無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

歴史

2024/03/22

越前市

福井県越前市の〔 しきぶきぶんミュージアム 〕へ行って来た

” 式部気分 ” に浸ることを意味する命名と推測

大河ドラマ ” 光る君へ ” の解説

紫式部はどんな女性❓ 道長との関係 歴史背景を視覚的に愉しめる展示 

自分の紫像と大河で描かれてる女性 歴史事実の中に探る愉しみ

Genji

ミュージアム観終えてから 1km程離れてる〔 紫式部公園 〕は黄金像が目的

Genji3

紫式部像は京の都に視線を向けてるそうだが その視線の先に

式部が詠ってる ” 日野山 ” は公園から眺めが良い

公園脇の 〔 紫ゆかりの館 〕でも 歌の解説 時代の諸相 分り易い説明

 

しきぶきぶんミュージアムの外のコンクリート打ちっぱなしの塀に描かれてる愉快なイラスト

 ミュージアムは ” まさかりどんの館 ” という建物だった

いったい何を意味してるんだろう❓と 出口の係りの人に聞いたら

しきぶきぶん・・は 絵本作家  ” かこさとし ” の記念館を借りての期間展示の催しだそう

まさかりどんの館は 絵本をたくさん収蔵してて 大人も子供も愉しめる施設だそう

Genji4

全く知らない人で 家に帰ってからネットで調べたら なかなか興味深い御仁

( 加古里子 ) 本名 中島哲 (さとし) 越前市に生まれ小学2年まで育ったそう

東京大学工学部卒 工学博士 昭和電工でエンジニアとして勤務の傍ら作家活動してたという

紫式部の人物を見に行ったのだが 気を付けてれば 外壁には着色されたレリーフも有ったり

館外の公園には作家所縁の遊具やイラストも見られたのに!

 

帰り道 紫式部が詠った 白山はまだ真っ白だった

Genji2_20240322215101

  名に高き    越の白山    ゆきなれて    伊吹の嶽を    なにとこそ見ね

白山を見たら 伊吹の山も大したことないなぁと!

2024/01/30

偶然

こんな事もあるのか~ びっくり~😲

                                                   表紙裏に聞き覚えのある人の氏名 そして ⤵

                                              見開き反対側 遊び紙に竹田恒泰さんのサイン

Kojiki0

金沢市長の山野之義さんが いつか読んでた本に著者がサインしたものか❓

竹田恒泰さんが山野さんが市長になった時 お祝いに贈ったものか❓

市長 ”様” となってないと云うことは

山野さんがかねて読んでて 二人が面談する機会にサインしたものかも知れない

山野さんは小学校の教科書の選定の際 神話についても子供達に知ってもらうことは重要と考えており

日本史に関する教育について一家言を持ってることを知った竹田さんからアプローチも考えられる

しっかりした隷書体は竹田恒泰さんが力を入れて書いたことが覗われる

拝啓 経緯は想像するしかないが いずれにしても 山野さんが市長をお辞めになる際に

市の図書館に寄贈したものと推察される

珍しい経験

 

先頃時間つぶしに玉川図書館城北分館の本棚をチラ見してて 野々市富樫が目に入る

漫画本でこれを読めば短い時間で富樫について知ること出来ると思い借りて来たが

10代に亙る期間をこの本で知るのは無理だった やはり活字でないと・・・

Kojiki200

                                          その際子供向けの古事記も借りて読んだので

あらためてしっかり読み返してみようと竹田恒泰三のを借りたのだった

やはり 時間つぶしに 本は最適

2024/01/17

今朝は天気は良いが 今冬一番の冷えだったかも知れない

先日洗った甕の底 少しの水に氷が張りアヒルは身動き出来ず

17hi

                                 金魚に餌やったが 融けるまで下から眺めるだけになるなぁ!

 

兄が最前 「 ひろ~お前んとこ地震大丈夫だったか❓」 と来てくれたので

兄のとこに返礼という訳でもないが 長らく来てもらうばかり!たまには こちらからも と

海側環状線を走り始めた 金腐川に架けるべく長い橋桁が宙に浮いてる

これが落ちたら えらいことだ こう云う工事の段階も耐震考えてるんだろな! 

17hi2

兄の家の筈が いつの間にか8号線南下してて・・・加賀市の観音様 無事お立~

 

快適ドライブが 越前海岸を🚙

17hi3

いつ見ても 何度見ても 大地の芸術

 

こんなに穏やかで のどかな海だが 大地が動くと隆起もする

17hi4

                                                           越前岬の ” 窓岩 ” 正式名知らないが

                       能登外浦の 窓岩は崩れたらしい 残念なこと 大事な観光資源なのに

千体地蔵も5・6年前の地震でかなり破壊してると聞いたし 今回で跡型無くなってるかも知れない

見附島も崩れた画像 📺に流れてた 大地が震動するとは えらいことだ

 

道の駅 〔 越前 〕 で風呂に入り 左に水仙 右に敦賀湾を走りながら

紫式部の御父上が渤海の船が敦賀に入ったと云うことで国司として派遣されることになるのだ

17hi5

                        今年は初詣どこにも行ってない いかんなぁ!どこか行くべきなのに・・・

越前國一之宮気比神宮は良く知られてるが 織田信長に所縁の二ノ宮劔神社

ごくごく近い道 二度ならず通ってるのに立ち寄ったこと無い この際と行ったつもりが

ナビ頼りの癖が身に付き過ぎてる❓

名称は同じだが ・・・全く違う神社へ到着・・・到着するまで気付かない・・・

ほんと 最近の俺は惚け過ぎてる ひど過ぎる しかしながら 一応今年も初詣した・・・                                                                                   

2024/01/07

大河ドラマ

   〔 光る君 〕今日が初回

Sikibu

今年の大河は 毎週日曜日の大きな愉しみになろう

今までの大河はどれも大いに興味深いのだが 用事で見落とす日も多かったり少なかったりで

録画してまで観る作は 少なかったが

今年は毎週録画しよう 見落としたら録画で観なければ

そう言う吾は 源氏物語何冊も読み始めるが 少し進んでやめてしまう 最後まで読んだことはない

恋愛 男と女の交わりばかりに終始してるとこに 嫌気がさしてきて 途中で放り出してしまう

しかし紫式部の伝記物は たくさん読んだ 人物像にとても興味が湧く

行き遅れのインテリ女性のイメージ

女性の教養に漢文は必要無いとされてた時代に 学者の父の影響で漢字を物し

若狭に赴任する父の身の回りを世話すると言い 同行するが

雪多く寒い冬を厭うて京都に逃げ帰る 好きでもない女性だが

大河は脚色が過ぎて史実にどれほど近いか❓疑問だが 大筋はしっかり観たいと思う

2023/05/15

那須国造碑

     なすのくにのみやっこひ

 先月の東北の旅で 宮司不在で拝見出来なかった

今回は電話し 宮司が居られることを確認して訪れた

拝見は出来たが 📷撮影は禁止

宮司が神殿の鍵を開け 暖簾を開いて中に入って

「 どうぞ ご覧下さい 」

宮司のあとに付いて足を神殿の中に踏み込んだら

「 中入ってはいけません 」

「 あ すみません 写真撮ってもいいですか ❓」

「御神体だからだめです 」

「 あぁそうでしたね 」

文字は せいぜい1.5センチ角と小さいものだが ゆっくり拝見できた 概ね意味は取れるが

先月の空振り訪問に終わった時の記事に 辞令みたい物 と書いたが 

吾の誤解だった 書道史上日本三古碑とされてる 他の二点 多胡碑 多賀城碑は辞令みたい物だが

那須国造碑は今で言えば県知事のような立場に大和政権から任命された人物の

息子が亡き父の事績を称揚し 子孫に至るまで父の名誉を汚さないよう精進すると言ってる

15niti6

多胡碑も多賀城碑も風化しやすい砂岩だが こちらは

御影石 硬い石に小さい文字を刻んだ当時の石工の彫る姿が偲ばれる

よくぞ こんな小さい文字が現代まで読める状態で残ったものだ まさに驚嘆すべきこと ✨

写真撮れないので 広報印刷物を🏠でスキャン 高さ約1.5m

笠石神社の名の通り 傘が載ってる

15niti5

しかしまぁ この様な碑文が神として祀られると云うのはおかしなことだ

歴史上の偉大な人物が神として祀られるのは 強い人になりたい 立派な人になりたい

人生の目標 憧れの対象として 尊敬から尊崇 そして亡くなってから神と崇めるのは理解できよう

しかし 人をその子孫が称揚する碑がご神体とは おかしなことだ

歴史資料として重要であるほどに 一般に自由に観覧できる状態にすべきと思う

 

下道は愉しい ハープを積んでるので 舗装の良さそうで山中を走る道路を選択しゆっくり走る

新緑のドライブは快適 トンネル大好き

             入口も新緑                                                  出口の向うも緑

15niti

               様々な形

15niti2

               新緑に赤色が似合う

15niti3

 

福島県只見町から新潟県魚沼市に抜けるR252 六十里越峠から田子倉ダム湖を望む

15niti4

日没前に無事家に着く

2019/01/14

朱鳥の陵

〔 あかみどり の みささぎ 〕 坂東眞砂子著

南北朝期から時代を遡り卑弥呼の時代黒岩重吾の世界へ戻る前に
もう一冊と読み始めたのが 坂東眞砂子著〔 あかみどり の みささぎ 〕
Akamidori7
 

Akamidori6

 

変わった作家の印象で
キワモノ的歴史観?
読んでも甲斐無いような
思いが無いでもない気分で
読み始めたが
歴史事実を追うてて
女性の視点からの
人間関係の記述は
興味深いものがあり
おもしろい

その内突拍子もない方向に
展開しないか
心配な気持ちで読んでて今半ば


斉明女帝と
子の間人皇女
( はしひとのひめみこ )
そして孫の建皇子
( たけるのみこ )
及び大田皇女
( おおたのひめみこ )
を埋葬した記述

昨年12月
紀伊半島を旅した際
訪れた
宮内庁管理の陵 で目にした
やんごとなき方々の
そのままの名前の記述

1300年以上前の人物が
身近に想起され
異様な感動を覚える
Akamidori2
建皇子 幸徳天皇皇后 間人皇女 斉明天皇 大田皇女石柱 ➡

2018/06/08

蔦屋

孫が居ないと が進む
ニュージランド旅行と孫の来訪で貸出期間が過ぎてるのを
急いで読み終えて返却する
歴史ものは政治社会面あるいは人物を取り上げたものを読む場合多いが
社会の一部を掘り下げたのもまたその時代が覗けるという意味で興深い
蔦屋 今も蔦屋と言う会社有るが創業は江戸期にあるのだろうか?
全く別物なのか?案外歴史ある会社のような気がする
最近はネットに押されて経営は振るわないと聞いたことがあるが??
著者は谷津矢車 ( やつやぐるま ) さん
Tuyaya

歴史は田沼意次が失脚して間もない頃
小身の旗本から大名にまで出世した田沼は
身分制度の厳しい江戸期において素晴らしいこと
しかしながら商経済を重視する姿勢から賄賂がまかり通るとの悪評も高い
田沼が悪いというより資本主義経済の発展という時代背景のせいとの説
次新しく老中となった松平定信はつまらない男
文武を奨励し奢侈禁止令を発令した男
言葉ずらからは良いことのようだが
社会の沈滞を招き経済を不活性化するのは避けられない

白河の清き流れに住みかねて 元の田沼の池ぞ恋しき
の狂歌が世間に流布した時代

吉原出身の蔦屋重三郎という新進気鋭の出版商売人と
一等地日本橋に耕書堂を経営してるが
商運傾いた老商人との交渉を軸に筋書きが展開
蔦屋重三郎は吉原細見という本で経営は安定してるのだが
学問書しかない当時大衆をターゲットにした書の出版を目指す
カラー刷りを入れたり諧謔を交えた政治風刺等を取り上げて評判をとり
本の出版の世界に革命をもたらし読者が大いに増える
しかし間もなく謹厳実直と言えば聞こえは良いが型にはまった堅物の
松平定信による弾圧を受ける中で出版の自由を確保して行こうと努力する
武士の間でも武家政権の動脈硬化に嫌気をさしてる武士が大勢居て
政権に批判的な意見を持つものも多く 執筆する者も数居る
しかしながら暴力を伴う弾圧から自由にものを書くことが出来なくなる
蔦屋は悪戦苦闘しながらも出版物というのは人々の知識欲を刺激する
必要欠くべからざるツールという信念を持って頑張る
登場人物がおもしろいというか 錚々たる人物群
歌麿 寝惚先生 宿屋飯盛 東洲斎写楽 大田南畝 唐衣橘洲
朱楽管江 四方赤良 山東京伝  酒上不埒 恋川春町
江戸の一般の人々の世界が覗けて興味深い

2018/04/21

澤田ふじ子

歴史小説ばかりの吾
次何を読むかはネットで探し図書館に予約するのだが
その段階で澤田ふじ子 〔 天涯の花 〕 に出会った
当時の最高学府に学び文武に秀でた男だが
妾腹に生まれた次男坊 部屋済みで一生終るかも知れない
それが旗本で無役ではあるが小普請組の家に婿入りすることになった
初対面だった若い二人 ゆっくりとは言え徐々に愛情は深まりつつあった
役職に就きたい婚家の舅の求職運動のゆえに二人はぎくしゃくしていく
そうした過程で男は武士に嫌気を差し花を生けることに惹かれて行き
華道家となり未生流の開祖 未生庵一甫になるまでの過程
華道家がどうして誕生したかの興味もあれば
江戸時代の武家の内情 男女の恋愛に関する諸事情
社会背景が目に見えるように描かれてて おもしろい面白い
一気に読み終え初めて読んだ澤田ふじ子に惹かれ
次いで 〔 空蝉の花 〕 を読んだ
これがまた面白い
大往院以信という不世出の華道家の物語
池坊二代目家元に才能を認められ流派を継ぐ者と周囲も評価してるのだが
江戸時代 徳川幕藩体制が固まりつつある時期
芸道を継ぐにも血脈を重視する傾向にあった
三代目を継ぐことが出来ず のちには風狂の人生を終えることになる
仏花として始まった生花 特に立花 ( たてはな ) は
世に大いに流行してた
これも愉しくて あとを追わずにいられない面白さで読んだ

澤田ふじ子の華道家三部作ということを初めて知り

次いで 〔 花僧 池坊専応の生涯 〕 を読み終えた
Ikenobou
過酷な年貢を納められず 飛騨の国から逃散し美濃に住み付いた一家
父の死のあと野盗に凌辱された母から生まれた子 太郎丸
極貧の上にも賊の落とし子として蔑まれ生きるに困難な状況
母は通りかかった山伏妙連坊の勧めに従い子を委ねる
妙連坊は元侍 落城の折 妻子を刺し自分も死ぬ筈だった身
太郎丸は山伏修業をしながらも ある時池坊六角堂頂法寺の僧が
睡蓮を生ける様子を目にし 仏花・立花に惹かれて行く
花の美しさに仏道の教えを観 読み書きも独学し成長していく
世は戦国期 実力がものを言う時代
池坊最高位の師の亡きあと
衆望を得て法院の地位に就く
身分違いの恋愛模様も交えて
指導力を失った室町将軍家の終焉期
謙虚に生きる男の物語
しばしば涙を流しながら読み終えた
澤田ふじ子ってすごい小説家だ!と今にして知った

ネット検索の過程で
〔 天涯の花 〕 というのが宮尾登美子にもあるのを知った
こちらは華道家の話ではなく男と女の恋愛が内容らしいが
キレンゲショウマをはじめ様々な花が登場するらしい
この際歴史ものを外れて読んでみるか

2017/12/19

西太后

日本の歴史小説ばかりを読んでるが
急速に力を付けてきてるお隣中国についても知りたいと思い
近代中国の創始者というサブタイトルに惹かれて 〔 西太后秘録 〕 を選ぶ
Seitaigo
清朝帝の一側室だが                       川副智子 [ 訳 ]
正室の貞皇后と良い関係というか良き理解者として得られ
伝統と慣例に固守する古い体質の中で国を指導していく過程が描かれてる
中国の歴史には全く不勉強だが
西太后については残虐非道なイメージを持ってた
それは正確ではないこと 意図して作りあげられてた人格なのだと知った
著者のユン・チアンは1952年四川省に生まれ 14歳で紅衛兵になり
農村に下放されてのち大学に進み英国に留学してる
現在の中国で出版が禁止されてる書も多いので
民主的 歴史事実的小説を書いてると期待する

幕末から明治にかけて 中国は西洋先進国から手ひどく扱われてる
アヘンの問題が最も酷いものだが
土足で入り込んでくる先進国に対し抵抗する力が無かった
それこれを考えると
日本を近代化しようと努力した島津斉彬や坂本龍馬はじめ多くの
偉才が日本の舵取りを上手にやってくれたことを思う
そして日本もまた中国に対し理不尽な接し方をしてきたことをも思う
伊藤博文他日本の偉人を中国からの視点で見るという経験が出来た
 
あらためて我が国は平和主義を掲げて努力してほしいと思う
しかしながら武力という裏付けも無い訳にいかないと確信
観念的平和は絵に描いた餅でしかない
 
日本の歴史もろくに分かってないのに
中国や韓半島に感心を向ける余裕がどこにある?と
自嘲的にならないでもないが 

2017/11/26

花村萬月

おもしろい本を読んだ  花村萬月著 〔 私の庭 〕 蝦夷地篇
Hanamura
明治維新最初期の頃の函館が主な舞台
津軽から追われて二人の男が悪天候の中 小舟で海峡に逃れ
対岸の北海道に漂着する
共にサバイバル生活ののち
襤褸くずのような格好でそこと知らず現れたのが函館と言う街
その大きな街で意に反して別れ別れになった後 一人は函館で生きていく
一人は自然界に魅かれ日高地方でアイヌ社会に交じり生きてく
幕末明治の頃の社会状況に惹き入れられ夢中で読み終えた

社会の最底辺で生きる人々の様相に うたれたが
文章に今まで見たことない手法と言うのか
珍しい表現にたまげた~
Hanamura2
 
雪の文字が連続する

次いで白の文字




分厚い長編だったが
2.3か所
そんなところがあって
こんなの初めて~



















































 
そして再び驚いたことには
俳句は575
和歌は57577と聞いてるが
二人の男の会話が突然七語で 「 」 に収まり
延々2ページを越えて続く
Hanamura3
小説 物語はまじめも真面目
人間を真正面から描いてる
奇をてらうとこが些かも見られない 重たい物語展開
一体こういった表現の意図するところは何だろう??
ともかく内容共に忘れられない一冊となった

より以前の記事一覧