無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

自然

2024/07/08

快晴

今日は雨の予報だったが 一日曇り空 ほんの少し小雨が降った程度で楽な梅雨

昨日の快晴は見事だった

7hi101

染色実地教育の現場からの緑田と青空

07hi9

 

染めの途中で 〔多喜知苑〕を覗きに行く

何で知ったのか初めて訪れたという女性二人が来られて

07hi10

右の方の通路に後姿で どなたと特定出来ないように撮り込んだつもりだが・・・

 

来るたび ➡ 完成度を増してる 庭苑公園

07hi11

ノウゼンカズラ 見事な樹形                       手水鉢と鹿威しの周囲は ほぼ完成形

 

なんと初めて来られたと云う二人連れの女性からバイカモが咲いてると聞き立ち寄る

近くのこちらも私的庭園公園

07hi12

医王山系にたまに見られる冷たい清流にしか育たないバイカモが陽を受けて心地良さげ

牧野富太郎博士はムジナモで世界に認められたが いつか食虫植物ムジナモを見たいものだ

 

染色を見学してから

夕方5時からの津幡町の傑物 大の里の優勝パレ^-^ドを見に行こうかと思ってたが

07hi13

今日は歩きはさほどでないが3ヶ所を訪れてる 調子に乗ったらいかん

まだ大事をとり右足をかばい 少し引きずり歩き

テレビで観るべし!と行かなかった

これから何度も見られるんだから ➡ ”輪島” を超えるのが現われた

行かなくて良かった 少しずづ良くなってる

神経外科の先生が薬で治る程度と言われ もう十日分ほどの薬

鍼灸は もう一度予定になってるので 間もなく完治する予感

もう二・三日で ”大宝海” の作業に取り掛かれる目算  

2024/06/23

元気だね!

昨日が北陸地方梅雨入りの発表あったが降らなかったけど

今日は一転 多分夜中から降りやまない

さすがに狭い廂から滴り落ちるだけの大甕も満杯       雨 気にしないのも居る ➡

Doshaburi

降ってくれ~と言ってたが 降れば降ったで やんでくれ~

 

大宮の小1に手紙

Mago3_20240623152701

2024/06/18

降った~😀 久し振り 雨水甕三つが一杯になり溢れてる

18hi3

も一つ一番大きい甕は小さい庇から落ちる分だけだから あまり溜まってない ➡

       大屋根の雨樋から取り込むようにすれば あっという間に一杯になろうが

雨の多い季節に やたら溢れさせても仕方ないし そこまで必要無かろう

 

午前中雨の予報だったが やんだのは10時前だったと思うが

草木 菜園には十分な量 落ちたと思うので良き☔

18hi4

 

午後遅くに 昨日少し始めたグレープフルーツの剪定完了

去年は無茶苦茶生ったが 今年は全く実が見えないと思ってたが

風通しを良くし株元にも陽が当るようにと下の方から始めたら

実の着いた枝を落として あれ~っ生ってるんだ 葉に隠れてるんだ

こりゃ陽が当るように しなきゃ❗       剪定始めて良かった❗

18hi5

それからは実の着いた枝 落とさないよう慎重に剪定進めたが

まぁそこそこ生ってる 20個位採れれば OK

 

右太腿から爪先まで 一本線が走ってるような痛みが時々生ずる

旅から帰って翌日 鍼灸院に行ったが 施療後2・3時間は楽だが 再び痛みが始まる

右足引きずるように歩いてるが 痛いからと動かないのでは良くないと思い

アマリリス眺めるだけでなく 朝顔の支柱したり ゴーヤを植えたり

 📺 ☕📖の合間に足に負担かけないよう ゆっくりゆっくりの動き

鍼 電気 お灸で 一セット 四回行ったが 状況は変らない

骨に問題あったら困る やはり普通の整形外科に行き写真撮ってもらおうと

土曜日に近所の神経外科クリニックに行ったら待合室の患者の多いこと

問診のみで21日にMRI撮ることになった

鍼灸院次回予約は22日になってるので

それが終ってから どちらに専念するか決めよう

 

テレビが地震で壊れた珠洲市の 国際芸術祭 の作品の話

キャバレーのホステス 着替えや化粧する部屋

18hi6

一時 香林坊のキャバレ^-^ーに足運んだこと無いでもないが

支度部屋に入るチャンスなんて ある訳無い 芸術祭で初めて上の部屋鑑賞

昭和のキャバレーはともかく 国際芸術祭 毎回楽しみにしてるが

これからどうなるだろう❓再開出来るかな❓

2024/06/10

アンク

玄関に向かうと ニャンコが平生可愛がることない吾の足に体をくっ付てくる

外に出たいのだ この良い天気に当然のこと

息子は家猫に決めてるが 酷な事だ 先代アンクはいつでも出入り自由だった

何かの折に隙を見て脱走するが 1・2時間で疲れるのか 玄関に入ってくるだろ

この頃は草が深いので 息子が嫌う足もたいして汚れないだろ

隙を狙って出る時は 素早い走りでどこかへ姿を消すが

開けてやると 外出を認められたと受け取ってるかゆっくり歩いて行く

10hi9

場所を替えながら あちこちで体を休めてるのか 周囲を観察してるのか❓

1時間半過ぎて

「 そろそろお前家に入らにゃならんぞ〇が帰って来たら爺は怒られるからな 」

息子や家内は抱こうとしたらすぐ抱けるが

いつも抱かれることを逃げる吾が 近寄ったらすんなり抱かれてニャ~ンと一声

 

外で遊ばせて 息子が帰る前に家に戻しとかなきゃ!と思うと やはり心配は心配

時々窓を開け いま背戸に居る 北側へ移動した

あ~姿見えない やはり確認しとかなきゃと時折出入りする

その隙に茶の間にスズメバチが入って来た こりゃえらいことだ

キンチョールを吹きかける   蜂はキンチョールにとても弱い

普通の小さい蜂 足長蜂 二吹き三吹きすればコロリと落ちてしまう

10hi12

スズメバチはさすがタフ 吹きかけてもよろよろしながらも飛び回る

10吹き近く かけ ようやくダウン

それでも動いてるから 泥に埋め とどめを刺した

 

良い日が続いてて 一雨欲しいと思ってるが 明日も🌞マーク

晴が続くと雨が欲しい 雨が続くと鬱陶しい 晴てくれ~

10hi11_20240610201301

日没時刻は17:11だったから その通りらしい

日の出時刻には大きな誤差があるが日没はその通り → どういう事だろう❓

2024/05/14

ヨモギ採り

暮の餅搗きのヨモギを採りに行く

家内はヨモギが主で家内の妹と友達はワラビや 葉ごと食べる野ブキの小さいのを収穫

14hi11

 

医王山は まだサンカヨウが咲いてて

 婆の一人が 「 これ花弁が雨に濡れると透き通ってるのが見所なのよ 」

「 あらほんとや 天気良いのに こんなの見れて幸せやねぇ 」

「 朝露に濡れてるんだねぇ 早く出てきて良かったね 」

14hi13

 

吾は このところ体調が芳しくなく 山菜採りせず 車の辺りを ぶらぶらと

キンポウゲ                  ハルノノゲシ              コウゾリナ

14hi14

 

    キジムシロ❓

14hi16

蛇イチゴはもっと地を這ってると思うし  三つ葉ツチグリはもっと背が高い❓

花は何でもそうだが 厳しく吟味しないと正式名は特定出来ないので

キジムシロの仲間と云うことで済ませるしかない

 

エンレイソウは花が終り 実着けてた

14hi15

 

大気がけっこう澄んでて         婆連も北アルプスの山稜に見惚れてる ➡

14hi12

「 娘と昔 劔登ったよ 」「 私立山3度登ったわ 」「 あそこ 弥陀ヶ原だよね 」 

「 雪の大谷は絶対行くべきとこね まだ雪たくさんあるみたいね 」

 

終日 空に雲一つなく 見事な青空   そこら中に藤の花が咲いてる

その下で敷物敷いて🍙休憩

14hi17

「 藤 綺麗だけど 杉の木は困るんじゃない 」

「 絞め殺しの木って聞いたこと有るけど そのうち杉の木枯れるんじゃない 」

「 どんな木にでも昇るのね 📺で見る藤の名所のより花房短いね 」

「 こういうのが 素朴でいいのよ 」

「 昔 木が金になった時代は こんなに藤は木に登ってなかったんだ 山に関わる人の間では自分の山でなくても藤蔓だけは目にしたら伐り捨てるのがエチケットだったのだよ 」

「 あらそう!ルールだったのね 今はそこら中に昇ってるという事は山に人が入らなくなってるってことね 」

「 人は 車の道か歩く道しか使わないから 」 「 道以外に入る人は山菜だけが目的 」

喧しいことこの上無し

2024/05/10

医王山

新緑の医王山は明るく青空が広がる

新緑と🌞の間に アクセントの様な飛行物体

旅を愉しむ多勢の人を乗せてる旅客機❓

国籍不明機が日本の領空を侵犯してないか見回る自衛隊の戦闘機❓

Iou6

世界中どこにでも空は広がるが

21世紀の現在 砲弾が飛び交い戦闘機が人をめがけて爆弾落してる地域がある

 

既に展開し食用には無理なコシアブラの背後に雪を抱く北アルプスの山稜を写したつもりだが

Iou7

ぼやけ過ぎてて 雲の様 至近を鮮明に 遠くの背後をも少し山と分るほどに写すには

どうするのだろう❓

 

砺波平野の散居村に田植え時期の鏡の水田が広がるが 肉眼では見えるが

Iou8

カメラ画像では無理 黄砂だろうか❓大気はあまり澄んでない

 

夕霧峠手前1k位で残雪

Iou9

午後一時頃シガラ首も西尾平も 登山者の車でいっぱいだったが午後4時半空っぽ ➡

 

低い所のサンカヨウは咲き終り すでに小さい実を着けてたが

奥医王登山口から通行止めになってるイオックスアローザ方向に歩くとまだ鑑賞十分

Iou11

 近くにはキジムシロやスミレ ハンショウズル コゴミゼンマイがまだ小さい 

 

     アオダモの花が旬

Iou12

                                                山桜が まだ ちらほら ➡

藤の花 ミツバツツジ ハクウンボク ムシカリ タニウツギ 花とも言えない瓜肌楓の花と

新緑に山は花盛り

2024/04/26

田植

世の中田植えが始まってる

Taue

 

我が家の田んぼは世間より十日ほど❓の遅れ     直播籾から芽が出たばかり ➡

Taue2_20240426212401

正月飾りに使った昨年の稲穂 建物内に保管してたのに

小鳥に啄まれてほとんど籾が残ってないことに気付いて

急いで 籾らしきが残ってる穂を かろうじて二つ ばらして直播したのだった

それでも10個程の芽が認められるので 今年も稲刈り出来そうで安堵

 

昨日に引き続いて山に泥を採りに行った ついでに

コマユミ苑 訪れる

ハナイカダが たくさん花芽付けてる

Taue3

巨大なミズバショウ

Taue4

思いっきり広がれれば良いのだが 場所的に広がれないのが残念

何とか横に湿地状に畳一枚程でも広げられないものか❓

 

苑の名前のコマユミ たくさん植えられてる どれもが元気いっぱい

緑葉の活きの良いこと  花いっぱい咲かせてる この秋 紅葉時が愉しみ

Taue5

 

ミズキがあることにびっくり

幼友達の苑主は何思わず 姿の良いことに惚れて

植栽したそうだが 今春花咲いてびっくりと言ってる

Taue6

昔 庭に凝ってる人は 時々庭大改造 池泉を設けたり築山の形を変えたりし

庭師を大いに儲けさせたものだと聞いてるが この時代庭改造する人はあまり居ないかも知れない

庭通は最後には雑木の庭に落ち着くと聞いてる

花の無い幼木のミズキに惚れるとは なかなか良いセンス

2024/04/24

ドウダンツツジ

今日は終日小雨やまず

満天星ツツジが旬

Doudan

三本幹が立ってるように見えるが                  株元は二岐に別れてる ➡

大きいのは見応えあるのだが 場所を取り過ぎてるので 明るくするために

二岐の所で片方伐り落とすか❓形バランス良くないな

三俣の所で両脇伐り落とし真中一本にするか 昨年から悩んでる

 

📺 ☕ ばかりで過ごすのは良くない 濡れない程度の降りだから 少し動くべしと

庭に出て あちこち見歩く ヤブレガサを大事に思ってるのだが

シュウメイギクが年々勢いを増してきて 今では破れ傘は駆逐されそう

Doudan2

新芽から畳んだ笠の状態はシュウメイギクに囲われて鑑賞しにくい状況に

困ったなぁ!どうしよう破れ傘の方が大事だと思いつつ多年経過

このままでは 姿消すかも知れない

自然に任せとけない この際 酷だが 注意深くシュウメイギクを抜き取った

根の有るのは他に植えれば生きてくだろうけど やたら有っても・・・場所取るし

植物愛好すると言いながら 植物の生殺与奪を行使する吾

しかし 破れ傘だけにして このまま健康に生き続けるものかな❓

かってはそうだったのだから ひ弱に見えるが すっきりさせたのだから力付けてや

2024/04/01

現代美術展

21世紀美術館

吾には上も下もアート     〔 喪失の・・・ ❓形❓〕

Genbi

現代美術展は 書道と日本画

書道はかって交流のあった数人の名前を 探して歩く

作品見ないで 出品者名だけ見て歩く 一人も見付けられず

書道界から卒業したか❓ すでにこの世に居ないか❓

日本画に知る人いないが 顔彩 岩絵の具の色味と言うか表情は味わい深い

日本画のモチーフには 合わないと思うような絵が昔から年々増えるにつれて

足は遠のくのだが 久し振りの鑑賞は やはり愉しめた

 

洋画と彫刻 写真 工芸は県立美術館

油彩は交流のある画家が居て 絵の方向が変ってるのが視られて興味深く鑑賞

いつまでも表現意欲に衰えが無いことの証明

愉しいこと探すのみの吾の目に 大したもんだ 羨ましいかぎり

 

写真の展示場でも知人の名が無かった

印象に残ったのは正月元日の能登の地震被災を意識したに違いない作品が数見られた

いずれも かっての能登半島を偲ぶと思われる景色

Genbi3

書にも 能登の復興を願う文字・文が観られたが

誰にとっても 現在進行中のショッキングなこと

年々美術にも音楽にも感動が薄れがちな この頃だが

様々の作品に作家の意欲的発想と情熱が覗われて

刺激を受け愉しかったが 我が身の現在が省みられて・・・

 

夕方 📺で当地の桜開花宣言を知ったが 全体的にはピークはこの週末頃❓

美術展への行き帰り お城の石垣に複数個所崩れを見た

Genbi2

                                                    百閒濠辺りも花見には もう数日かかろう

2024/03/31

春蘭

     令和6年春本番      春蘭が ” 春 ”

当地の山野に自生してる普通の春蘭だが

これ見ると何やら縁起良い感じ受けるのは何故だろ❓

Shunran_20240331165601

                             二株の内 一株 ➡ 今年は花が無い 消えてく兆候かな❓ 

                                   今の内に3株くらいに分離して植え替えすべき❓

                        来春の様子を見るべきかな❓ それでは遅い❓悩ましい!

                                                   草の株にも樹木みたいに 寿命有る❓

 

元気な方は いい表情してるのに!

ユニークな形を選んだものだ  (^O^) 

Shunran2_20240331165601

  ” 舌出しっ子 ” と言う地域もある                 バックもシャン ➡

                                                   

   雪対策外してないのに気付いた

Shunran3_20240331165601

      これで冬と確かに決別        寒くないのはいいなぁ 💗 

より以前の記事一覧