無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

山野草

2024/04/17

タケノコ Ⅱ

一雨降ったから 少し出てるだろと タケノコ山に行った

有った~

Takenoko8

 

相変わらずイノシシに食べられてる跡がいっぱい有るが

必要なほどには採れそうで安堵

ウドもいっぱい有るが 毎年採るので だんだん痩せてきてる

Takenoko11_20240417225101

 

シャガが咲いてる                          フックラ蕾も良い

Takenoko9_20240420201901

 

テンナンショウがいっぱい 子供の頃はこれを ” マムシグサ ” と言われてて

気味悪く感じてたが 今は その仏炎苞のユニークな形に魅力を感じるが

相変わらず触れるには 勇気が要るようで 触れないで見るだけ

Takenoko10

花後の真っ赤な実は毒々しく見えるし 全草有毒と聞いてるので触らぬが無難

サトイモ科 テンナンショウ属で

雪餅草や浦島草など手で触れるのに全く抵抗ないのもあるが

当地に有るのは 上のばかり

 

ヤマブキも咲いてて これから山遊びが愉しみ

Takenoko12

2024/04/16

ツルニチニチソウ

暖かい日

蔓日日草は日陰でもよく育つ キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属

常緑多年草で木質でもあり とても強健で繁殖力旺盛 花弁の形がユニーク

Turugikyo

日頃 特に保護する気分が無いせいで いつの間にか

斑入り葉ばかりが広がってるが 元々は緑葉が多かったのに!と探すと

Turugikyo2

                                         ツツジの大株を移植した株元に少々残ってた ➡

                                         これは 少し気にかけて広がってもらわなきゃ!

 

スギナを毟り取ってたら 雀の豌豆❓と互いに支え合ってる感じで

スギナを毟ったらエンドウが立ってられなく なりそうなので このままにしとこう

Turugikyo6

カエルも出始めた

Turugikyo7

連中もけっこう個性豊か 警戒心旺盛で 逃げ回るのも居れば

手に取って逃げないのも居るから面白い

 

🏠の前の道路 コンクリートとアスファルトの隙間に例年必ず咲く スミレ

Turugikyo4

タンポポも毟り取れない一種

Turugikyo5

 

2024/03/31

春蘭

     令和6年春本番      春蘭が ” 春 ”

当地の山野に自生してる普通の春蘭だが

これ見ると何やら縁起良い感じ受けるのは何故だろ❓

Shunran_20240331165601

                             二株の内 一株 ➡ 今年は花が無い 消えてく兆候かな❓ 

                                   今の内に3株くらいに分離して植え替えすべき❓

                        来春の様子を見るべきかな❓ それでは遅い❓悩ましい!

                                                   草の株にも樹木みたいに 寿命有る❓

 

元気な方は いい表情してるのに!

ユニークな形を選んだものだ  (^O^) 

Shunran2_20240331165601

  ” 舌出しっ子 ” と言う地域もある                 バックもシャン ➡

                                                   

   雪対策外してないのに気付いた

Shunran3_20240331165601

      これで冬と確かに決別        寒くないのはいいなぁ 💗 

2024/03/28

スゲ

いつも歩くとこに植わってるのに あまり視線を向けない種に気付く時がある

モチノキの株元に 「 おぉ整然と放射状にいい姿だなぁ!」

スゲの仲間に違いないが 正しい名前を知らない 姫スゲとでも言うとくか❓

細い葉が放射状に均等に展開してて 花穂は まんべん良く散らばり下垂してる

葉は細く幅4ミリ前後 長さ せいぜい15センチ 花穂の軸も葉と同じほどに長い

Suge

色の無いのは 自己主張してない感じで目立たないが なかなか好ましい景色

話しかける 「 お前さん 律儀にずっとここでモチノキと福浦石の根締め務めてる 花いっぱい付けて えらいえらい 」

太るばかりのモチノキの根っ子の隙間で窮屈に耐えながら

攻め寄せるツワブキと せめぎ合い何とか駆逐されずに頑張ってるのに違いない

 

上を姫スゲと言ったので こちらもスゲの仲間 カンスゲかも知れない

こちらも歩く道の脇の手水鉢の後ろだから 目に付かない所ではないのに

滅多に視線を向けない  こちらの花穂は短く葉に埋もれて全て上向き

葉は幅1センチはある 長さは40センチはあろう

Suge2

これにも話しかける

「 お前 明るいとこに居た時と同じだな この暗いとこに来ても増えもせず消えもせず 」

植物好きを自認しながら 何のことはない

自分に都合の良い そして放ったらかしてても育つもののみに目を向ける ひろぼ

色の薄い 派手でない草木が好きと言いながら これほども目立たないのには気を向けない

 

両者増えもせず 消えもせず ひろぼ的には優れもの ➡ 増え過るのは どもならん

スゲの仲間は 地味に加えて種類多くて 名前覚える意欲湧かないが

常緑であることは とても貴重 無くしたくない種

2024/02/29

機械もの

機械ものは 時々動かしてやらないと 調子悪くなる

バイク走らせるの冬場は風切る寒さがキツいのでチャンスは あまり無い

エンジン始動するだけは週一やるよう心掛けてるが 時にうっかりする

今日は2時間ほどバッテリー充電し無事スタータールルるるるブホ~

どんより曇り空だったが 風無いし路面が乾いてるので

河北潟が地震で大変だと聞いてるが 牛糞堆肥のとこへ行けるかどうかバイクで様子見

才田の大橋行ったら信号左折のとこで通行止め

大したこと無さそうなのにと田んぼ道経由で橋のたもとに行ったら

ひび割れは確かに有る この程度なのに車の重みかかったら危険❓

Kahoku

回り道し反対側に行ったら えらい段差 沈下 はぁ~こちらのことなのだ ⤴

そこらじゅうひび割れ アスファルトで応急処置されてるが きついアップダウン

直後の景色は  想像するだに・・・

Kahoku2

堆肥はまだ先のことなので引き返した

    リュウキンカが真っ盛り ” でかい花 ”             イヌノフグリも咲き始めてる ” 小さい花 ”

Kahoku3

                 これが増えたら大変だ      名前 ” ふぐり ” は実の形 花は可憐な妖精

 

吾の愛する偉大な医王山も         他の山並みから見ると存在感有りや無しや❓

Kahoku4

                世の中広い                   他に堂々たる山いっぱい

2023/10/03

奥能登国際 Ⅱ

動画をアップするのは出来るようになったが その都度次はどうする❓そして次は❓と

どれをクリックする❓と一一段階一段階確認しながら進めなきゃいけない

手に入れた手順を サっサッサっとひとりでにマウスが動くようには出来ない

次いで動画に文字を入れたり🎵を入れるようになりたいと思い

動画編集ソフトを二つダウンロードし無料期間の内に要領を掴むことが出来ない

使えるようになるように思えないので購入を諦めてしまい

アカウントを閉めてしまう

フレーミング 様々編集出来るようになりたいと思いながらも自信が無い

あまり時間を費やすのも問題だし・・・

 

能登外浦の海景

 

珠洲シアターミュウーズィアムにも波が寄せてるのにびっくり

建物内で打ち寄せる波をUチューブに上げたいと思ったが 成功せず・・・ なぜ❓

昨日はスマホからの画像をパソコンが認識してくれなかった 何度試みても!

今日あらためてやってみると すとんと認識してくれた

いったいどこが どう違うのか 訳分らん 昨日は多大な時間を消費した

 

能登は至る所 アートと云うか 吾には何もかもがアート 

Art

    生活の模様  生活の必要品 年月の経過 生活を支える物 全て美しい 何もかもがアート

2023/07/28

ユリ

      鬼百合が旬

Yuri4

      花も見事なら 塊根はホロ苦みのある 乙な味

Yuri3

                                                       ムカゴがいっぱい付いてる 落ちて実生する ➨

 

       鹿子ユリも 今真っ盛り

Yuri

こちらはムカゴが付いてないのに 幼苗が育つのは 種を蓄えるのをしかと観たことが無い❓

九州四国では天然自生してるそう 鹿児島県の 甑島 (こしき)は自生が特に多いそう

Yuri2

球根が食用になるのは鬼百合 笹ユリだと思ってたが 鹿子ユリも食用になるそう

花後しばらくして 堀上食してみよう

2023/06/17

ツチアケビ

隔年に梅干し作るが 今日は山の果樹畑に梅の収穫

Hozaki50

消毒もしなければ 肥料も施さず 放ったらかし 下草刈りは年3回は やらざるを得ない

 

モリアオガエルだろうか❓カエルについては 全く知るところは無い

近所の畑の雨水溜 こんな所でも下に水が有るからと卵を産むのか!

Hozaki40

                    これが親❓頭上の卵見てるの❓

 

例のごとく 梅収穫のあと 医王山方面に彷徨してると珍しいものに遭遇

雑木林でラン科 ツチアケビ属 土木通 腐生植物でもある日本固有種 

実になってる時に過去3・4回出会ってるが 花の時期を見るのは初めて

Tutiakebi

草丈 40cm 位 花はラン科らしくゴージャスな造りだが

Tutiakebi2

葉緑素の無いのは やはり見た目に異様な感じ

その内 真っ赤で大きい実生りは樹林の暗がりに不気味なものだが 場所を覚えとくべし

Wikipedia によると強壮強精の薬功があり果実酒の材料になるそうだが 正式な報告は無いそう

試す気にはなれない!

 

NHKスペシャル ウクライナ 連れ去り子供達の📺観ながら ブログアップが進まない

2023/06/05

白山高山植物園

良い日が続く

西山の高山植物園登り口のパーキングに着くと 満車 停めるとこ無い

どうしようと戸惑ってると 親切なお人が 手招きして今出るよと合図

これは牧野富太郎効果だろうか❓ 平日にこれだけの車が来るとは ( ゚Д゚)

Nisiyama

                                                                            植物園を出て西山山頂からの白山

植物園に着くと 想像したほど混んでなかったので 良かった~

Nisiyama3

 

ニッコウキスゲは まだ早いと思ってたが 意外や 今最盛期だった

Nisiyama5

開園間もないのに たくさんの花々 医王山系では終た笹ユリがまだ蕾

Nisiyama60

                                                             イブキトラノオ         白山フウロ

最高所から見下ろす

Nisiyama4

チョウジソウ 図鑑でしか見たことないと思う   珍しいミヤマクワガタ

Nisiyama7

                                                 登山しないでミヤマカラマツを 得した気分 ➨

 

園外 西山山頂への道には アカモノがいっぱい

Nisiyama8

                                 ニガナの白色は珍しいと思うが ここでは いっぱい黄色と共存 ➨

2023/05/28

八重ドクダミ

八重ドクダミを頂戴した友達の家に行った時 見事に八重ドクダミが繁茂してるのを見て

羨ましいと思い 🏠に 八重ドクダミが増え始めてから 八重のみにしようと 一時考えたが

ある時 まてよ一重の頼りないような 清楚な姿のゆえに ドクダミを昔から好きだったことに気付き

今は両方共存することを むしろ嬉しく思ってる

Yaedoku

それにしても やはり八重咲は見てて 思わず笑んでしまうような面白さがある

Yaedoku2

どうして八重になるのか分らないが 八重の方には 必ず 色がまばらで形がいびつなような

変な咲き方をしてるのがある それはそれで魅力的だが 八重が出来る何かのヒントが隠されてるのだろうが

植物オタクになるほどの 祝着力と言うか 集中力 熱心力が無いので 表面の面白さのみを愛す

 

又貰いになるが知人が かき餅くれた

蓬や普通のかき餅には驚かないし 紫芋入りとゴマにも へぇ~ありがとうで済むのだが

稗餅にはびっくり仰天 こんな物食材にする人居るんか❓とほんとに驚いた

Yaedoku4

正確な知識ではないが どうせ家内や息子は知ってるはず無いから ハッタリ言ってもOKと

「 これは貴重な物だ 紫芋は初めて見るしゴマ入りも食べたことないが驚くほどのことはない

しかし ” ヒエ ” 入り これはすごいぞ こんな物食材にするなんてのは

食関係の学者か研究者しか試みる者は居ないだろ

稲作は縄文時代に中国から伝わってきたが それ以前の日本列島ではヒエも重要な食材だったんだよ

こんなもの餅に入れる人普通の人じゃないと思うわ 」

家内も息子も 吾の言うこと疑わないから へぇ~と言いながら3分割の稗餅を味わった

吾の言いは 当らずとも遠からずと思ってるが どうなんだろう❓

今の日本で普通に使ってるとこ あるのだろうか❓

あるいは江戸明治辺りまでは食材の一つだったのかな❓

より以前の記事一覧