婿殿もけっこう教育熱心だろうと私も何度も顔合わせてるから推察してる

小5は現在の友達連中と共に地域の公立中学校を希望してるのだが

パパ側は とある中高一貫校受験を既定コースと考えてる

当然現在塾に通わせてる

塾 学校 それらが どこかは私は聞かないことにしてるし娘に知りたくないと伝えてる

娘は がむしゃらに勉強させるより 明るく元気で愉しく過ごせれば十分と考えてる

私は娘に 〇〇さんや向うが勧めるのなら それに協力するしかなかろと言ってる

しかしながら私も娘に絶対に勝ち組に入らねばならない これからの社会は厳しい

勝ち組負け組の差が開くばかりの傾向にある 明るければ良いだけではだめ

子供本人の器がどの程度か見極める力が両親に求められてる

その器の範囲内で 努力させるべく工夫するしかないと 言ってる

言うのは易しいが それが実は最も難しいことだ

親なり爺婆が子供に期待するのは当然のことだろうが

子供に過度な期待をして 子供を駄目にしてるケースがあるかも知れない

吾が自分の子育てを振り返っても 反省する部分が多い

娘にアドヴァイス出来る自分とは思ってないが

相談とまでは言えないが 時折意見を求められれば 吾なりの思いを伝えるしかない

あくまで吾の器の範囲内での考え 参考になるやら ならないやら いい加減なもんだ

孫娘に勉強頑張れと手紙書いたことあるが尻叩くほどの書きようはしてない

娘は婿殿側は子供にプレッシャーかけてるから

金沢と両方プレッシャーかけたら良くないから金沢はのんびりさせてあげてと言う

吾は「 そりゃ楽だなぁ! 向うは子供の尻叩いて疎まれる こちらは子供に良い顔するだけ 」

今日やんわりと小五の女の子に最終学年しっかり勉強しなさいと手紙出した

手紙に添付写真

18hi

花の無い時季と思ってたが たしかに春は音をたて始めてる

春休み新幹線で遊びに来いと アンクで誘う

18hi2

より以前の記事一覧